学校法人尚志学園 尚志高等学校〒963-0201 郡山市大槻町字坦ノ腰2番地TEL: 024-951-3500  FAX : 024-962-0208

スク−ルバス路線バス

尚志高校からのお知らせ

新潟大学③ 合格体験記(平成30年度卒業生)

『一人じゃない』

新潟大学 理学部 理学科(一般入試)

普通科 特別進学コース 星 智大
(空手道部 ・ 南会津町立田島中学校出身)

■合格の秘訣


 自分にとって、最大の関門はセンター試験でした。なぜかと言うと、苦手な科目を受けなければいけなかったからです。

 自分は国立理系で、国語と社会にめっぽう弱かったので、マーク模試ではこの2教科が足を引っぱって得点は伸びていませんでした。そこで自分は、得意科目にかける勉強時間をほぼすべて苦手科目に回しました。初めは点数が伸びず、くじけそうになる時がありました。しかし、諦めずにあらゆる問題集に手をつけ、それを続けた結果、本番のセンター試験ではいつも以上の成績を残すことができました。

 センター試験の自己採点後、出願校を決める時、一番尽力してくださったのは、担任の先生でした。第一志望の医学部医学科には到底届かなかった自分に、興味関心、成績、性格から適性の高い大学を探してくださいました。そこで見つかったのが、新潟大学でした。

 そこから、二次試験対策が始まりました。学校では、試験科目それぞれに担当の先生をつけて頂き、自宅学習期間中にお世話になりました。自宅が郡山から遠く、なかなか学校に来れない自分に予定を合わせて頂きました。学校の期末考査中という忙しい時期に学校で指導してくださったときもあります。応援もしてくださいました。

 受験本番、科目は得意分野である数学と生物、そして面接でした。数学の難化があり、不安の残る結果となったため、自分は酷く落ちこむことになりました。受験報告で学校の先生方を訪れた際は「お疲れ様。きっと大丈夫。」と励まして頂きました。良い報告をできなかったにも関わらず、先生方は温かく迎えてくださり、自分は嬉しい気もちと悲しい気持ちでいっぱいでした。そして合格発表日、携帯で大学のサイトで自分の受験番号を見つけることができました。

 大学入試に合格できたのは、今までの自分の努力もありましたが、一番は周りの人達のお陰でした。金銭面、精神面で支えてくれた両親、進路決定で何度も相談に乗ってくれた担任の先生、勉強のための時間を作ってくださった部活動の先生、分からない所を教えてくださった先生方など、たくさんの人達の支えがあったからこそ合格できたのだと思います。受験は一人で戦うものではありません。道に迷った時は周りに助けを求めましょう。きっと自分のためになります。



■後輩へのメッセージ


 受験勉強において一番戦うことになる相手は、モチベーションです。いざ勉強しようと思っても、気分が乗らないことが多いと思います。それでは頭に入るものも入りません。

 しかし、思い出してみてください。定期テストの勉強です。テスト前ともなると、集中力が上がりますよね。何故だかわかりますか。出題範囲が狭いのもあるかもしれませんが、一番は焦るからです。点数が下がったり、赤点を取ったりすれば色々と困るものです。それを避けるために、私達はテスト前になると必死に頭を回転させます。こうして集中力が上がるわけです。

 受験勉強においても、これが使えます。受かろうとするのではなく、「落ちない」ように勉強するのです。志望校のレベルの問題で解けないものがあるならば、それはマズい。落ちる可能性が十分にあります。その問題を解けるようになるまで、勉強してください。

 最後に、受験勉強は団体戦です。先生方はいつでも私達の味方です。一人で戦おうとせず、困った時は積極的に力を借りましょう。



【Shoshi Success Story】

Niigata University

FACULTY OF SCIENCE


'Don't try to fight alone'


General Course Special Academic Advancement Course  Tomohiro Hoshi
(Karate club ・ Graduated from Tajima Junior High School)

The biggest hurdle for me was the National Center Test for University Admissions. Because I had to take a subject that I was not good at.

As I was in a national science course, I was very weak in Japanese and society, so I couldn't score well on these two subjects in Mark-Moshi. So I spent most of time on my weak subjects. At first, my score didn't improve and I felt like I was going to get discouraged. However, as a result of not giving up and continuing to do all kinds of problem books, I was able to do better than usual in the center test.

After scoring the National Center Test for University Admissions, my homeroom teacher was the one who did the best when I decided which school to apply for. I couldn't reach the medical department of my first choice, so I looked for a university with high aptitude for my interests, grades and personality. It was Niigata University that was found there.

From there, the second examination preparation started. At school, we had a teacher in charge of each test subject, and we stayed there during our home study period. My house is far from Koriyama and I can't come to school easily, so I arranged my schedule. There was a time when I was in the middle of the final exam of the school and was taught at school. They supported me.

The real exam, the subjects were math and biology, which I was good at, and an interview. The difficulty of math left me feeling uneasy, and I felt very depressed. When I visited the school teachers to report my entrance exams, they encouraged me by saying, "Good job. I'm sure you'll be okay.". Although I could not give a good report, the teachers welcomed me warmly, and I felt happy and sad. Then, on the day of the examination results announcement, I could find my examination number on the university's website on my mobile phone.

I was able to pass the university entrance examination thanks to the people around me, though I have worked hard. I think I was able to pass the examination because of the support of many people such as my parents who supported me financially and mentally, the homeroom teacher who consulted me many times when I decided my career, the club activity teacher who made time to study, and the teacher who taught me things I don't know. Entrance examinations are not for fighting alone. If you get lost, ask for help. It will do you good.


Message


The person who will fight the most in preparing for entrance exams is motivation. Even if I try to study, I often don't feel like it. Then I can't put anything in my head.

But remember: I'm studying for a regular test. If it is before the test, your concentration will be improved. Do you know why? It may be because the scope of the test is narrow, but the most important reason is to be impatient. If your score goes down or you get failing socre, you will be in trouble. To avoid that, we spin our heads before the test. This improves concentration.

You can use this for studying for entrance exams. Instead of trying to pass, learn "Not To Fail".  If there is a problem that cannot be solved the level of the desired school, it is not good. There is a good chance for you to fail. Please study until you can solve that problem.

Lastly, studying for entrance exams is a group competition. The teachers are always on our side. Don't try to fight alone.


2019.5.22 更新

2019.8.30 1年生 浜路キャンプ 第3団
2019.8.30 部活動情報(サッカー部女子)
2019.8.29 部活動情報(サッカー部男子)
2019.8.28 1年生 浜路キャンプ 第1団
2019.8.27 進路行事(夏期休業中)