学校法人尚志学園 尚志高等学校〒963-0201 郡山市大槻町字坦ノ腰2番地TEL: 024-951-3500  FAX : 024-962-0208

スク−ルバス路線バス

尚志高校からのお知らせ

苦労一定説 (尚志学園 創設者 著書より)



 尚志学園の創立者である佐藤 信先生 >> の著書「体当たり教育」からの一節を紹介します。

苦労一定説




 人間の苦労の数量は、いかなる人でも一定している。「私ほど恵まれないものはない。生涯苦労の連続だ」などとこぼす人があるが、ほかの人と比較して一生の苦労の量は変わらない。ただ、一時期にその苦労が集中するか、小出しに慢性的にやってくるかのちがいだけである。



 だから、若いときに多くの苦労を背負った人間は、後半生の苦労の量はずっとへり、したがって安楽な余生を送れるが、反対に成長するまでなんの不自由もなく苦しみも体験せずにすごした人間は、苦労の量がほとんど消化されていないので、後半生に大きな苦労が待ちかまえていることになる。「若いうちの苦労は買ってでもせよ」とか、昔の豪傑山中鹿之助が、「七難八苦をわれに賜え」と月に祈ったというような物語は、この苦労一定説をうらづけるものである。



 また苦労の極限は常に希望、光明と境を接している。これ以上の苦しみはない、これ以上の困難はないと人間が感ずるときは、どん底につきあたっているときで、それ以上に落ちようはない。そのとき思いきってもう一歩進めれば、それは境を接した光明・希望の世界に入っているので、苦難のどん底はすなわち光明の第一歩ということができる。孔子の言に、「天の将にこの人に大任を下さんとするや先ずその心志を苦しめ」とある。



 事業に失敗したり、志が中途で挫折して絶望を感ずるようなときは、「ははあ、天はおれをねらっているな。この苦しみ、この悲痛はなにか大仕事を天が与えようとしている前ぶれなのだ。ようし、負けていられるか」と猛然たちあがることが出来れば、その瞬間に成功の第一歩ははじまったといってよい。





2014.04.28_taiatari_kyouiku.jpg


Here is a passage from the book written by Makoto Sato, the founder of Shoshi Gakuen.

Everybody Has Equal Trouble in Life

    


 I believe that everybody has equal trouble or hardship in life.  Some may say "I've had much more trouble than anybody," but this is not true.  They must have had as much trouble as other people in life.  There is a difference, however, regarding the frequency of trouble; some may have a lot of trouble all at once, and others may have a little trouble consistently in life. 



 Thus, a person who finds much difficulty in his or her youth may not find much trouble in the latter part of his or her life.  On the other hand, a person who does not find much difficulty in his or her youth may face some difficult problems when he or she grows older.  Remember some famous words: "Get as much hardship as you can when you are young" or "Give me a series of endless misfortune (words by Shikanosuke Yamanaka)!"  Those words are related to the belief that everybody has equal trouble in life.


     And, having lived through trouble or hardship helps you to have hope and success; when you feel that you are in an abyss of despair, no worse problem will occur.  If you dare to proceed in such darkness, you can see the next world that shares the border with your despair: a bright and hopeful world. 


 So when you have some trouble, you will also have the key to the new world awaiting you.  Remember the famous words by Confucius: "When heaven gives you hardship, they are training you."  If you fail in business or you feel you cannot work any more to fulfill a goal, you should realize that heaven is training you.  If you think in this way, the trouble you are having now will help you to see a bright world you have never known.

2019.8.11 更新

2019.8.30 1年生 浜路キャンプ 第3団
2019.8.30 部活動情報(サッカー部女子)
2019.8.29 部活動情報(サッカー部男子)
2019.8.28 1年生 浜路キャンプ 第1団
2019.8.27 進路行事(夏期休業中)