学校法人尚志学園 尚志高等学校〒963-0201 郡山市大槻町字坦ノ腰2番地TEL: 024-951-3500  FAX : 024-962-0208

スク−ルバス路線バス

尚志高校からのお知らせ

東洋大学 ⑮合格体験記(平成30年度卒業生)

『 努 力 』

東洋大学 経済学部 総合政策学科(指定校推薦)

普通科 総合進学コース 佐 藤 佳 南

(陸上競技部 郡山第一中学校出身)

■合格の秘訣


 私が東洋大学を志願したのは、高校二年生の冬でした。それまでは、部活動に打ち込んでいたため、卒業後の進路は漠然と指定校推薦で受験したいと考えていただけで、真剣に考えることはありませんでした。しかし、私は将来公務員になり、そのために幅広い知識を習得したいと思ったこと、陸上競技部が全国的に有名なので、東洋大学経済学部総合政策学科に入りたいと思うようになりました。そこで、私が候補生になるために実践した勉強法を紹介します。

〈定期考査〉
 私は考査の5日前から集中して勉強を始めました。普段も、毎日授業の復習を1時間は欠かさず行い、この日にこの教科をやる、と予定を決めて学習を行っていました。私は全ての教科で、80点以上という目標を設定し勉強に励んでいました。どの教科も文字を書く時は全て青ボールペンで書き、それ以外のペンやシャープペンシルは一切使用しませんでした。学校の定期考査は模擬試験と比べると比較的点数を取りやすいので、自分に合う勉強法を見つけて、設定した目標に沿って対策をしていくことをお勧めします。

〈模擬試験〉
 推薦候補生になるためには、模擬試験での偏差値も関係します。最初は過去問題をただ解いていただけだったので、偏差値がなかなか上がらず苦労しました。私は英語が特に不得手だったので、「毎日単語を20個ずつ覚える。」「問題を解いて分からないものがあったらすぐ答えを見るのではなく、辞書などを引いて大体の日本語訳や文の構成を考えてから解答・解説を読む。」という対策を行い、理解を深めるようにしました。国語と日本史はいつもの学習の延長だと思い、学校で使っている教材を中心に、基礎基本から徹底した学習を進めました。偏差値は簡単に上がらないものなので、日々の積み重ねが大事です。

 進路を決めていく上で、親身になり話を聞いてくださった先生方や、どんな時でも私のことを応援してくれた家族にはとても感謝しています。そうやって日々の小さな感謝に気づいていくことは、人間的な成長にも繋がります。将来の夢へ向かって一生懸命努力していけば道は開けてくると思います。

■後輩へのメッセージ


 高校での3年間は、あっという間に過ぎていってしまいます。先生方は自分のやりたいことや夢を一緒になっていろいろと考えてくださいました。友達は辛いときに励ましてくれました。私はとても恵まれた環境で進路に向き合うことができたと思います。しかし、これを「当たり前だ」と思ってはいけないと感じています。周りの人と支え合いなにより絶対に大学に行きたい!と思う気持ちがあってここまでくることができました。

 これから何度も挫折しそうになる時は来ると思います。そんな時には、自分が頑張る理由をもう一度考えてみてください。目標が明確になって「まだまだやれる!」と思うことができます。受験はつらい時間でもありますが、自分と向き合う大切な時間でもあるので、それを大切にしてみてください。皆さんのことを応援しています!


【Shoshi Success Story】



Toyo University


 Department of Economics

General Course   Kana Sato

(Track and Field Club ・Graduated from Koriyama Daiichi Junior High School.)


'Effort'


I applied for Toyo University in the winter of my second year of high school. Until then, I had devoted myself to club activities, so I just vaguely wanted to take an examination by recommendation of a designated school after graduation, but I didn't really think about it. However, I wanted to become a public servant in the future and to acquire a wide range of knowledge, and since the track and field club is famous all over Japan, I came to want to enter the comprehensive policy course of the economics department of Toyo University. Here's how I learned to be a candidate.


<Term exam>
I started studying intensively 5 days before the test. I usually review the class every day for an hour, and I set a schedule to do this class on this day. I set a goal of more than 80 points in all subjects and studied hard. I used a blue ballpoint pen to write in all subjects, and I didn't use any other pens or mechanical pencils. Regular school tests are relatively easier to score than mock tests, so I recommend you to find a study method that suits you and take measures according to your goals.

<Mock exam>
In order to become a recommended candidate, the deviation value in the mock examination is also related. At first, I was just solving past problems, so I had a hard time because the deviation value didn't go up. As I was particularly poor at English, I took measures such as "I memorize 20 words every day." and "When you solve a problem and find something you don't understand, you should not look at the answer right away, but you should consult a dictionary and think about the general Japanese translation and composition of sentences before reading the answer and explanation." to deepen my understanding. I thought Japanese language and Japanese history were an extension of my usual study, and I promoted thorough study from the basics, focusing on the teaching materials used at school. Deviation value is not easily increased, so it is important to accumulate it every day.

I am very grateful to the teachers who kindly listened to me and my family who always supported me in deciding my career path. This awareness of everyday small gratitude also leads to human growth. If you work hard towards your future dreams, I think you'll find a way.



Message


Three years in high school pass quickly. The teachers thought about various things together about what they wanted to do and their dreams. My friend encouraged me when I was having a hard time. I think I was able to face my career in a very favorable environment. But I don't think this should be considered "OF COURSE.". I want to support people around me and above all, I want to go to college! I was able to come here because I thought so.

I think the time will come when I will be frustrated many times from now on. If that's the case, think again why you're trying. The goal is clear and you can think, "I CAN STILL DO IT!". The exam is a hard time, but it's also an important time to face yourself, so please take it seriously. I'm rooting for you all!

2019.8. 4 更新

2019.8. 5 関西学院大学 ⑯合格体験記(平成30年度卒業生)
2019.8. 4 東洋大学 ⑮合格体験記(平成30年度卒業生)
2019.8. 3 8月5日〜8月11日の日程
2019.8. 2 自己探究サマープログラム 最終日
2019.8. 1 自己探究サマープログラム 3日目