学校法人尚志学園 尚志高等学校〒963-0201 郡山市大槻町字坦ノ腰2番地TEL: 024-951-3500  FAX : 024-962-0208

スク−ルバス路線バス

尚志高校からのお知らせ

法政大学 ⑦ 合格体験記(平成30年度卒業生)

『大切なのは努力し続けること』

法政大学 情報科学部 コンピュータ科学科(指定校推薦)

普通科 総合進学コース 元井 俊介
(バスケットボール部 郡山市立郡山第二中学校出身)

■合格の秘訣


 私が受験勉強を本格的に始めたのは、3年生の夏からでした。とても自分1人では勝ち取ることのなかったこの合格について、ここでは私の1年生から3年生までの経緯や受験勉強においての自分なりのコツみたいなものを記したいと思います。

 まず私は、郡山市内の県立高校に落ち、この尚志高校に入学しました。初めは期待してくれていた親や塾の先生の気持ちに応えられず、入学後の半年くらいは引きずっていました。しかし、「いつまでたっても結果は変わらない」と気持ちを切替え、今の自分にできることをやろうと思い、定期テストで出来るだけ良い点を取ろうと努力しました。対策としては、各教科のワークを何度も解くなどの復習に力を入れました。私は運動部に入っており、片道10㎞ほどの自転車通学だったため平日の帰りは8時半頃になることが多く、朝も朝練があったため、予習をする時間が取れませんでした。時間も限られているので一気にやろうとせず、今日授業で学んだ事と前日や3日前、1週間前に学んだことが理解できているかを確認するという復習を毎日行っていました。一見「めんどくさい」と思うかもしれませんが、後悔するよりは良いと思うので頑張ってください。

 また、2年生からは模試の成績も気にするようになりました。いくら学校の中で成績上位でいても、全国では下から数えた方が早いような順位と偏差値でした。私が行った対策としては、大分大雑把ですが、数学は青チャートなど自分のレベルに合った物を網羅したり、英語に関しては英単語と英熟語→文法→英文読解→長文の参考書を随時、解いていくなど、それぞれの勉強法を確立していきました。勉強法がわからない人はgoogleで調べたり、身近にいる実際に受験を経験した人に聞くと良いと思います。私は英単語と英熟語の勉強法は学年主任の先生が実際に行っていたものをやりました。「これをやれば大丈夫」という安心感もあったので、効果は絶大でした。

 私は、指定校推薦候補生に選ばれてから約1ヶ月半の間、志望動機を考える上で自分のやりたい夢が決まったり、自分が大学で何を学ぶのか、何のために大学に行くのがを考えたりしたことは、将来を見据えるきっかけになって本当に良かったと思います。

 最後に進学希望の皆さん、努力を惜しまずコツコツと頑張ってください。


■後輩へのメッセージ


 この合格体験記を読んでくれた1年生は、まだまだ時間に余裕があると思います。自分の好きな事や部活動に全力で取り組んでください。私は男子バスケットボール部に所属していました。その活動では後の受験勉強においての基礎体力や集中力を培う事ができたので、ぜひ皆さんも部活動などを行ってください。

 2年生の皆さんには、上の内容に加えて、自分の進路について考えてほしいと思います。時間をかけても良いのでしっかり自分が将来何をするために「今からどうするか」を決めてください。

 そして、最後に3年生の皆さん、大学受験へのスタートダッシュはもう始まっています。「クラスのみんながやっていないから良い」と考えるのではなく、みんながやっていない今が差を広げるチャンスだと思って行動してください。本当に受験勉強は早く始めて、効率よく勉強した者が勝ちます。後悔のないように少しずつでも良いので頑張ってください。


【Shoshi Success Story】

Hosei University

Faculty of Computer and Information Sciences

'Important to keep trying'

General Course  Shunsuke MOTOI
(Basketball Club ・ Graduated from Koriyama Second Junior High School,)'



It was in the summer of the 3rd grade when I started studying for entrance exams in earnest. In this section, I would like to describe the history of my grades from the first to the 3rd grade and my own tips for studying for entrance exams.

First, I failed the entrance exam of public high school and entered this Shoshi high school. At first, I couldn't live up to the expectations of my parents and cram school teachers, so I dragged myself for about half a year after I entered the school. However, I changed my mind to "The results will not change forever." and tried to do what I can now and try to get as good a score as possible in the regular test. As a countermeasure, we focused on reviewing the work of each subject by solving it many times. I belong to an athletic club, and I commute by bicycle about 10 km one way, so I often come back around 8:30 on weekdays, and I didn't have time to prepare for the class because I had morning practice. I didn't want to do it all at once because I didn't have much time, so I reviewed every day to make sure I understood what I had learned in class today and what I had learned the day before, three days ago, or a week ago. At first glance you might think "bothersome" but I think it's better than regretting, so please do your best.

Also, from the 2nd grade, I started to care about the result of practice exam. It was the ranking and deviation value that it was faster to count from the bottom in the whole country no matter how high the score was in the school. The measures I took were fairly rough, but in the case of math, I covered the items that matched my level, such as blue charts, and in the case of English, I established my own study methods, such as constantly solving English words and English idioms - > grammar - > English reading comprehension - > long writing reference books. If you don't know how to study, you should check with Google or ask someone around you who has actually taken the exam. I did the English vocabulary and idioms study method that the head of the grade actually did. There was a sense of security that "It's okay if you do this." so the effect was great.

For about a month and a half after I was selected as a student recommended by a designated school, it was really good that I decided my dream in consideration of the reason for applying, and thought about what I should study at the university and what I should go to the university for, which made me think about the future.

All those who want to go on to the next stage of education, please do your best.




Message


I think the 1st graders who read this experience book have more time. Please do your best for what you like and club activities. I belonged to the basketball club. That activity helped me to develop my basic physical strength and concentration for studying for the entrance exam later, so please do club activities.

I want the 2nd graders to think about their own career path in addition to the above contents. You can take your time, so make sure you decide what you want to do in the future "What should I do now?".

And finally, 3rd graders, the starting dash for university entrance exams has already started. Instead of thinking, "It's good because everyone in the class doesn't do it." act now as a chance to widen the gap. Those who really start studying for entrance exams early and study efficiently will win. Please do your best even little by little so you don't regret it.


2019.5.30 更新

2019.8.30 1年生 浜路キャンプ 第3団
2019.8.30 部活動情報(サッカー部女子)
2019.8.29 部活動情報(サッカー部男子)
2019.8.28 1年生 浜路キャンプ 第1団
2019.8.27 進路行事(夏期休業中)