学校法人尚志学園 尚志高等学校〒963-0201 郡山市大槻町字坦ノ腰2番地TEL: 024-951-3500  FAX : 024-962-0208

スク−ルバス路線バス

尚志高校からのお知らせ

共立女子大学 ⑰合格体験記(平成30年度卒業生)

『 夢の実現に向けて 』

共立女子大学 看護学部(指定校推薦)

普通科 総合進学コース 看護系 伊 藤 杏 奈

(弓道部 ・ 大玉中学校出身)

■合格の秘訣


 私はこの度、共立女子大学看護学部看護学科に指定校推薦で合格することができました。指定校推薦を受験するにあたり三つのことに取り組みました。

 一つ目は、勉強と部活動の両立です。私は一年生の時から指定校推薦で受験しようと考えていました。指定校推薦とは三年間の評定平均や服装・生活態度、模擬試験の偏差値などを総合して評価し決められます。したがって一年次から文武両道を意識し徹底しました。

 二つ目は、大学の資料集めです。二年生の夏から様々な専門学校や大学のオープンキャンパスに参加し、それぞれの学校の特色を知り、自分の理想の大学像と照らし合わせました。また、私の場合は過去に目指す学科からの指定校推薦がなかったため、学校内の資料から情報収集をすることができませんでした。しかし、オープンキャンパスの個別相談の場で直接質問をし、パンフレットや推薦の過去問題を頂くことができました。オープンキャンパスに積極的に参加することで、後の面接や志願理由書を書く際に役立てることができます。

 三つ目は、試験に必要な小論文・面接等の練習です。指定校推薦が決まると、担当の先生が一人一人につき指導して下さいます。私は特に小論文が苦手だったので、先生に何度も添削してもらいました。練習していくうちに自分の意見をまとめ、文章として表現することができるようになりました。また、面接の練習では面接ノートを作成し、あらゆる質問に対応できるように備えました。例えば、一つの質問に対し、二つ以上の答えを用意するなどの対策をとりました。先生との練習以外にも、友だちや家族に協力してもらうことで、客観的に自分の面接を振り返ったり、他者の意見を取り入れたりしました。それにより、受け答えに磨きがかかり、より本番を意識することができました。

 これらのことから、自分の目標を早い段階で決め、見通しをもって計画的に準備をすることが大切です。進路実現のため頑張って下さい!

■後輩へのメッセージ


 面接や小論文への不安から、私は一時期、気持ちが落ち込みがちになることがありました。面接練習で思ったような答えが出せず、思わず涙が出ることもありました。しかし、練習を重ね先生や友だち、家族の支えを得ることで、少しずつ自分の考えを自分の言葉で表現できるようになっていき、不安を乗り越える力を手にすることができました。また、試験当日には、面接ノートに寄せ書きしてもらった「友だちからの応援メッセージ」が、緊張していた私を勇気づけてくれました。不安で押しつぶされそうになっても諦めずに取り組み続けること、周囲からの応援を得ることで、私は合格することができました。これから受験する皆さんにも、必ず周囲からの応援があるはずです。一人で抱え込まず、希望する進路への道を切り開いて下さい。応援しています!


【Shoshi Success Story】



Kyoritsu Women's University


 Faculty of Nursing

General Course   Anna Itoh

(Japanese Archery club ・ Graduated from Ohtama Junior High School)


'Toward the Realization of Dreams'


I was able to pass the examination for the nursing department of Kyoritsu Women's University by the recommendation of the designated school. I worked on three things to take the exam for the designated school recommendation.

The first is to balance study and club activities. I have been thinking of taking the entrance examination by the recommendation of the designated school since I was a freshman. The recommendation of designated schools is decided by comprehensively evaluating the average rating for three years, clothing and lifestyle, deviation value of the mock examination, etc. Therefore, from the beginning of the first year, I became aware of both the literary and military arts and thoroughly practiced them.

The second one is to collect data of the university. Since the summer of my 2nd year, I have participated in open campuses of various vocational schools and universities, and I learned the characteristics of each school and compared them with my ideal university image. In my case, I couldn't collect information from the materials in the school because there was no recommendation of the designated school from the department I want to study in the past. However, I was able to ask questions directly at the open campus individual consultation and get past questions about brochures and recommendations. Active participation in open campuses can help you with subsequent interviews and filling out application forms.

The third is the practice of essays, interviews, etc. necessary for the examination. Once the recommendation of the designated school is decided, the teacher in charge will guide each student. I was especially bad at short essays, so I had my teacher revise it many times. As I practiced, I was able to summarize my opinion and express it as a sentence. During the interview exercises, you created interview notes to prepare for any questions. For example, we prepared two or more answers to one question. In addition to practicing with teachers, I also asked my friends and family to help me objectively reflect on my interviews and incorporate other people's opinions. As a result, I was able to improve my response and become more aware of the actual situation.

For these reasons, it's important to set your own goals early on, and to plan ahead and prepare accordingly. Do your best to realize your career path!



Message


Anxiety about interviews and essays sometimes made me depressed for a while. I couldn't answer what I thought in the interview practice, and sometimes I couldn't help but cry. However, with practice and support from teachers, friends, and family, I gradually became able to express my thoughts in my own words, and I gained the power to overcome my anxiety. Also, on the day of the exam, I was asked to write "Messages of support from friends" in the interview notebook, which encouraged me when I was nervous. I was able to pass by continuing to work without giving up even if I was almost crushed by anxiety and getting support from people around me. Everyone who is going to take an examination will surely have support from people around him. Don't hold on to it by yourself, and open the way to your desired course. I'm rooting for you!

2019.8. 6 更新

2019.8. 8 卒業生の活躍(J リーガー)
2019.8. 7 美術館見学
2019.8. 6 共立女子大学 ⑰合格体験記(平成30年度卒業生)
2019.8. 5 関西学院大学 ⑯合格体験記(平成30年度卒業生)
2019.8. 4 東洋大学 ⑮合格体験記(平成30年度卒業生)