学校法人尚志学園 尚志高等学校〒963-0201 郡山市大槻町字坦ノ腰2番地TEL: 024-951-3500  FAX : 024-962-0208

スク−ルバス路線バス

尚志高校からのお知らせ

東京家政大学 ⑭合格体験記(平成30年度卒業生)

『継続が合格への近道』

東京家政大学 人文学部 教育福祉学科(指定校推薦)

普通科 総合進学コース 文系 髙 宮 美 月

(陸上部 会津若松市立一箕中学校出身)

■合格の秘訣


 私はこの度、東京家政大学を指定校推薦で合格することができました。1年次から指定校推薦を利用しての受験を意識し、高い評定を取れるように学習に取り組んでいました。しかし、推薦候補生として選ばれるためには評定だけでなく、模擬試験で基準よりも高い偏差値を取ることが必要です。私は偏差値を上げるのに苦労しました。私が実践した勉強法を紹介することで、早いうちに自分に合った勉強方法を自分で見出してほしいと思います。

 定期テストの際に私が行っていたのは、何度も同じ問題を解くことです。日本史などの暗記科目は紙に解き書いて採点し、間を空けずにまた同じ問題を解き、「もう大丈夫!」、と自信が持てたら次の単元の問題に進んでいました。頭に残りやすくおすすめですが、少し時間がかかるので計画的に進めることが大切です。数学も同じです。問題に慣れることが必要なので、「また同じ問題嫌だな」、という気持ちになってもグッと堪えて、何度も練習していました。また、授業中集中して聞いていると、サラッと「ここポイントだぞー」と教えてくださる先生方がたくさんいます。日々集中することは当たり前ですが、テスト前は特に耳を澄ましていると何点か上がることに繋がると思います。

 模擬試験対策としては、私は英語が苦手だったので、毎日長文2問と文法はここまで、と決めて取り組んでいました。文法に関してはいきなり過去問ではなく、中学の基礎をもう一度確認するところから始めました。長文は読んでいてとても気が遠くなります。しかし、長文は配点が高いので諦めるわけにはいきません。ここでも大切なのは反復練習、慣れることです。最初は抵抗感しかなくても、実際私は英語の偏差値の安定に繋げられました。国語の古文・漢文が苦手という人は、同じく基礎の助動詞や返り点の復習から始め、それから過去問で慣れるべきと思います。

 受験は、これくらいでいいや、という気持ちになりがちな弱い自分との勝負です。弱い自分に打ち勝って、進路実現へ向けて頑張って下さい。


■後輩へのメッセージ


 私から皆さんに伝えたいのは、早い段階で自分の限界を決めて進路の幅を決めないでほしいということです。現在、進路が決まらないという人も焦る必要はありません。私も受験する大学を決められたのは3年の夏です。焦らないかわりに勉強に取り組んで下さい。希望の大学が見つかっても「学力を満たせていないから難しい」、となってしまうのはとても悔しいと思います。

 また、進路指導室に行くのに早いなんてことはありません。指定校推薦がある大学の一覧のファイルを見て多くの大学名を見て調べ、大学について知ったり、先生方に相談をしたり、「今」できることをしてみて下さい。

 皆さんが志望校合格を掴みとれることを願っています。


【Shoshi Success Story】

Tokyo Kasei University


Department of Education and Welfare, Faculty of Humanities,

'Continuation is the shortcut to success'

General Course  Takanomiya Mizuki

(Track and Field ・ Graduated from Ikki Junior High School)


I was able to pass Tokyo Kasei University by the recommendation of the designated school this time. Since the beginning of the first year, we have been aware of the need to take entrance examinations using the designated school recommendation system and have been working on learning so that we can obtain high ratings. However, in order to be selected as a recommended candidate, it is necessary to obtain a deviation value higher than the standard in the mock examination as well as the rating. I had a hard time raising my deviation value. I hope that by introducing the study methods that I have practiced, I can find a suitable study method for myself as soon as possible.

What I did during the regular test was to solve the same problem many times. I solved the memorization subjects such as Japanese history on paper, scored them, solved the same problem without a pause, and if I had confidence that "I'm all right now." I would move on to the next unit. It is recommended because it is easy to remain in your head, but it takes a little time, so it is important to proceed systematically. Math is the same. I had to get used to the problem, so even if I felt like "I don't like the same problem again.", I could stand it and practice it many times. Also, there are many teachers who tell us, "THIS IS THE POINT!" when we listen attentively during class. It is natural to concentrate every day, but if you listen carefully before the test, you will get several points.

As a mock examination measure, I was not good at English, so I decided to finish up with two long questions and grammar every day. As for grammar, I started from checking the basics of junior high school again, not from the past. I feel faint reading long sentences. But we can't give up on long sentences because they are given high points. Again, it's important to practice repeatedly and get used to it. At first I only had resistance, but actually I was able to stabilize the deviation value in English. If you are not good at Japanese classics and Chinese classics, I think you should start with reviewing basic auxiliary verbs and return marks, and then get used to past exam questions.

The entrance exam is a competition with a weak person who tends to feel like this is enough. Overcome your weak self and do your best to realize your career path.




Message


The time to take the exam seems long and short. I tried to think and act quickly on how I would spend the day.

In addition to studying, you should check the school you want to go and the place of employment in detail. Also, I think it's good to participate in the open campus. It is partly because you are motivated, but if you have been there once when you took an exam, you won't be worried.

Finally, don't give up when you don't get the results you want. Before you give up, you should think about why it doesn't work as you want. It's the next chance to connect.

2019.7.30 更新

2019.7.30 自己探究サマープログラム 2日目
2019.7.30 東京家政大学 ⑭合格体験記(平成30年度卒業生)
2019.7.29 自己探究サマープログラム 1日目
2019.7.29 部活動情報(サッカー部男子)インターハイ8強入り
2019.7.28 獨協大学 ⑬合格体験記(平成30年度卒業生)