学校法人尚志学園 尚志高等学校〒963-0201 郡山市大槻町字坦ノ腰2番地TEL: 024-951-3500  FAX : 024-962-0208

スク−ルバス路線バス

●バレーボール部

一覧へ戻る

新入生のみなさんへ

<男子バレーボール部>

チーム全体が切磋琢磨しあい成長してきました。たくさんの大会遠征を重ね、四百セット以上も練習試合をこなし、個人の技術向上とチーム力を高めていき尚志の速いバレーを実践してきました。そんな中臨んだ県私学大会では、準優勝という結果を残し東北私学大会出場を決めました。福島県の代表として、プレーできたことは自分たちのバレーに自信を持つきっかけになりました。

 新チームになり初めての公式戦では、尚志らしい速いバレーをプレーすることができましたが県一位の郡山北工を相手に、フルセットまでいきましたが惜しくも残り二点でセットを取ることができませんでした。この試合を通して自分たちのバレーは、どのチームと対戦しても通用するものだと知るのと同時に、最後の一点まで諦めない精神的な強さもこれからの課題だと実感しました。この大会では、更に自分たちのバレーに自信を持つと共に、日々技術面・精神面の向上に向けて練習に励んでいこうとチームが一丸になることができました。

 バレーボールはチームプレーです。一人一人の気持ちが、チームを強くしチームを一つにします。今年一年で私達は一人一人が成長することができました。尚志らしい速いバレーと一人一人の気持ちでつくるチームバレーに磨きをかけ、「県ベスト8以上」の目標を達成できるように日々努力していきたいと思います。

  ( 小 林 大 気 )


<女子バレーボール部>

 私達女子バレーボール部は、一年生五人、二年生三人、マネージャー二人、計十人で活動しています。少ない人数ですが、「県大会出場」を目標に日々練習に励んでいます。その目標を実現するために一人一人の技術を向上させ、お互い共に切磋琢磨し合いながらチームワークを高めています。

 新チームとなり始めの頃は、大会でなかなか勝つことが出来ませんでした。この結果を受け入れ、一人一人が練習方法を考え、一つ一つのプレーで悪かったところをお互い教え合いながら次に繋げられるように練習しています。そのため、大会でも少しずつ勝てるようになりました。目標の県大会出場にはまだ届きませんが勝ったこの喜びを胸に抱いて、これからも技術を向上させながら練習に取り組んでいきたいと思います。

 このように、練習に励むことが出来るのも先生方や保護者の方の協力のおかげです。毎日感謝の気持ちを忘れずに目標に向かって日々努力していきたいです。

 また、日常生活においても女子バレーボール部としての自覚を持って生活していきたいです。風紀面はもちろんのこと挨拶や提出物の期限を守り、学習面では、成績を少しでも上げ部活動と学習を両立できるようにしたいです。

 試合に勝つためには、日々の練習や学校生活が大切だと思います。常に意識を持ってチーム一丸となって目標に向かって頑張っていきたいと思います。

( 高 橋   彩 )

2014.3. 3 更新

東北私学男女バレーボール選手権大会出場

【男子バレーボール部】


 8月30日から山形県米沢市にて東北私学男女バレーボール選手権大会が行われました。
 
 この大会は3年生を含むチームでの大会となり、本校は唯一の3年生を含めて戦いました。どのチームも3年生ばかりのチームで、本校のように、レギュラー7名中経験者3名しかいないチームなどなく、強豪揃いでしたが、何とか善戦はしたものの惜敗となってしまいました。
 
 本校は素人中心のチームですが、今後に繋がるようチーム一丸で頑張ります。
 
 
< 結 果 >
 
本校 0(20-25、11-25)2 仙台育英(宮城県ベスト4)・・・今大会3位
 
本校 0(11-25、14-25)2 米沢中央
 
本校 1(20-25、25-11、16-25)2 山本学園
2013.09.06_volleyball.jpg

2013.9. 6 更新

夏期休業中オープン戦結果

【男子バレーボール部】


夏期休業中、以下の大会へ参加してきました。

新チームがスタートして1ケ月にもなりませんが、各大会で入賞することができました。今後は新人戦へ向け、チーム一丸で頑張ります。
 
 
・埼玉東部サマーフェスティバル (8/23)   於:久喜市総合体育館
(埼玉県13校 県外3校 合計16チーム参加)


 予選リーグ[1セットマッチ]
 本校 1(25-11)0 久喜北陽
 本校 1(25-18)0 越谷北
 本校 0(16-25)1 久喜工業
 1・2位トーナメント[1セットマッチ]
 本校 1(25-19)0 昌平
 準決勝
 本校 0(22-25)1 花咲徳栄
 3位決定戦[決勝/3位決定戦は3セットマッチ]
 本校 2(25-21、25-23)0 久喜工業

 第3位

 2013.08.30_volleyball.jpg



・夏季郡山フェスティバル (8/17.18)    於:尚志高校
(県内外32チーム参加)


 予選リーグ
 本校 2(25- 9、25-11)0 あさか開成
 本校 2(25-19、25- 6)0 佐野日大
 本校 2(23-25、13-25)0 白石工業(3年チーム)
 順位トーナメント
 本校 2(25-22、25-13)0 山形商業
 本校 0(19-25、21-25)2 川越東
 本校 2(25-15、25-21)0 仙台二

 開校最高位の2位トーナメント3位



 【8月19日福島民報新聞記事】

2013.08.29_paper_article.jpg

 

 

 

 

 

 

2013.8.30 更新

県私学大会準優勝―東北大会へ

【男子バレーボール部】


第37回福島県私立高等学校男女バレーボール選手権が行われました。


本校は決勝でフルセット。最後も2点足りずに惜敗しましたが、開校「初」の標記大会で準優勝を達成し、8月末から山形県で行われる東北大会出場が決まりました。(福島県の私学からは2校のみ推薦されます)


今後もスローガンの「尚志新時代到来」へ向け精進していきます。


2013.07.24_volleyball.jpg

2013.7.24 更新

県総体県南地区予選会

 

■時: 6/15(土) ~ 17(月)

 

■トーナメント

 本校 2(25-22、27-25)0 光南

 本校 2(25-19、25-17)0 清陵情報

 本校 0(12-25、19-25)2 白河 県2位

 

■5-8位決定戦

 本校 2(25-22、24-26、25-22)1 帝京安積

 本校 1(22-25、25-19、15-25)2 白河旭

 本校 1(20-25、25-17、16-25)2 光南 

 

■成績

 ●第7位 【創部過去最高位】

 ●二大会連続県大会出場【創部初】 


~ 監督より ~


就任2年目のチームで創部初の記録を更新しました。昨年の今頃は地区大会でどこにも勝てず、24位でしたが、着実に力をつけてきました。本校は3年生1名のみの「若いチーム」ですが、今回の経験と悔しさを今後の県大会へつなげて、スローガン「尚志新時代到来」を一歩ずつ築いていきたいと思います。

 

 2013.06.19_volleyball.jpg





2013.6.19 更新

横断幕が完成しました

今回、保護者の方々のお力で、今までになかった部活の横断幕が完成しました。

部訓 『焦らず 慌てず 諦めず 我慢』 となれるよう頑張っていきます。

横断幕提供いただき、ありがとうございました。

2013.04.26_volleyball_men.jpg

 

2013.4.29 更新

郡山フェスティバル優勝

 北は宮城・山形、南は千葉から、総勢24チームが郡山に集まり、先日、春季郡山フェスティバルが開催されました。

 

 すべての試合で、オール1年生(セッター、センター、リベロは素人。レフトの左利きは高校からアタッカー)と中学生で一日挑み、全勝優勝となりました。

 

 就任したときは4名(経験者1名)からのスタートでしたが、現在2年生1名(高校1年時が終わる3月から入部)、1年生12名(経験者実質2名。他は素人)となり、2年目を締めくくる集大成が年度末の大会で達成できました。
 
 トーナメント戦では、開校初の男子バレー部としての賞状授与となりました。

 

 今後も、部訓「焦らず 慌てず 諦めず 我慢」のもと、スローガン「尚志新時代到来」へ向け、選手と共に頑張っていこうと「再出発」した、寒い、寒い、郡山の「春」となりました。今大会は山形のベスト8のチームにずっと、リードしながらも、23点目で同点に並ばれ、二本ともエースが決まらず負けましたが、『エース』の勉強と、『脇役』の活躍と、「両セッタ」ーの勉強となった大会でした。

 

 就任2年目で、どんな大会でも「賞状」を頂き、全勝できたことは、今後のチームにかなりの+(プラス)になることと確信しています。今度は公式戦で「本物の賞状」を得られるよう、選手と共に「生徒と教師が共に学ぶ」の精神で頑張ります。

2013.03.25_volleyball_men_fes.jpg

 

2013.3.25 更新

春季遠征合宿実施

3月15日から17日まで2泊3日で群馬県高崎市にて遠征合宿を実施しました。
 
群馬県ベスト4のチームには23点までいき、栃木県ベスト4のチームには18点、埼玉県南部地区3位のチームにはほぼ互角に戦ってきました。
 
2日間で約30セットを消化し、県外の「強豪校のレベル」を痛感しながらも、随所に本校バレー部特徴の「速攻バレー」が効果的に通用していました。
 
今後は今週末の郡山フェスティバルに向けて調整し、その後の埼玉遠征にて更にレベルアップしたいと考えています。
 
2013.03_volleyball_men.jpg

 

2013.3.19 更新

第1回SHOSHIカップ争奪バレーボール大会

平成25年3月9日、本校アリーナ45(第二体育館)にて、郡山市内の男子バレー部を招き、部員は審判講習会を兼ねて標記大会を実施しました。

 

中学校の多くの先生方から、以前より「是非とも市内中学校のオープン戦を開いて下さい」との熱いメッセージを受け、今回本校バレー部で行いました。

 

各試合熱戦が繰り広げられ、午後には駐車場も満車となり、多くの中学生の保護者の来校がありました。

 

また、中学校の校長先生にも足を運んでいただき、御礼申し上げます。顧問の先生方、17時過ぎまでご協力ありがとうございました。

 

感謝申し上げますとともに、この大会が10回以上続く大会となるよう運営してまいりますので、是非とも、本校で「共に」バレーをし、郡山を熱くしていきましょう。

 

■優勝:郡山市立郡山第七中学校

■準優勝:郡山市立郡山第一中学校

2013.03_volleyball_festival.jpg

2013.3.12 更新

新入生のみなさんへ

男子バレーボール部


 私達男子バレーボール部は、二年生一人、一年生十一人、マネージャー一人、計十三人で活動しています。顧問の風間先生・木村先生のご指導のもと、部訓「焦らず・慌てず・諦めず・我慢」を挙げ、日々練習に励んでいます。


 男子バレーボール部は、県大会出場を目標に毎日の練習に励んでいます。毎日、練習を始める前にその日の目標を挙げ、個人の課題やチーム全体の技術向上に向け取り組んでいます。特に、レシーブをあげることはチーム全体の課題であり、尚志の速いバレーをするためレシーブ強化に努めています。

 

 新チームになり公式戦で一勝してからは、一人一人の意識やチーム全体のモチベーションも上がり今まで以上に、練習に集中して取り組むようになりました。練習試合でもたくさんのセットをこなし、ゲームの内容もとても良いものになっていきました。夏休みから、速いバレーができるように取り組み、臨んだ大会では県ベスト8の光南高校を相手にフルセットまでいきましたが、惜しくもセットを取ることが出来ませんでした。ですが、このゲームを通し改めて、勝つ喜びと負ける悔しさを全員で実感することができました。この大会で流した涙や悔しい気持ちを忘れず次の大会では、悔し涙ではなく嬉し涙が流せるように頑張っていきたいと思います。そして、県大会出場という目標を達成できるようにプレーしたいです。

 

 私達男子バレーボール部は、たくさんの先生方、保護者の皆さんに応援・支えられて日々練習に取り組んでいます。感謝の気持ちを忘れず、目標達成に向け全力でプレーしていくことが大切だと思っています。
 2013.03.03_volleyball_men.jpg

(阿部 悠斗)

 

 

 

 


女子バレーボール部


 現在、私達女子バレーボール部は、一年生六人、二年生一人、マネージャー一人、合計八人という、少ない人数ですが、顧問の熊田先生、和田先生のご指導のもと、日々練習を積み重ねています。


 新チームとなった今、大会などで、いまだ勝利を収めたことがありません。先輩方が築いてきた実績を受け継げずにいます。この結果を受け入れ、目標である初勝利を実現するために、部員一人一人が、意識を高め、一つ一つのプレーを改善し、ミスしたところで何が悪いのかを分析し、次に活かせるようにしていきたいと思います。負ける悔しさではなく、勝つ喜びを胸に抱いて、チームの力の向上や個人の技術の向上を大切に練習に取り組んでいきたいと思います。

 

 このように、大好きなバレーボールができるのは、毎日熱心にご指導をくださる、熊田先生や和田先生、毎日支えてくれる保護者の方々のおかげです。この感謝の気持ちを忘れずに、努力していきたいです。

 

 また、日常生活においても、文武両道はもちろん、風紀面などでも、おろそかにならないようにしたいです。

 目標達成に向けて、練習や日常生活などよく考え行動していきたいです。素晴らしい仲間と一生懸命に最後まで諦めずにボールをつなげ、最高のプレーをしていきたいです。

2013.03.03_volleyball_women.jpg

 

 (小野田 友梨)

たいぼく47号(平成25年3月3日発行)

 

 

 

2013.3. 4 更新