学校法人尚志学園 尚志高等学校〒963-0201 郡山市大槻町字坦ノ腰2番地TEL: 024-951-3500  FAX : 024-962-0208

スク−ルバス路線バス

尚志高校からのお知らせ

東北福祉大学 ⑳合格体験記(平成30年度卒業生)

『 努力は裏切らない 』

東北福祉大学 教育学部(公募推薦)

普通科 総合進学コース 鳴 澤 由 衣

(ソフトテニス部 ・ 郡山市立逢瀬中学校出身)

■合格の秘訣


 私はこの度、東北福祉大学教育学部に公募制推薦で合格することができました。私は志望校が決まらずに悩んでいる時期が続き、はっきりと決まったのは3年生になってからでした。悩んでいた時に実際にオープンキャンパスに参加したことが志望校を決めるきっかけとなりました。これから、この大学を受験するまでに私が取り組んできたことを紹介します。

 公募制推薦では、面接と小論文の試験があります。私は教育分野の面接と小論文について一から勉強する必要があると思ったので、それに関する本を数冊購入して繰り返し読みました。また、新聞を読むことを心がけ、読んでいて気になった記事をノートに貼り、自分なりの感想を隣に書いていました。そうすることによって、時事問題の対策や文のまとめ方の参考になりました。面接では、先輩の受験レポートを参考にしました。学部を問わずに同じ大学の様々な先輩の受験レポートを調べて、面接のノートにまとめていました。また、先生がお昼休みや放課後の忙しい時間を削って、様々な質問や適切なアドバイスなど、熱心に面接の指導をして下さいました。本番では練習のように上手くいかないことも多くあると思うので、練習時の答えを丸暗記するのではなく、緊張しても自分の言葉で思いを伝えられるように何度も練習を重ねることが大切だと思います。そして、小論文では、大学の過去問を解き、先生に添削して頂き、添削後のアドバイスを元にもう一度解き直すという繰り返しでした。途中からは時間を測って解いていました。最初は小論文の書き方もよく理解していなくて何時間もかかって解いていましたが、繰り返し解いていくうちに慣れてきて、制限時間内に解き終われるようになりました。小論文は、決められた字数と時間の中で想像力を豊かにし、自分の意見をまとめることが必要だと思います。

 最後になりますが、受験は決して孤独の戦いではありません。必ず側には温かく支え、見守ってくれる先生方や友達がいると思います。悩んだ時には遠慮をせずに相談して、ストレスを溜め込まないようにして下さい。高校の3年間は一生に一度のかけがえのない時間です。その限られた時間の中で、自分は何をすべきなのかをしっかりと考えて行動することが大切だと思います。「一瞬即永遠」を胸に今しかないこの輝きを大事に、自分の夢に向かって頑張って下さい。応援しています。

■後輩へのメッセージ


 私は部活の先生から教わった「努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない」という言葉を信じて受験を乗り越えました。努力をせずに最初からできる人は、ほんの一握りです。成功している人は表では分からなくても、きっと裏では頑張っていると思います。どんなことにも努力は必要です。最初は失敗して当然です。その失敗を元に反省し、何事も繰り返し行うことが大切なのです。時には辛くて不安なことに絶えられなくなって、心が折れそうになる時もあると思います。しかし、負けずに前を向いて努力すれば、自ずと結果はついてきます。だから、最後まで諦めずに様々なことに挑戦して、自分の目指す道に進んで行って下さい。努力は裏切らないし、決して無駄にもなりません。そして、沢山の人に支えられていることを忘れずに進路実現へ向けて頑張って下さい。


【Shoshi Success Story】



Tohoku Fukushi University


Faculty of Education

General Course Yui Narusawa

(Tennis club ・ Graduated from Ohse Junior High School)


'Your efforts will not betray you.'


I was able to pass the faculty of education of Tohoku Fukushi University by public recommendation this time. I have been having trouble deciding the school of my choice for a long time, and it was after I became a junior year that I decided it clearly. When I was worried, I actually participated in the open campus, which became the opportunity to decide which school I want to go to. From now on, I will introduce what I have been working on before taking the entrance examination of this university.

In the public recommendation system, there are an interview and an essay test. I thought I needed to learn about interviews and essays in the field of education from scratch, so I bought some books about them and read them over and over again. Also, I tried to read newspapers, put the articles I was interested in in reading in a notebook, and wrote my own thoughts next to them. By doing so, I was able to learn how to deal with current events and how to organize sentences. At the interview, I referred to my senior's examination report. I looked up the examination papers of various seniors of the same university regardless of the department and put them in the notebook of the interview. In addition, the teacher took time off from his lunch break and after school to give me various questions and appropriate advice. I think there are a lot of things that don't go well like practice, so it's important to practice many times so that you can express your feelings in your own words even if you are nervous, instead of memorizing the answers during practice. Then, in my essay, I repeated that I had to solve the past questions of the university, have my teacher correct them, and then re-solve them based on the advice after the correction. I measured the time from the middle and solved it. At first, I didn't understand how to write a short essay well, and it took many hours to solve it, but as I repeated it, I got used to it, and it ended within the time limit. I think it is necessary to enrich your imagination and summarize your opinions in a fixed number of words and time.

Finally, entrance exams are not a battle of solitude. I think there will always be teachers and friends who support and watch over you. When you are worried, please do not hesitate to consult and do not accumulate stress. The three years of high school are an invaluable part of my life. I think it's important to think about what you should do in the limited time. With "Every moment is eternal." in your heart, cherish this unique shine, and work hard towards your dreams. I'm cheering for you.



Message


What I want to tell you is that I want you to decide the course you really want to go. I think it's better to decide early. Because if you decide early, you can research and act on the course. There was a time when I couldn't decide which university to choose when I had only vaguely decided, so I wanted everyone to decide early and take action. Good luck with your goals.

2019.8.14 更新

2019.8.17 8月19日〜8月25日の日程
2019.8.15 夏期講習会・夏季課外授業 時間割(8/19〜8/22)
2019.8.14 東北福祉大学 ⑳合格体験記(平成30年度卒業生)
2019.8.13 聖心女子大学 ⑲合格体験記(平成30年度卒業生)
2019.8.12 鎌倉女子大学 ⑱合格体験記(平成30年度卒業生)