学校法人尚志学園 尚志高等学校〒963-0201 郡山市大槻町字坦ノ腰2番地TEL: 024-951-3500  FAX : 024-962-0208

スク−ルバス路線バス

●バトミントン部

一覧へ戻る

福井しあわせ元気国体 2018

10月3日から7日まで福井県勝山市で開催された 福井しあわせ元気国体 >> に、3年普通科 遠藤 朱里、3年普通科 千葉 海峰乃が選手として、竹俣洋平先生が監督として出場しました。

この国体に向けて尚志の先輩が在籍しているトップリーグであるSJリーグの練習にお邪魔して準備を進めてきました。

国体は1日1試合、多くても2試合という高校大会とは違った競技日程で複、単、単の試合形式です。その分、1試合、1点の重みがとてつもなく大きい試合と言えます。ユニフォームの背中には学校名ではなく「福島」の県名を背負って戦いますので選手たちには大きな「誇り」と「緊張」があったと思います。

初戦から第一シードの茨城県と対戦でしたが遠藤、千葉組は大舞台とは思えないほどの落ち着いたプレーで勝利しました。その後第一シングルに立った選手も勝利し、大きな大きな初勝利を収めました。

翌日はダブルス、インターハイ3位の実績を持つ兵庫県と対戦です。この日、地元勝山市出身の銅メダリスト、山口選手の凱旋試合ということもあり、朝から体育館は入場規制がかかるほど超満員!館内の異常なまでの熱気にエアコンが強く効いていました。

遠藤千葉組は調子こそ悪くなかったもののエアコンの風の影響もあってショットがネットにかかることが多くあり思うような展開になりませんでした。条件は相手も同じなのでその部分も含めて残念ながら力及ばす敗戦となりました。続くシングルス選手も落とし、福島チームはベスト16という結果となりました。

遠藤、千葉両選手は中学時代に輝かしい実績があった訳ではありませんが尚志高校で一生懸命練習を重ね、最後の県大会で優勝し代表となりました。

福島を背負って戦った経験は大きな財産であり、いつまでも忘れないと思います。

応援ありがとうございました!

2018.10.15_badminton.jpg

2018.10.15 更新

県大会優勝!

第71回福島県総合体育大会バドミントン競技 県大会において、女子ダブルス(遠藤 朱理・千葉 海峰乃 組)が優勝しました。

ジュニア日本代表や実力者がいる強豪を次々と破り、見事11年ぶりの栄冠を勝ち取りました。
また、女子シングルスでも遠藤朱理が3位入賞しました。

遠藤・千葉、両選手とふたば未来学園選手1名の計3名が国体選手に内定、監督は本校顧問の竹俣洋平が指揮をとることになりました。
まずは、8月下旬の東北国体予選にて本戦への出場権を狙います。

今後も応援よろしくお願いいたします。



2018.07.14_badminton.jpg


2018.7.20 更新

部活動紹介(バドミントン部)

私たちバドミントン部は、二年生八名、一年生二名、マネージャー一名の計十一名で「全国大会出場」を目標に日々練習に励んでいます。竹俣先生をはじめ、和田先生、外部コーチのもと目標達成に向けて活動しています。私たちはバドミントンだけでなく、日常生活においてもバドミントン部であるという自覚を忘れずに文武両道を目指しています。 練習では、シャトルを打つ実践的な練習や試合ももちろん行いますが、縄跳びやステップでフットワークを速くするトレーニングやランニングで持久力を高めるトレーニングなどを行い、本番でベストパフォーマンスが出来るように頑張っています。また、朝練では週に一回トレーナーの先生によるウエイトトレーニングで筋肉のパワーアップや俊敏性をつける練習をしています。体を追い込んだり、限界まで練習をすることもあります。そのときは、チーム全体でお互いを励まし合いながら団結力を高め合っています。 今年度から新しい外部コーチが増えました。その方は、尚志高校を卒業したバドミントン部の先輩でみんなが尊敬している方です。バドミントンのことや、女性ということもあり人間関係の相談など何でも受け入れてくれる頼りがいのある方に教わっています。 バドミントン部は、支えてくれている先生や親、すべての人々に感謝し、尚志らしいバドミントン・プレーで恩返ししたいです。 チーム全員で目標達成できるように頑張っていきます。(遠藤朱理)

2018.3.21 更新

日本代表選手が練習に来ました

2018年の日本代表、YONEXチーム所属の選手2名とコーチの方が本校の練習に来てくださいました。
昨年の全日本大会で代表選手に選ばれ、現在は東京オリンピックの出場に向けて海外を転戦している選手達です。
忙しいスケジュールの中、熱心に指導して頂きました。
世界を相手に戦っている選手と一緒にプレーができ、貴重な経験をすることができました。

2018.02.02_badmington.jpg




2018.2. 2 更新

高校新人体育大会バドミントン競技 県中地区大会

■平成29年9月22日~24日
■郡山市総合体育館
■成 績
●女子学校対抗  優勝 12連覇

●女子ダブルス  優勝  遠藤 朱理 ・ 千葉 海峰乃 組
          2位  市川 楓華 ・ 大堀 仁都美 組
          3位  杉 和圭名 ・ 菊地 夏綸 組
          3位  遠藤 朱理 ・ 鈴木 杏奈 組
          5位  遊佐 栞那 ・ 石澤 華 組
※出場5組全員県大会出場

●女子シングルス 優勝    千葉 海峰乃
            2位   遠藤 百華 
          3位  遠藤 朱理
          3位  市川 楓華
          5位  鈴木 杏奈
          5位  杉 和圭名
          5位  遊佐 栞那
※9名県大会出場

新チームとして初の公式戦、素晴らしいチームワーク、プレーで好成績を収めました。

2017.09.24_badmington.jpg



2017.9.27 更新

部活動紹介(バドミントン部)

 私たちバドミントン部は、「全国大会出場」を目標に日々練習に励んでいます。竹俣先生をはじめ、和田先生、外部コーチご指導のもと目標達成に向けて活動しています。私たちは日々の学校生活や私生活においても、バドミントン部であるという自覚を忘れずに、文武両道を目指しています。
 練習では、シャトルを打つ実践的な練習や試合ももちろん行いますが、縄跳びやステップでフットワークを速くするためのトレーニングも行い、本番でベストパフォーマンスが出来るよう目指しています。また、今年度から本格的にトレーナーの先生によるウェイトトレーニングや走るメニューを取り入れ、筋力のパワーアップや俊敏性をつける練習をしています。きついメニューや苦しい時に、もっとみんなで励まし合い、楽しく乗り越えられるようなチームを目指していきたいです。
 今年は、尚志高校を卒業した先輩が国内最高峰の大会である全日本総合でとても良い成績を残しました。私たちも先輩に続いていけるよう、もっと日々の練習を真剣に取り組んでいきたいです。
 バドミントン部は、支えてくれている先生や親、すべての人々に感謝し、尚志らしいバドミントン・プレーで恩返ししたいです。また、チーム全員で目標達成できるように頑張ります。

( 上 田 実 夢 )


(平成29年3月発行 たいぼく 部活動紹介のページより)

2017.3.24 更新

平成28年度 活動成績一覧

■■第62回福島県高等学校体育大会バドミントン競技県中地区大会
■平成28年5月6日~8日
■郡山市総合体育館
■女子学校対抗 優 勝
3G 藤田 舞乃  3G 栗城沙耶香
3G 岩橋 若菜  3G 桐生 来夢
3G 杉 沙矢香  2G 上田 実夢
2G 小針 美香  1G 千葉海峰乃
■女子ダブルス
 優 勝 3G 藤田 舞乃  3G 杉 沙矢香
 2 位 2G 上田 実夢  2G 小針 美香
 3 位 2G 小野寺奏瑛  2G 金澤よし乃
 3 位 3G 栗城沙耶香  3G 岩橋 若菜
ベスト8 1G 遠藤 朱理  1G 千葉海峰乃
ベスト8 3I 大堀 香奈  3G 桐生 来夢
ベスト8 1G 市川 楓華  1G 遠藤 百華
ベスト8 3G 大内 優歩  3G 羽田有理帆
■女子シングルス
 優 勝 2G 上田 実夢
 2 位 3G 藤田 舞乃
 3 位 1G 千葉海峰乃
 3 位 3G 杉 沙矢香
ベスト8 3G 桐生 来夢
ベスト8 2G 小野寺奏瑛
ベスト8 3G 岩橋 若菜
ベスト8 2G 小針 美香


■■第62回福島県高等学校体育大会バドミントン競技
■平成28年6月5日~7日
■福島市国体記念体育館
■女子学校対抗 2 位
3G 藤田 舞乃  3G 栗城沙耶香
3G 岩橋 若菜  3G 桐生 来夢
3G 杉 沙矢香  2G 上田 実夢
2G 小針 美香  1G 千葉海峰乃
■女子ダブルス
ベスト8 3G 藤田 舞乃  3G 杉 沙矢香
ベスト8 2G 上田 実夢  2G 小針 美香
■女子シングルス
ベスト8 3G 藤田 舞乃
ベスト8 2G 上田 実夢

■■平成28年度福島県総合体育大会バドミントン競技県中地区大会
■平成28年6月20日~21日
■郡山市総合体育館
■女子ダブルス
 優 勝 2G 上田 実夢  2G 小針 美香
 2 位 3G 藤田 舞乃  3G 杉 沙矢香
 3 位 2G 小野寺奏瑛  2G 金澤よし乃
 3 位 1G 遠藤 朱理  1G 千葉海峰乃
ベスト8 3G 栗城沙耶香  3G 岩橋 若菜
ベスト8 3I 大堀 香奈  3G 桐生 来夢
ベスト8 3G 大内 優歩  3G 羽田有理帆
ベスト8 1G 市川 楓華  1G 遠藤 百華
■女子シングルス
 優 勝 2G 上田 実夢
 2 位 1G 千葉海峰乃
 3 位 3G 杉 沙矢香
 3 位 2G 小針 美香
ベスト8 3G 栗城沙耶香
ベスト8 2G 小野寺奏瑛
ベスト8 3G 岩橋 若菜
ベスト8 3G 藤田 舞乃


■■第44回東北高等学校バドミントン選手権大会
■平成28年6月24日~26日
■グランディー21
■女子学校対抗 ベスト8
3G 藤田 舞乃  3G 栗城沙耶香
3G 岩橋 若菜  3G 桐生 来夢
3G 杉 沙矢香  2G 上田 実夢
2G 小針 美香  1G 千葉海峰乃

■■第68回福島県総合体育大会バドミントン競技
■平成28年7月7日~9日
■白河中央体育館
■女子ダブルス
3 位  1G 遠藤 朱理  1G 千葉海峰乃
ベスト8 3G 藤田 舞乃  3G 杉 沙矢香


■■平成28年度全日本ジュニアバドミントン選手権 福島県予選
■平成28年8月1日 郡山市西部体育館
■女子シングルス 優 勝 2G 上田 実夢

■■平成28年度1年生大会
■平成28年8月4日 郡山市総合体育館
■女子シングルス
優 勝 1G 遠藤 百華
2 位 1G 市川 楓華
3 位 1G 大堀仁都美


■■平成28年度第21回全国私立高等学校選抜バドミントン大会
■平成28年8月23日~26日
■秋葉台文化体育館 他
■女子学校対抗 23 位
2G 上田 実夢  2G 小針 美香
2G 小野寺奏瑛  2G 金澤よし乃
1G 遠藤 朱理  1G 千葉海峰乃
1G 市川 楓華  1G 遠藤 百華


■■JOCジュニアオリンピックカップ 第35回全日本ジュニアバドミントン選手権大会
■平成28年9月16日~19日 愛媛県総合運動公園
■女子シングルス 出 場 2G 上田 実夢


■■平成28年度福島県高校新人体育大会バドミントン競技県中地区大会
■平成28年9月23日~25日
■郡山市総合体育館
■女子学校対抗 優 勝
2G 上田 実夢  2G 小針 美香
2G 小野寺奏瑛  2G 金澤よし乃
1G 遠藤 朱理  1G 千葉海峰乃
1G 市川 楓華  1G 遠藤 百華
■女子ダブルス
 優 勝 2G 小針 美香  2G 小野寺奏瑛
 2 位 2G 上田 実夢  1G 千葉海峰乃
 3 位 1G 遠藤 朱理  1G 大堀仁都美
 3 位 2G 金澤よし乃  1G 市川 楓華
 ベスト8 1G 遠藤 百華  1G 鈴木 杏奈
■女子シングルス
 優 勝 2G 上田 実夢
 2 位 2G 小針 美香
 3 位 2G 小野寺奏瑛
 3 位 1G 千葉海峰乃
 ベスト8 1G 遠藤 朱理
 ベスト8 2G 金澤よし乃
 ベスト8 1G 遠藤 百華
 ベスト8 1G 市川 楓華


■■第53回福島県高等学校新人体育大会バドミントン競技
■平成28年11月24日~26日 白河市中央体育館
■女子学校対抗 2 位
2G 上田 実夢  2G 小針 美香
2G 小野寺奏瑛  2G 金澤よし乃
1G 遠藤 朱理  1G 千葉海峰乃
1G 市川 楓華  1G 遠藤 百華
■女子ダブルス
3 位 2G 小針 美香  2G 小野寺奏瑛
ベスト8 2G 金澤よし乃  1G 市川 楓華
ベスト8 1G 遠藤 朱理  1G 大堀仁都美
■女子シングルス
ベスト8 1G 上田 実夢


■■第45回全国高等学校選抜バドミントン大会東北地区予選会
■平成29年1月19日~21日
■奥州市総合体育館
■女子学校対抗 3 位
2G 上田 実夢  2G 小針 美香
2G 小野寺奏瑛  2G 金澤よし乃
1G 遠藤 朱理  1G 千葉海峰乃
1G 市川 楓華  1G 遠藤 百華


【備考】
◆記号の味方  1G...1年普通科  1I...1年情報総合科
◆ご利用のブラウザにより氏名の一部が表示されない場合がございますのでご了承下さい。

2017.3.19 更新

東北大会で3位に入賞しました!

全国一の激戦区である東北ブロック大会で、山形県や岩手県の優勝校を破り、価値ある入賞を果たしました。

2、3回戦では第1ダブルスを落とす展開となりますが第2ダブルスから巻き返し、トータル3-1で勝利しました。この粘り強さと精神的な強さが今チームの強みです。

また、準決勝では敗れはしましたが昨年の優勝校に第1シングルスがファイナル延長、第2ダブルスが終盤まで接戦を演じるなど大きな収穫もありました。

各県1校ルールで今回は残念ながら選抜大会には出場できませんが、全国レベルの実力を証明できたと思います。これから更に力をつけて、頑張りたいと思います!


■大会名:全国高等学校選抜バドミントン大会 東北地区予選会
■ 時 :平成29年1月19日~21日
■会 場:岩手県奥州市総合体育館


2017.01.22_badminton.jpg2017.01.22_badminton-2.jpg



2017.1.23 更新

JOCジュニアオリンピックカップ第35回全日本ジュニアバドミントン選手権大会

■時    平成28年9月16日~19日

■会 場  愛媛県総合運動公園体育館

2年普通科 上田 実夢 が厳しい県予選を1位で通過し、出場権を獲得しました。
全国の舞台、頑張ります!

2016.9.12 更新

バド上達へ「教科書」出版 郡山の竹俣さん練習法など解説

本校のバドミントン部のコーチの竹俣 明 氏についての福島民報新聞の記事を紹介します。

福島民報新聞のサイトへ >>



 東日本大震災、東京電力福島第一 原発事故後、バドミントンで福島の復興を応援しようと発足した郡山ジュニアバドミントンクラブのヘッドコーチ竹俣明さん(70)=郡山市=は「いちばんう まくなる!バドミントンの新しい教科書」を出版した。勝てる技術と練習法を分かりやすく解説している。

 竹俣さんは北海道函館市生まれ。アジアのバドミントン強豪国で学び、独特の手法と技術でジュニア指導の第一人者として活躍している。

 著書ではフォームや練習法を写真や図を多用し紹介している。基本動作を徹底解説し、選手も指導者も参考になる技術を詰め込んだ。

 竹俣さんは震災後、復興応援とともに福島から東京五輪選手を育てたいと千葉県から郡山市に移り住み、平成24年に郡山ジュニアバドミントンクラブを開設した。小学4年から中学3年生までの男女を対象に市内の尚志高体育館で練習している。

 今年の全国高校総体(インターハイ)のバドミントン競技男子ダブルスでは、同クラブ1期生の仁平澄也さん(白河中央中出身、埼玉栄高3年)が優勝を果たしている。

 「いちばんうまくなる!バドミントンの新しい教科書」は日本文芸社刊。A5判175ページ。1,400円(税別)。

2016.09.10_badmington_textbook.jpg

( 2016/09/04 09:31 福島民報より )

2016.9.11 更新

尚志高等学校 創立50周年記念フォトギャラリー