学校法人尚志学園 尚志高等学校〒963-0201 郡山市大槻町字坦ノ腰2番地TEL: 024-951-3500  FAX : 024-962-0208

スク−ルバス路線バス

尚志高校からのお知らせ

平成29年度卒業生 合格体験記 <23> 『進路実現』


上智大学短期大学部 英語科

(公募制推薦)


普通科 総合進学コース 文系

齋 藤  遥

(新潟市立上山中学校出身)


■合格の秘訣


 私はこの度、上智大学短期大学部に公募制推薦で合格することができました。この大学は、全国で唯一の英語科のみ設置されている短期大学です。この大学を選んだ理由は、短期間で英語を習得して自分の夢である空港で働くスタッフになりたかったからです。2年という短期間で英語を習得すれば、2020年の東京オリンピックで空港を利用するお客様が増える時に活躍できると思ったので短期大学を選びました。私は英語が元々得意ではないのですが、自分の英語のレベルを上げるために、少しレベルの高い大学を受験することに決めました。

 英語の道に進もうと決めたのは、高校3年生になってからです。修学旅行でアメリカに行ったことがきっかけでした。買い物をする時や、聞きたいことがある時に、英語で言いたいことや、思っていることを相手に伝えることが大変でした。なのでそれがスムーズに出来たらいいと思い、英語を進学先でも勉強しようと思いました。

 次に受験方法です。私は11月に行われた、公募制推薦Aという受験方法です。内容は日本語での面接、英語でのネイティブの先生との面接、事前に渡された英文についての口頭試問です。私は1ヶ月前から対策を始めました。担当についてくれた先生に、受験前はほとんど毎日対策をしていただきました。事前に渡された長めの英文を全て訳せるように練習し、それについて質問をしてもらうという対策を基本的にしました。また、ネイティブな発音に慣れるように、クレア先生となるべく英語でコミュニケーションを取るようにしていました。

 もし、この学校を公募制推薦で受験したいと考えている受験生の方は、常に英語に慣れておくことが重要だと思いました。私は英語が得意ではないので、楽しんで英語に慣れるためにアニメの字幕を英語にして見たりしていました。少しでも英語に慣れる事が大切です。


■後輩へのメッセージ


 進路で悩んでいる人はたくさんいると思います。そんな時は、進路指導の先生に相談したり、自分でインターネットや、大学の説明会に参加したりして、たくさん調べることが大切です。私は、進路を決める時期は遅かったのですが、その分進路指導に通ったり、調べる時間が長かったので、自分が行きたいと思う大学がしっかりと見つかりました。とにかく何事も早くから考え始めたり調べる事が大切です。応援しています。

2018.8.15 更新

2019.5.13 教育実習スタート
2019.5.13 事務研修スタート(3学年就職希望者)
2019.5.12 部活動情報(サッカー部女子)
2019.5.11 5月13日〜5月19日の日程
2019.5.10 事務研修について

尚志高等学校 創立50周年記念フォトギャラリー