学校法人尚志学園 尚志高等学校〒963-0201 郡山市大槻町字坦ノ腰2番地TEL: 024-951-3500  FAX : 024-962-0208

スク−ルバス路線バス

尚志高校からのお知らせ

2020年度の記事一覧

一覧へ戻る

東北大学① 合格体験記(令和元年度卒業生)

『 GRIT? やり抜く力? 』

東北大学 教育学部 教育科学科 >>(一般入試)

普通科 特別進学コース    渡辺  真鈴
(ユネスコ部 郡山市立郡山第六中学校)


■合格の秘訣


 私が大学進学を考え始めたのは高校入学後でした。それまでテキトウに過ごしていた私は、案の定県立高校に落ち、中学時代の恩師に紹介された尚志高校の特別進学コースに入学しました。始めの成績は平凡で、塾や通信講座等をやっていなかった私が、何故旧帝大の1つである東北大に受かったのか?その答えは、GRITがあったからです。

 私は高校3年間勉強をし続けました。私は所謂メンヘラに近いほどお豆腐メンタルだったので、投げ出すこともサボることも沢山ありました。それでも、高校2年生のオープンキャンパスで人生初に出来た志望校に合格するために、適度にサボりつつ自分を律し、最後までやり通しました。その努力は誰にも負けません。大学進学者も身近にほぼ居らず、経済的な理由で塾等や私大受験も出来ないという過酷な環境下での受験は、本当に辛いものでした。しかし、自分で調べて中古で安く仕入れた参考書やYouTubeを上手く活用し、分からない所を学校の先生に質問しまくりました。主要教科は自ら進んでお願いし、3年間個別指導をしてもらいました。その結果、入学時から総合偏差値20近くupしたまま維持することが出来ました。それでも、自分の成績に満足したことは殆どありませんでした。自己肯定感が低く、自分はダメ人間だと思い続け、その分沢山苦しみました。それでも、スタディサプリやYouTube、人との関わりなどを積極的に活用し、モチベーションupの材料にし、食らいつき続けました。

 中学は受験期・テスト3日前以外授業含めほぼ勉強していません。通常ならケータイ依存性で、地頭もいい方ではありません。そんな私でも、高校からの努力で塾なしでも旧帝大に受かることができたんです。その代わり、努力量と苦しみは半端じゃありません。合格の秘訣は、謙虚に、積極的に人や物を頼りながら、自ら学び続けることです。そのためには我慢が必要。私は普通ならケ一タイを12時間やり続けてしまうので、3年からLINEは友達最小限、その他SNSを全て消し、それでもログインしてしまうのを阻止するためにパスワードを超複雑にしました。そうやって、環境作るということも重要です。沢山悩み沢山苦しんだ人間が、どんな形であれ、最後には勝って笑うんです。ずっとしんどかったけど、今の気持ちは最高です!どうか、後悔のない道を歩んでください。



■後輩へのメッセージ


 媚びるつもりは全くないので素直に書きます。尚志の先生は質問攻めしても快く受け入れ、分かるまで解説してくれます。自分が望むなら、個別指導をしてくれます。ネットと先生と参考書をうまく活用できれば十分です。

 自分の人生。やるもやらぬも自分の自由。もし本気でやるなら、大小様々な目標を立てて、一つ一つこなしましょう。メンタルが弱くても大丈夫。色々な人ものを頼ってください。ブレながらも、自分を信じてやり通すこと。ただ、2つだけ。

1.今の恵まれた環境や支えてくれる人に対して、感謝を忘れないでください。支えてくれる人がいなかったら、私はここまで来られませんでした。

2.とことんまで努力しきれたら、最後は運です。たとえ上手く行かずとも、それがあなたの行くべき道です。だから、やり切ったと思えるようにしてください。最後に。1年、2年後にあなたが笑って合格報告出来ますように。勉強以外の高校生活は、全力で楽しんで!





【Shoshi Success Story】

Tohoku University >> (General Entrance Examination)

Department of Education, School of Education


'GRIT? The power to get through?'


General Course Special Academic Advancement Course  Marin Watanabe
(UNESCO Club ・ Graduated from Koriyama Sixth Junior High School)


It was after I entered high school that I started thinking about going to college. I had been living in Tekitou until then, and as I had expected, I fell into a prefectural high school and entered Shoshi High School's special advance course, which was introduced to me by my teacher when I was in junior high school. Why did I pass the entrance examination of Tohoku University, one of the former Imperial Universities, when I had no cram school or correspondence course because my initial grades were mediocre? The answer is because of GRIT.

I continued studying for three years in high school. As I was close to what is called "men-hera" in Japanese, which means losing mental stability, so I gave up and skipped a lot. Even so, in order to pass the entrance exam for my first university in my life on the open campus of my 2nd year of high school, I took some time off and disciplined myself until the end. No one can beat that effort. It was really hard for me to take the entrance examinations in such a harsh environment where there were almost no university students around me and I could not take the entrance examinations for cram schools or private universities due to financial reasons. However, I made good use of the reference books and YouTube that I researched by myself and purchased at a low price from a used store, and I asked school teachers many times about things I didn't understand. I volunteered to teach the main subjects for three years. As a result, we were able to maintain the total deviation value at around 20 from the time of enrollment. Still, I was rarely satisfied with my grades. My self-affirmation was low, and I kept thinking that I was a bad person, so I suffered a lot. Even so, I used study supplements, YouTube, and human relationships to motivate myself and keep eating.

At junior high school, I hardly study, including classes, except during the entrance examination period and 3 days before the test. It is usually dependent on mobile phones, and the land steward is not good. Even so, I was able to enter the former Imperial University without cram school thanks to my efforts from high school. Instead, the effort and the pain are not half. The secret of success is to continue learning by yourself, humbly and actively relying on people and things. You have to be patient for that. Since I usually keep doing it for 12 hours, LINE has deleted the minimum number of friends and all other SNS since the third year, and made the password very complicated to prevent me from logging in even though. It is also important to create an environment in this way. People who have suffered a lot and suffered a lot will eventually win and laugh in any way. I've been having a hard time, but I feel great now! Please take a path that you don't regret.



Message


I have no intention of flattering you, so I will write honestly. Shoshi High School's teacher is willing to accept your questions and explain them until you understand them. If you want, they will give you individual guidance. It will be enough if you can make good use of the Internet, teachers and reference books.

My life. Do as you please. If you really want to do it, set up goals, big and small, and do them one by one. It doesn't matter if you are weak. Please rely on various people. Believe in yourself and stick to it, even if you're not sure. Just two.

1.Don't forget to thank the people who support you and your environment. I couldn't have come this far without someone to support me.

2.If you try your best, you'll be lucky in the end. Even if it doesn't work, that's the way you should go. So try to think you've done it. Finally. I hope you will be able to smile and report your success in a year or two. Enjoy your high school life with all your might except study!

 

2020.8.12 更新

部活動情報(バドミントン部)

福島県高校総体バドミントン競技県中地区大会、兼1年生大会で優勝。


バドミントン部のページへ >>




Won the Fukushima Prefecture High School General Badminton Tournament and First Year Tournament.

2020.8.11 更新

第1回 賞状伝達式

8月6日(木)、第1回賞状伝達式が行われました。

<令和2年度 第1回 賞状伝達式>

<個人の部>
■受賞日 2021.17
■郡山市健康振興財団設立30周年記念事業「ロゴマーク募集」
■成績等 最優秀賞尚志高等学校 情報総合学科デザインコース 3年情報総合科 伊東 冴耶香



<一般の部>
■受賞日 
2021.3.30
■郡山市持続可能な地域づくり活動推進表彰 第1回こおりやまSDGsアワード
■成績等 学生の部 情報総合学科 コンピュータービジネスコース



弓道部>
■受賞日 2021.7.1
■令和2年度福島県南高等学校弓道通信大会
■成績等
 男子団体 第5位 尚志高校B 2年普通科 鈴木 茉弥 菅野 博人 橋本 聖生 小野 瑛斗 堂園 海斗
 女子個人 第3位 尚志高校C 2年普通科 鈴木 夢乃
 女子個人 第4位 尚志高校C 2年普通科 星 侑里香





On August 6th, 1st Award Transmission Ceremony were held.

2020.8.10 更新

保健だより No.2

8月3日に発行された保健だより No.2を紹介します。

・健康診断の結果から
・日本の死因数に含まれていない消えた命
・新型コロナウイルス
・熱中症予防

保健だより2号 >>






The following are the results of the health newsletter #2 published on August 3.
・From the results of the health checkup
・Missing lives not included in the number of deaths in Japan
・Novel Coronavirus
・Prevention of heat stroke

2020.8. 9 更新

8月10日〜8月16日の日程

【朝学】

10(月)

山の日
・寮閉鎖(13:00~)
 SBの運行なし

11(火)

指定休
 SBの運行なし

12(水)

指定休
 SBの運行なし

13(木)

指定休
 SBの運行なし

14(金)

指定休
 SBの運行なし

15(土)

週休
 SBの運行なし

16(日)

 SBの運行なし

 


【スクールバス略記号】
■登校用(月~金曜日)
①系統 本宮・日和田・富久山・うねめ通り方面
②系統 喜久田・富田・八山田方面
③系統 さくら通り、郡山駅経由、うねめ通り方面
④系統 学校発、静御前通り方面
⑤系統 緑ヶ丘・安積永盛方面
⑥系統 泉崎・矢吹・鏡石・須賀川方面

■登校用(第1・3・5土曜日の授業日)・長期休業中(登校指定日)
①系統 本宮・日和田・富久山・うねめ通り方面
②系統 喜久田・富田・八山田方面
⑥系統 泉崎・矢吹・鏡石・須賀川方面
A系統 緑ヶ丘始発、郡山駅発、文化通り方面

■登校用(第2・4土曜日、日曜日、祝日、長期休業中の休業日)
⑥系統 泉崎・矢吹・鏡石・須賀川方面
B系統 本宮・日和田・富久山・郡山駅・うねめ通り方面

■下校用 平日【月~金曜日】
●15:40発...月・水・金曜日 ※課外授業実施日は16:35発に変更
①系統「本宮」方面:学校 → (うねめ通り) → 日和田・ 富久山 → 本宮
②系統「喜久田」方面:学校 → 富田 → 喜久田
変形③系統「郡山駅」方面:学校 → (文化通り) → 郡山駅
変形⑤系統「緑ヶ丘」方面:学校 → (南インター線) → 安積永盛駅 → (4号線) → 郡山駅 → 緑ヶ丘
⑥系統「泉崎・矢吹・鏡石・須賀川」方面:学校 → 須賀川市内 → 鏡石駅 → 矢吹 → 泉崎

●16:00発...月・水・金曜日 ※課外授業実施日は16:35発に変更
変形④系統「郡山駅」方面:学校 → (文化通り) → 郡山駅

●16:15発...火・木曜日
①系統「本宮」方面
②系統「喜久田」方面
変形③・④系統「郡山駅」方面
変形⑤系統「緑ヶ丘」方面
⑥系統「泉崎・矢吹・鏡石・須賀川」方面

18:45発 月~金曜日(郡山駅下車の人数が多い場合は1系統で対応)
①系統「本宮」方面
②系統「喜久田」方面
変形⑤・⑥系統

●土曜授業日【第1・3・5土曜日】
13:00発
①系統「本宮」方面
②系統「喜久田」方面
A系統「緑ヶ丘」方面
⑥系統「泉崎・矢吹・鏡石・須賀川」方面

●17:00発
①系統「本宮」方面
②系統「喜久田」方面
A系統「緑ヶ丘」方面
⑥系統「泉崎・矢吹・鏡石・須賀川」方面

●休業日【第2・4土曜日・日曜日・祝日】
15:00発
B系統「郡山駅・本宮」
⑥系統「泉崎・矢吹・鏡石・須賀川」方面

2020.8. 8 更新

休業前指導・第1回賞状伝達式

8月6日(木)、休業前指導と第1回賞状伝達式が行われました。
感染症予防のため各教室でライブ配信により実施されました。

2020.08.06_presummer_ break_instruction.jpg

 

<令和2年度 第1回 賞状伝達式>

<個人の部>
■受賞日 2021.17
■郡山市健康振興財団設立30周年記念事業「ロゴマーク募集」
■成績等 最優秀賞尚志高等学校  情報総合学科デザインコース 3年情報総合科 伊東 冴耶香



<一般の部>
■受賞日 
2021.3.30
■郡山市持続可能な地域づくり活動推進表彰 第1回こおりやまSDGsアワード
■成績等 学生の部 情報総合学科 コンピュータービジネスコース



弓道部>
■受賞日 2021.7.1
■令和2年度福島県南高等学校弓道通信大会
■成績等
 男子団体 第5位 尚志高校B 2年普通科 鈴木 茉弥 菅野 博人 橋本 聖生 小野 瑛斗 堂園 海斗
 女子個人 第3位 尚志高校C 2年普通科 鈴木 夢乃
 女子個人 第4位 尚志高校C 2年普通科 星 侑里香





On August 6th, pre-summer break instruction and 1st Award Transmission Ceremony were held.
General instruction was live-streamed to each classroom to help prevent the spread of novel coronavirus.

2020.8. 7 更新

特進コース探究活動(福島民報新聞)

特進コースの探究学習プレゼン発表の決勝戦が7月28日に行われました。

【関連記事】>>

2020.07.31_minpo.jpg



The finals of "Kokorozasi Project Presentation" for the special course were held on July 28.

2020.8. 5 更新

卒業生の活躍(鹿島アントラーズ)

今春の卒業生 染野 唯月選手 >> が、鹿島アントラーズチャンネル stand.fm >>  でファンから寄せられた質問に回答(1分07秒〜3分25秒)しています。

「座右の銘は?」という質問には、仲村 浩二 監督から教わった言葉『前後裁断』と答えています。またU-19日本代表合宿に参加しての感想についても述べられています。







This spring graduate, Itsuki Someno answers questions from fans on  、Kashima Antlers Channel stand.fm >>  (from 1m07s to 3m25s).

"What's your motto?" In response to the question, he answered "Cutting Back and Forth", a phrase he learned from football coach Koji Nakamura.
He also talked about his impressions of the U-19 National Team Training Camp.




2020.8. 4 更新

卒業生の活躍(立教大学)

立教大学3年の栗田 涼音 さん(郡山第五中出身)がオープンキャンパスの学生スタッフとして活躍しています。

立教大学 2020 オンラインオープンキャンパス >>


【配信期間】2020年8月1日(土)~31日(月)

【視聴手順】
(1)「詳細を見る」をクリック→登録後、ログイン(テレメールのIDも使用可能)
(2)「プログラム」をクリック→「キャンパスツアー 新座編」

2020.08.03_rikkyo_university.jpg



Suzune Kurita (graduated from Koriyama 5th Junior High School), a 3rd-year student at Rikkyo University, works as a student staff member on the open campus.


 

2020.8. 3 更新

一般の方・卒業生からの贈り物

 7月31日に 株式会社SENYO >> 代表取締役 中村 祐紀 様、ダイセイ工業株式会社 >> 代表取締役 渡邉 克己 様(写真左、本校卒業生)より、寮生のためにアルコールジェルをいただきました。温かいご支援を頂戴し心より感謝申し上げます。


2020.07.31_supporter.jpg





On Friday, we received alcohol gels for the students from SENYO and Daisei Corporation.
The alcohol gel will be used for both the boys' and girls' dorms.  Thank you for your warm support.

2020.8. 2 更新