学校法人尚志学園 尚志高等学校〒963-0201 郡山市大槻町字坦ノ腰2番地TEL: 024-951-3500  FAX : 024-962-0208

スク−ルバス路線バス

尚志高校からのお知らせ

国際医療福祉大学 ㉑合格体験記(平成30年度卒業生)

『 自信をもって 』

国際医療福祉大学 保健医療学部(指定校推薦)

普通科 総合進学コース 看護系 太 田 雪 音

(応援団チアリーディング部 ・ 須賀川市立第二中学校出身)

■合格の秘訣


 私はこの度、国際医療福祉大学に指定校推薦で合格することができました。私がこの大学を志望した理由は、視能訓練士を目指せるだけでなく、同行援護従事者の資格を取得できるからです。また、海外の医療福祉の現場を体験できる海外研修に興味を持ち、将来の活躍の幅を広げられると考え受験しました。

 私が進路を決めた時期は高校3年生の夏休みです。中学生の時から医療職を目指していましたが、具体的には決めていませんでした。そのため、3年生の夏休みに医療職の体験に参加しました。多くの医療職の職業内容を聞いたり、実際に仕事を体験しました。さらに進路や担任の先生、家族に相談し自分のなりたい職業を決めることができました。当時は中々進路を決めることができず焦ってしまい「周りは決まっているのに自分は遅いな」と思っていました。しかし、自分自身としっかりと向き合うことができたため、今考えると最後の最後まで悩んでよかったと思っています。

 高校1年生の時から指定校推薦を考えていたため、定期テストに力を入れていました。分からないところは積極的に先生方に聞きに行き、自分が納得するまで教えていただきました。暗記教科は寝る前に勉強し、数学などは問題を繰り返し解くようにしていました。その成果もあり、高い評定値を取ることができました。また、夏休み中に校内実力テストに向けた講習会に参加しました。私は数学が得意なので、さらに偏差値を上げるために勉強に取り組みました。その結果、偏差値を10上げることができました。

 受験科目には、苦手な小論文がありました。指導してくださる先生に、基本的な小論文の書き方から教えていただきました。毎日1つ書いて添削していただきました。小論文には理由を示す根拠が必要なので、新聞やニュースや医療の本を見るようにしていました。面接では面接ノートを作り何回も練習しました。私は併願の大学を受け、結果的には落ちてしまいましたが、担任の先生から「本命に向けていい練習になったから、切り替えて頑張ろう」と励ましていただきました。落ちた時は悔しかったけれど、本命に向けてさらに努力することができました。

 受験において大切なことは、メリハリをつけて勉強することと、自分に自信をもつことだと思います。応援しています。

■後輩へのメッセージ

 皆さんの中には進路で悩んでいる人がいると思います。そんな時は自分1人で考え込まず、家族や先生方に相談することが重要だと思います。また、職業体験に参加して職業内容について聞いたり、実際にいろんなことを経験するのも良い方法です。

 気になる学校や行きたいと思う学校のオープンキャンパスには参加した方が良いと思います。実際に行って、目で確認することが大切です。1回だけでなく、たくさん参加した方が雰囲気も分かるし、顔を覚えてもらえると思います。

 私は小論文がとても苦手だったため、練習でうまく書くことができず、辛くて自信をなくした時がありました。そんな時に家族、先生方、友人が励ましてくれました。「自分に自信を持って!」と応援してくれた時はとてもやる気が出ました。自分のことを支えてくれる周りの人に感謝し、充実した高校生活を送れるように頑張ってください。


【Shoshi Success Story】



International University of Health and Welfare


Faculty of Health and Medical Sciences

General Course Yukino Ohta

(Cheerleading clubGraduated from Sukagawa Daini Junior High School)


'With Confidence'


I was able to pass the International University of Health and Welfare on the recommendation of a designated school. The reason why I wanted to enter this university is that I can not only aim at an optometrist, but also get a qualification of accompanying support workers. In addition, I was interested in overseas training where I could experience the medical and welfare field overseas, and I thought I could expand the range of my future activities, so I took the exam.

The period when I decided my career path was the summer vacation of the third year of high school. I've been aiming for a medical job since I was a junior high school student, but I haven't decided specifically. For this reason, I participated in the medical work experience during my third year summer vacation. I listened to the job descriptions of many medical workers and actually experienced the work. In addition, I was able to decide the job I want to do after consulting with my homeroom teacher and family. At that time, I was in a hurry because I couldn't decide my course, and I thought, "I'M SLOW, EVEN THOUGH EVERYONE AROUND ME IS DECIDED.". However, since I was able to face myself firmly, now that I think about it, I am glad that I was worried until the end.

I've been thinking about recommending a designated school since I was in the first year of high school, so I've been focusing on regular tests. I actively went to the teachers to ask what I didn't understand and they taught me until I was convinced. I studied memorization before going to bed, and I tried to solve math problems repeatedly. As a result, we were able to obtain high ratings. During the summer vacation, I also took part in a class for a school performance test. I'm good at math, so I studied to raise my deviation value further. As a result, the deviation value was increased by 10.

There was an essay I was not good at in the subject of entrance examination. I learned how to write a basic essay from the teacher who taught me. I wrote one every day and had it corrected. I used to read newspapers, news and medical books because I need a reason for my essay. At the interview, I made a notebook and practiced many times. I applied to another university and ended up failing, but my homeroom teacher encouraged me by saying, "It's been a good practice for my career, so let's switch and do our best.". I was frustrated when I fell, but I was able to work harder for my life.

I think the important thing in the entrance examination is to study with sharpness and to have self-confidence. I'm cheering for you.



Message


What I want to tell you is that I want you to decide the course you really want to go. I think it's better to decide early. Because if you decide early, you can research and act on the course. There was a time when I couldn't decide which university to choose when I had only vaguely decided, so I wanted everyone to decide early and take action. Good luck with your goals.

2019.8.16 更新

2019.8.30 1年生 浜路キャンプ 第3団
2019.8.30 部活動情報(サッカー部女子)
2019.8.29 部活動情報(サッカー部男子)
2019.8.28 1年生 浜路キャンプ 第1団
2019.8.27 進路行事(夏期休業中)