学校法人尚志学園 尚志高等学校〒963-0201 郡山市大槻町字坦ノ腰2番地TEL: 024-951-3500  FAX : 024-962-0208

スク−ルバス路線バス

尚志高校からのお知らせ

面接でありがち"NG回答例"

大学などの推薦入試、AO入試を受ける予定の高校3年生にとって、ドキドキものなのが面接。どう答えていいのかわからない、ついうっかり変なことやマイナスの印象を与えることを言ってしまわないか心配...という人も多いのではないだろうか。今回は「面接でのありがちなNG回答例」をあげました。

①質問に対する回答がたった一言
・例えば、「好きな科目は何ですか?」と聞かれて「英語です」で終わってしまうパターン。
「話が長すぎるのも問題ですが、短すぎるのもよくありません。普段の会話でも一言だけの返事は相手にそっけない印象を与えてしまうものです。面接でも同様なのです。必ずその理由などもセットで答えるようにしましょう」

②自分の意思が感じられない回答
・例えば、志望理由を聞かれて、「先生に勧められたので」「母の出身校なので」と答えて終わりのパターン
「面接は自分を売り込む場面です。自分がなぜ選んだのかを伝えることが大切です。同様に、【有名だから】とか、【就職率】だけを志望理由に挙げるのも、一面的な情報・評判に振り回されて自分がない印象を与えます。」

③回答を丸暗記して棒読み
・提出書類に書いた内容を丸暗記して、思い出しながら棒読み...というのもNGです。面接は会話であって、暗記テストではありません。
「面接担当者はすでに書類の内容を読んでいますし、全部話すと長くなりすぎます。適度に要約して、書いていない要素を少し加えるくらいがいいでしょう」

④あまりに正直すぎる回答
・入学後に何をしたいかを聞かれて、真っ先にサークル活動を挙げたり、アルバイトと答えてしまったりする例 も。「大学には勉強をしにいくわけですし、その大学や学部を選んだからには、何か学びたいことやその分野に関する興味があるはずです。それに関連することを具体的に答えたほうがいいです。」

⑤聞かれたことと違うことを答える
・想定外の質問をされて、何か答えねばと、つい聞かれたこととはズレた回答をしてしまうというのもありがち なパターン。
「高校生ですから質問の内容によっては答えられないケースもあるでしょう。そんなときは素直に「わかりませ ん」「思い当たりません」と答えてもいいのです。無理に見当違いの話をするよりは印象もいいはずです」面接のポイントはいろいろあるが、大事なのは次の2つです。事前に十分準備をしたうえで、「面接担当者との【会話】であることを意識すること」と「自分をアピールする意識をもつこと」。

進路だより No.20 より

2017.10. 1 更新

2019.8.30 1年生 浜路キャンプ 第3団
2019.8.30 部活動情報(サッカー部女子)
2019.8.29 部活動情報(サッカー部男子)
2019.8.28 1年生 浜路キャンプ 第1団
2019.8.27 進路行事(夏期休業中)