学校法人尚志学園 尚志高等学校〒963-0201 郡山市大槻町字坦ノ腰2番地TEL: 024-951-3500  FAX : 024-962-0208

スク−ルバス路線バス

尚志高校からのお知らせ

鎌倉女子大学 ⑱合格体験記(平成30年度卒業生)

『 目標への道すじ 』

鎌倉女子大学 家政学部 管理栄養学科(指定校推薦)

普通科 総合進学コース 理系 室 井 優 香

(陸上競技部 ・ 郡山第一中学校出身)


■合格の秘訣


 私はこの度、鎌倉女子大学・家政学部・管理栄養学科に指定校推薦入試で合格することができました。進路実現する上で、たくさん悩み、考え、時には自分と葛藤することもありました。私の経験も踏まえ、少しでも皆さんの力になれれば幸いです。

 私が鎌倉女子大学を志望したのは3年生の6月です。この選択に至るまで約一年程悩みました。様々な大学について調べ自分なりにまとめたり、一人でオープンキャンパスに足を運び大学の雰囲気を体感したり、尚志ノートを使って担任の先生から助言をいただいたり、たった一つの選択のためにたくさん行動してきました。でもその一つの選択が自分の人生に大きく関わると思うと、いずれも苦になりませんでした。国立大学、私立大学すべて含め、たくさんの大学がある中で一つを選ぶということに、高い意識を持ち悔いのない選択をしてほしいと思っています。

 次に入試内容について説明します。私は面接試験のみの試験でした。約10分から15分の個人面接で、いかに短い時間の中で、自分の考えを具体的に伝えることが重要となります。面接練習ではノートに質問に対する考えを書き暗記し実際に練習の中で応えることを繰り返し行いました。その上で大学の方針と自分の考えの共通点を見つけ、どのような学習をしたいか考えをまとめることが難しく感じました。受験当日は何があるか分かりません。そのためにも志望する大学についてよく調べる必要があります。練習をしていなかった質問への対策にもなると思います。

 次に模擬試験について説明します。志望校は定まっていても偏差値が上がらなくて困っている人がいると思います。さらに模試の勉強は何をしたらいいか分からない人もいるはずです。まずは過去問から手をつけ、どのような問題があり自分はどのくらい解けるのか把握するのが最優先だと思います。その後は自分の理解が浅いところは、基礎からコツコツ勉強することで少しずつ身につくはずです。
 この受験を通して、道に迷ったときは自分が難しいと思った方を選択することで、後に良い結果がついてくると感じました。日々の努力はきっと裏切りません。自分の目標へ一歩でも近づけるよう頑張ってください。応援しています。

■後輩へのメッセージ


 進路について不安を抱えている人がたくさんいると思います。私も実際その一人でした。そんな時に大きな支えとなったのは担任の先生の言葉でした。志望校を決めたきっかけは担任の先生からの勧めが大きかったからです。担任の先生だからこそ分かる自分の良い点や悪い点をふまえての助言は説得力があり、気づかぬうちに背中を押してくれています。口で言うのは恥ずかしかったり苦手な人も尚志ノートで自分の気持ちを伝えるのも手です。進路実現には多くの苦悩がつきものです。だからこそ周りの人に相談することが、進路実現の近道だと私は思います。

 高校三年間は自分が思っているよりもはやく過ぎていきます。悔いの残らない選択をし、自分一人でなく、たくさんの力を借りながら道を切り拓いていってください。皆さんの活躍を期待しています。


【Shoshi Success Story】


 

Kamakura Women's University


Department of Administration and Nutrition

General Course   Yuka Muroi

(Field and Track Club ・ Graduated from Koriyama Daiichi Junior High School)


'Path to the goal'


I was able to pass the entrance examination by recommendation of designated schools to Kamakura Women's University, Home Economics Department and Department of Nutrition Management. I had a lot of worries, thoughts, and sometimes conflicts with myself in realizing my career path. Based on my experience, I hope I can help you as much as possible.

I applied for Kamakura Women's University in June, my third year. It took me about a year to make this choice. I have done a lot of research to make a single choice, such as researching and organizing various universities in my own way, visiting open campuses by myself to experience the atmosphere of the university, and receiving advice from my homeroom teacher using a Shoshito notebook. But when I thought that one of those choices would have a lot to do with my life, I didn't have any trouble with either. I want them to choose one among many universities, including public and private universities, with a high awareness and without regret.

Next, I will explain the contents of the entrance examination. I had only an interview. In a personal interview that lasts about 10 to 15 minutes, it's important to express your thoughts in a very short time. During the interview, I wrote down my thoughts on the questions in a notebook, memorized them, and repeatedly answered them in practice. On that basis, I found it difficult to find common points between the university's policy and my own thoughts and to organize my thoughts on what kind of learning I want to do. I don't know what will be on the examination day. For that purpose, you need to research the university you want to enter. I think it will be a measure for questions that you haven't practiced.

Next, the simulation test is explained. I think there are people who are in trouble because their deviation value doesn't go up even though their school of choice is decided. In addition, there must be people who don't know what to do to study for MOSHI. I think it's the top priority to start with the past questions and understand what kind of problems are there and how much you can solve. After that, if you don't understand well, you should learn little by little by studying from the basics.
Throughout this exam, I felt that if I got lost, I would choose the one that I thought was difficult, and I would get good results later. My daily efforts will never betray me. Try to get closer to your goal. I'm cheering for you.



Message


I think there are many people who are worried about their future. I was one of them. It was the homeroom teacher's words that helped me a lot. The reason why I decided the school of my choice was because the homeroom teacher's recommendation was big. My advice based on my good points and bad points, which I can understand because I am a homeroom teacher, is persuasive and gives me back without noticing. Even if you're embarrassed or not good at speaking, it's a good idea to communicate your feelings with a Shoshiki notebook. There will be a lot of pain in realizing my career path. That's why I think talking to people around you is the shortcut to realizing your career path.

The three years of high school go by faster than I thought. Make a choice that leaves no regrets, and open the way not by yourself but with a lot of help. I look forward to your success.

2019.8.12 更新

2019.8.13 聖心女子大学 ⑲合格体験記(平成30年度卒業生)
2019.8.12 鎌倉女子大学 ⑱合格体験記(平成30年度卒業生)
2019.8.11 苦労一定説 (尚志学園 創設者 著書より)


2019.8.10 8月12日〜8月18日の日程
2019.8. 9 寮食堂メニュー