学校法人尚志学園 尚志高等学校〒963-0201 郡山市大槻町字坦ノ腰2番地TEL: 024-951-3500  FAX : 024-962-0208

スク−ルバス路線バス

尚志高校からのお知らせ

体当たり教育

6月26日(水)の校長講話で取り上げた尚志学園の創設者 佐藤 信先生 の著書である「体当たり教育(昭和45年に 主婦と生活社 >> より出版)」より、その一節を紹介します。

Here is a passage from the book written by Makoto Sato, the founder of Shoshi Gakuen, Shoshi Institute.


2014.04.28_taiatari_kyouiku.jpg


<第1章 真実無限 「真実は良心を掻き立てる」より>

愚直万才

 愚直とは馬鹿正直、また思い込んだら生命がけというような意味である。毎年入学してくる生徒の中には、合格線スレスレまたは補欠でやっと入ってくる娘がかなりある。これらのうちには、二年生の終わりごろになって急に成績がのびだし、卒業のときにはクラスの十番以内ぐらいに顔を出してくるものがある。
 こうした娘の話を出身中学校の担任教師などに話すと、
「へえ!あの娘がね!」
と、にわかに信じられぬような顔をする。そんなとき、私はこう説明するのである。
「早く咲く花もきれいだが、ひとが忘れたころに咲きだす花は実に美しいものですよ。もっとも、このごろはまだ咲く時期がこないのに皮をむいたり、花弁をむしりたがる親が多いですがね」

 だが、入学以来三年間最低線を維持したまま、それでいて落第もせず、低空飛行をみごとはたして出ていくものもある。こういう娘が社会に出て役にたたぬかというと、実はそうではない。なるほど物覚えこそは悪いが、命ぜられた仕事は馬鹿正直に、さいごまでねばってやるというタイプが多いから、使いようによっては普通の娘よりも役にたつのである。だから、最近の求人申し込みのなかには、
「成績は良くなくてもよいから、誠意と根性のある人を推薦してもらいたい」
というのが案外おおい。

 一昨年卒業した娘の中に、A子という電子技術科の生徒がいた。電子技術科というのは教科内容がなかなかむずかしく合格点の取れない科である。A子は、入学以来成績はいつもクラスのビリ。試験のあとには、きまって私の部屋に呼びだされ、お叱りをうけたり、激励をうけたりするのがならわしとなっていた。二年の学年末考査ののちも、
「おまえは正式に進級させるわけにはいかないから、仮進級とするので、追認試験をうけなさい」
と私から宣告がくだった。ついでに私が、
「ところで、おまえは家に帰ってから、ほんとうに勉強をしているのかね」
と聞いてみるとベソをかきながらも、彼女はけんめいになって、
「先生、私いっしょうけんめいやっているんです。家に帰ってもテレビも見ませんし、グループサウンズも耳に栓をして聞かないことにしているんです。毎日、十一時前に寝たことはありません。私って、どうしてこう頭が悪いんでしょう」
という答えである。いっしょうけんめい勉強しているのに成績があがらない。この娘はほんとうに頭が悪いのかもしれないと、私はちょっとかわいそうになったので、
「A子、人間は頭の良い悪いで価値が決まるんじゃないんだよ。いかに自分の最善をつくしているか、いかに他人に真心をつくしているかということのほうがもっと大切なことなんだ。おまえは勉強もいっしょうけんめいやらなければいけないが、なにかほかの人々や社会のためになることで、自分の出来ることを考えてごらん」
というようなことを話して聞かせたものである。それなりこの娘のことはしばらく忘れていたが、その年の瀬も迫ったある日、隣の町の駅長から私のところに突然電話がかかってきた。
「実は今年の四月ごろから、お宅の生徒さんで、毎日夕刻この駅の待合室をきれいに掃除していってくれる人があります。駅員がいくら名前を聞いてもいわないのでお調べいただきたい。制服のくたびれぐあいや、態度からみて三年生の生徒ではないかと思われます」
という内容であった。さっそく、三年生の担任職員を集めて調査させてみると、なんとこれがあの成績のふるわぬA子なのであった。私の部屋に呼ばれたA子は、またお説教かと、おそるおそる入ってきた。
「おまえは八か月もの間、駅の待合室を、毎日掃除してくれたそうだね」
と私が聞くと、彼女は、なにか隠しておいたものを見つけられた子供のように、モジモジと顔をあからめて、
「なにか皆のためになることで私に出来ることといったら、私は頭が悪いので、お掃除くらいしかないんです。どうもすみません」と頭をさげるのである。私はぐっと熱いものが胸にこみあげてきて、ちょっと適当な言葉がみつからず、思わず、
「馬鹿だな!おまえは」といってしまった。
 彼女は「はあ?」
とふしぎそうに、私の頭を見あげたものである。

 A子に国鉄管理局長の感謝状と学校の善意賞が授けられたときも、彼女は自分のことと気づかず隣のものにつつかれて、はじめて、モジモジと顔を赤らめながら私の前にのぼってきた。

 卒業期が近づき、A子もほかの級友二名とともに、T電気という会社の入社試験を受けて帰ってきた。ところが採用内定の通知がきたのは、ほかの二人だけで、A子はどうも不採用のもようである。就職担当の教員に問いあわせさせてみると、
「成績がふるわないし、それに態度がハキハキしないので採用を見あわせたい」
という返事だという。私は真赤になってどなった。
「そんなめくら会社にやることはない。A子を雇ってくれる会社はくさるほどある」
 とはいったものの、A子のことをくわしく話しておく必要があると思ったので、さっそく、T社の人事課長に電話に出ていただき、
「貴社では社員を採用されるときに、学校の成績と、おもてにあらわれた態度だけで判定されるようだが、私の教育したA子は、かけがえのない宝物を持っている。なるほど、あの娘は、頭も悪いし態度ものろまだが、誠実さという点では、全卒業生中第一の折り紙をつける」
と、ことこまかに在学中の行動を話し、
「おそらくこの娘は、あなたの会社の宝物になる娘ですよ」と結んだ。
 人事課長は非常に恐縮して、さっそく上司と相談のうえご返事致しますということで電話をきった。それから間もなく人事課長の丁寧な親書とともにA子の採用内定通知書が送られてきた。

 卒業式の日、私が握手をしながら、
「A子、おまえの赤い顔はだれよりもきれいだよ」というと、A子は、
「長いこと、ご迷惑をかけました」と、顔をぐちゃぐちゃにして大つぶの涙を流した。
 あれから二年、A子はT電気の検査室で電子技術者として働いている。上司の話では、
「あまりクソまじめで、うっかり冗談がいえないんですよ。でもね、毎日、皆がくる三十分ぐらい前に出社して、おばさんたちといっしょに掃除をしてくれているんでよ。このまえ、たまたま社長の眼にとまりまして、私がたいへんほめられました」


 このときも、A子はおそらくいつものようにモジモジと顔を赤らめて、
「私にできることといったら、お掃除ぐらいしかないんです」
と答えたにちがいない。赤い顔のA子ばんざい。愚直ばんざい。

(※現在では不適切とされる表現が一部ありますが、原文を尊重して発刊当時のままとしました。)




The following is a passage from a lecture given by the principal on Wednesday, June 26 in "Taiatari Kyouiku (Published by Shufu-To-Seikatsusha >> in 1970)" a book written by Professor Makoto Sato , founder of Shoshi Gakuen.

<Chapter 1: Truth and Infinity "The truth arouses conscience.">

Nothing Is More Wonderful than Simple Honesty


     The Japanese word "guchoku" means being simply honest and to keep being honest with the one thing that you decide to do.  Every year I meet many fresh students who have managed to pass the entrance examination.  Among them some make a great effort and improve their grades by the end of the second year, and sometimes their grades will be within the top ten.  I often talk about these good results to the teachers who once taught those students in junior high.  Most of the teachers are surprised and say, "really?  I can't believe she's got such good grades!"  To such responses, I always say, "Early flowers are beautiful, but late flowers are just as beautiful as those.  Unfortunately, these days some parents cannot wait until their children bloom."

     On the other hand, it is true that not all the students can bloom during their three years at school; their academic grades never improves, but they manage to graduate.  You may think that such students cannot do well in society, but this is not true.  Those students may not be good at learning something, but they tend to stick to the work that they are told to do.  In fact, these days many employers are looking for such students who are "sincere and honest, although they are not good at studying."  

      The student A was one of last year's graduates of electronic technology.  Students of electronic technology have to pass more difficult exams than other students in order to advance to the next grade.  Since she entered, A's grades were always at the bottom of the class.  I always met her after the term-exams to scold and encourage her.  After she took the first year's term exam, I called her to my room.  "I will give you one more chance.  You have to take the test again."  Her grade was not good enough to advance to the second grade.  "By the way, I've wanted to ask you, do you really study at home?" I asked her.  "Yes, I really do.  I don't watch television and I don't listen to music, even though that's what I'd prefer doing.  I stay up late to study, and I never go to bed before 11, but my grades never improve.  Why am I so stupid?", she asked me..  
Hearing this, I felt sorry for her.  She couldn't get good marks despite her efforts every day.  I told her, "You know, you can't judge a person by their academic grades.  Doing your best and being sincere are much more important.  You have to study more but you should also find out what you can do for people and society."

     One day I got a call from a stationmaster at the next town.  "A student at your school cleans our waiting room every evening.  We've asked her to tell us her name but she refuses.  Can you tell me her name?  I think she is a third year student,, judging from her calm attitude and worn-out uniform," said the stationmaster.  I immediately called the third year homeroom teachers and asked them to find out who it might be.  Finally, we found that it was A., whom I had often scolded for her poor grades.  
I called her to my room.  She came in with a melancholy look, for she thought I would scold her.  "You have been cleaning the waiting room for eight months, right?" I asked.  She turned red as if she were a child whose secrets were discovered.  She said, "Yes, that's me.  You told me that I should find something that I can do for other people.  I'm not bright, so the only thing I can do is cleaning.  I'm sorry, Mr. Sato.  I wish I could do something more useful for other people." I was so impressed with her words, that I could find an appropriate response, so I just said; "You fool, A."  She looked up at my face.

     When she was given a letter of thanks by the chief of the national railroad administration and the goodwill prize at school, she did not initially feel she deserved them.  Her friends encouraged her to accept them, and she shyly approached on the stage.

     Before graduation, she took a test for employment at the T company with her two friends.  Her friends got the job but she did not.  I asked her why she could not pass the test.  The company's personnel pointed out her bad academic grades.  I immediately called the company to them tell what a good student A was.  "You judged her incorrectly based on her academic grades and attitude.  I must admit that she was not bright but she is special.  She is more sincere and honest than any of the other students."  I told them many good things about her, and said, "I assure you she will be the treasure of your company."  Hearing this, the head of the personnel promised me to reconsider her decision.  Soon afterwards, we got a notification that she had gotten the job.

     On the day of graduation, I told her, "your shy look is very beautiful."  Shaking hands with me, she cried and said, "Thank you for everything you did for me these three years."  
Two years later she is an electronic engineer at the T company.  Her boss told me, "She is so honest that I can't tell her any jokes.  She comes to the office 30 minutes earlier than other workers, and helps the cleaning ladies.  Our president happened to see this, and he praised her very much." I think, when her boss praised her, she must have said, "this is just what I can do..." with a shy look.  

Good job, A.  Nothing is more wonderful than Simple Honesty.  

(* There are some expressions that are considered inappropriate at present, but we respected the original text and kept it as it was when it was published.)

2019.6.28 更新

2019.7.24 第3回 賞状伝達式
2019.7.23 部活動情報(ソフトテニス部)
2019.7.23 8月23日 定期演奏会
2019.7.22 第1回学校見学会
2019.7.21 7月22日〜7月28日の日程