学校法人尚志学園 尚志高等学校〒963-0201 郡山市大槻町字坦ノ腰2番地TEL: 024-951-3500  FAX : 024-962-0208

スク−ルバス路線バス

Loading

●バスケットボール部

一覧へ戻る

部活動紹介(バスケットボール部)

男子バスケットボール部

 私たち男子バスケットボール部は、二年生四名、一年生十四名、マネージャー三名の総勢二十一名で、伊藤先生、橋本先生のご指導のもと、日々練習に励んでいます。
 男子バスケットボール部の目標は、「県大会出場」です。現在は、チームとしての課題も多く、試合で勝つためには部員一人一人が当たり前のことを当たり前にやれる技術面での向上と精神面での成長が必要だと考えています。そこで普段は、シュートやドリブル、パッシングといった基礎的な練習に取り組むと共に、朝の清掃活動や挨拶、服装など、尚志高校生として正しい行動ができるよう努力しているところです。また、激しいディフェンスからの速攻で点を取ることをチーム戦略のテーマとして部員全体で取り組んでいます。そのため、一対一でのディフェンスで負けないようにフットワーク練習を通して下半身の強化を図ったり、当たり負けをしない体を作るために、ウェイトトレーニングを行ったり、攻守の素早い切り替えと持久力強化のための走る練習を意識的に取り組んでいます。更に今年度から朝練も取り入れ、シュート力の強化にも努めています。
 このチームでバスケットボールができるのもあと数ヶ月です。苦しい練習も多く、弱い気持ちに負けそうになることもありますが、大好きなバスケットボールができることに感謝の気持を忘れず、一緒に練習に励む仲間のために、そして、チームの勝利に貢献するために、部員一人一人が一日一日の練習を全力で取り組み、チームの目標を達成できるように努力精進したいと思います。

( 白 渡 尚 志 )


女子バスケットボール部

 私たち女子バスケットボール部は二年生二名、一年生六名、マネージャー二名の計十名で活動しています。少ない人数ですがとてもチームワークの良いチームです。
 普段の練習では意味のある練習となるよう、一人一人が目標をもって取り組んでいます。体力向上のため走り込みをしたり、シュート率を高めるためシュート練習をしたり何事にも本気で頑張っています。
 顧問の小先生は厳しい時もありますが、チームのことをよく考えて下さり、チームの課題や個人の課題に合わせてアドバイスして下さいます。アドバイスだけではなく今の私たちに必要なオフェンス力、ディフェンス力を身につけるためのメニューも作って下さいます。副顧問の藤田かおる先生も私たちのことを一生懸命指導して下さいます。このようにすばらしい二人の先生に恵まれ私たちは課題を達成させようと日々努力しています。
 今、女子バスケットボール部の目標は県大会に出場することです。目標を達成させるためには辛い時もありますが一人も欠けることなく全員でバスケをすることが一番大切だと思います。又、他のチームより多くの体力、精神力をつける必要があり一人一人が今まで以上に意識して練習に取り組まなければなりません。努力を怠らず、辛い練習にも全力を尽くしチーム一丸となって目標達成を目指して頑張っていきたいです。

( 畠 山 稚 菜 )


(平成29年3月発行 たいぼく 部活動紹介のページより)

2017.3.22 更新

平成28年度 活動成績一覧

■■第62回福島県高等学校体育大会バスケットボール競技県南地区予選会
■平成28年5月14日~5月16日
■白河高校、白河旭高校、白河実業高校
■男子団体 代表決定戦敗退
3G 渡邉  快  3G 三瓶 雅貴
3G 尾形  潤  3G 影山 皓亮
3G 太田 尚輝  3G 田茂健太郎
3G 鹿又  透  3G 宗形 怜真
3G 青木 虹弥  3G 佐藤 祥太
3G 高橋 裕太  2G 土屋 拓夢
2G 白渡 尚志  2G 山田 昂平
2G 赤坂 大成  2G 佐々木拓郎
■女子団体 代表決定戦敗退
3I 栗城 桃奈  3G 佐々木 舞
3G 鈴木 瑶子  3G 馬場 瑞季
3G 髙根沢愛美  3G 石井 綾香
2G 畠山 稚菜  2G 川合多加子
1G 遠藤 優寧  1G 鈴木 愛菜
1G 滝田 英莉  1G 佐々木玲奈
1G 影山 綾音


■■第69回福島県総合体育大会バスケットボール競技県南地区予選会
■平成28年6月18日~20日
■清陵情報高校、須賀川高校、須賀川桐陽高校
■男子団体 代表決定戦敗退
2G 土屋 拓夢  2G 白渡 尚志
2G 佐々木拓郎  2G 赤坂 大成
2G 山田 昂平  1G 鈴木 隆司
1G 岡部 拓朗  1G 関根康太郎
1G 新宮 星也  1G 元井 俊介
1G 鈴木 翔太  1G 生田目大地
1G 寺島  蓮  1G 清水 優斗
1G 眞狩  歩  1G 渡辺 浩志
1G 髙橋 祐太  3G 佐藤 祥太
■女子団体 代表決定戦敗退
2G 畠山 稚菜  2G 川合多加子
1G 佐久間美希  1G 遠藤 優寧
1G 鈴木 愛菜  1G 滝田 英莉
1G 佐々木玲奈  1G 影山 綾音


■■第53回福島県選抜高等学校バスケットボール選手権大会県南地区予選会
■平成28年9月3日~5日
■郡山北工業高校、郡山商業高校、安積高校
■男子団体 代表決定戦敗退
2G 土屋 拓夢  2G 白渡 尚志
2G 佐々木拓郎  2G 赤坂 大成
2G 山田 昂平  1G 鈴木 隆司
1G 関根康太郎  1G 岡部 拓朗
1G 牧野  翼  1G 新宮 星也
1G 元井 俊介  1G 橋本 拓海
1G 清水 優斗  1G 生田目大地
1G 鈴木 翔太  1G 渡辺 浩志
■女子団体 代表決定戦敗退
2G 畠山 稚菜  2G 川合多加子
2G 品川 裕希  1G 佐久間美咲
1G 佐久間美希  1G 遠藤 優寧
1G 鈴木 愛菜  1G 滝田 英莉
1G 佐々木玲奈  1G 影山 綾音


■■平成28年度 県南高等学校バスケットボール1年生大会
■平成28年9月10日~11日
■田村高校、船引高校
■男子団体 代表決定戦敗退
1G 鈴木 隆司  1G 関根康太郎
1G 新宮 星也  1G 岡部 拓朗
1G 牧野  翼  1G 元井 俊介
1G 橋本 拓海  1G 清水 優斗
1G 生田目大地  1G 鈴木 翔太
1G 渡辺 浩志  1G 髙橋 祐太


■■第55回福島県新人体育大会バスケットボール競技県南地区予選会
■平成28年12月17日~19日
■郡山高校、あさか開成高校、郡山東高校
■男子団体 代表決定戦敗退
2G 白渡 尚志  2G 佐々木拓郎
2G 赤坂 大成  2G 山田 昂平
1G 関根康太郎  1G 新宮 星也
1G 牧野  翼  1G 鈴木 翔太
1G 橋本 拓海  1G 岡部 拓朗
1G 元井 俊介  1G 鈴木 隆司
1G 生田目大地  1G 清水 優斗
1G 髙橋 祐太  1G 渡辺 浩志
1G 佐久間由輔
■女子団体 代表決定戦敗退
2G 畠山 稚菜  2G 川合多加子
2G 品川 裕希  1G 佐久間美咲
1G 佐久間美希  1G 遠藤 優寧
1G 鈴木 愛菜  1G 滝田 英莉
1G 佐々木玲奈  1G 影山 綾音


■■第19回県南男女総合バスケットボール選手権大会
■平成29年1月23日~24日、28日
■日大東北高校、安積黎明高校、尚志高校
■男子団体 代表決定戦敗退
2G 白渡 尚志  2G 佐々木拓郎
2G 赤坂 大成  2G 山田 昂平
1G 関根康太郎  1G 新宮 星也
1G 牧野  翼  1G 鈴木 翔太
1G 橋本 拓海  1G 岡部 拓朗
1G 元井 俊介  1G 鈴木 隆司
1G 生田目大地  1G 清水 優斗
1G 髙橋 祐太  1G 渡辺 浩志
1G 佐久間由輔


【備考】
◆記号の味方  1G...1年普通科  1I...1年情報総合科
◆ご利用のブラウザにより氏名の一部が表示されない場合がございますのでご了承下さい。




2017.3. 8 更新

新入生の皆さんへ

男子バスケットボール部


私たち男子バスケットボール部は、二年生十一名、一年生五名、マネージャー二名の総員十八名で深谷先生、八巻先生、ジェイソン先生のご指導のもと日々練習に励んでいます。
男子バスケットボール部は、「県大会出場」を目標に女子バスケットボール部と共に体育館で練習しています。それ以外の時間は体力トレーニングや、上半身・下半身の筋力トレーニングを行っています。体育館練習では主に、深谷先生や八巻先生が担当し、体力トレーニングでは、深谷先生やジェイソン先生が担当してくださっています。筋力トレーニングでは、ジェイソン先生と共に「ジェイトレ」を行っています。
この新チームは他のチームと比べてみんな背が低いため、激しくディフェンスをし速攻で点を取るといった「堅守速攻」を目標にチーム全体で取り組んでいます。また、フィジカル面やメンタル面の強化も積極的に行っています。週に一度のウェイトトレーニングでも全員が集中して行っています。去年のチームは、体育館の工事があり思うように練習できませんでしたが、今年のチームは良い環境で練習することができています。また毎日体育館を使用できることに感謝をするとともに、このチームでバスケをすることの出来る残りの数ヶ月間、日々の練習に全力で取り組むことでチームの目標を達成できるよう、頑張っていきたいと思います。

(渡邉快)



女子バスケットボール部


私たち女子バスケットボール部は、少人数ではありますが顧問の小柳先生と真寿美先生のご指導のもと毎日練習に励んでいます。
女子バスケットボール部は部員の人数が少なく限られた練習しか出来ない時も多いですが、一人一人が自分が何を頑張らなければならないのかをよく考え、基礎的な練習にも全力で取り組んでいます。また、私たちは部員が少なく試合形式の練習をする機会がほとんどないので、土日に行う練習試合で一試合、一試合を大切に戦い、日々の練習に少しでも活かせるよう努力しています。
今のチームに必要なのは、体力をつけシュート率をあげることだと思います。私たちは、ほとんどの人が一試合をフルで出場しなければならないので、プレーヤー全員が四十分間走り続けられるように走りのメニューも手を抜かずに取り組み持久力をつけていきたいと思います。また、空いている時間を見つけて積極的にシューティングをし、今よりシュート率を上げるように努力していきたいです。
このチームでバスケが出来るのもあと五ヶ月です。少しでも長くみんなとバスケが出来るように、残りの時間を無駄にしないよう一日一日の練習を大切にしていきたいと思います。

(栗城桃奈)

2016.3. 7 更新

新入生のみなさんへ

男子バスケットボール部

 私達男子バスケットボール部は、二年生十五名、一年生十五名の総員三十名で八巻先生、巨泉先生、ジェイソン先生のご指導のもと火曜日以外に活動しています。

 男子バスケットボール部は、「地区大会ベスト4に入り県大会出場」を目標に女子バスケットボール部と体育館を交代しながら練習し、それ以外の時間は体力トレーニングや、上半身・下半身の筋力トレーニングを行っています。体育館練習は主に、八巻先生が担当し、体力トレーニングと、ストレッチは巨泉先生が担当して、筋力トレーニングをジェイソン先生が担当しています。

 今のチームは、代替わりが早く、夏休み前ぐらいには今の新チームとなってしまいました。この新チームはみんな背が小さいので、ディフェンスを頑張って速攻を出すといった「堅守速攻」のチームを目指しています。しかし六月から十二月まで第一体育館の耐震工事があり、トレーニングが多くなってしまい、思うような練習ができませんでした。しかし、体育館の工事も終わり、良い環境の中で練習できるようになったので、今のチームでバスケをすることが出来る残りの数ヶ月間、日々の練習に全力で取り組みことで目標を達成できるよう、頑張って行きたいと思います。  

(芳賀健太郎)



女子バスケットボール部

 私たち女子バスケットボール部は、二年生六人、一年生八人の十四人で顧問の小柳先生と真寿美先生の指導のもと日々練習に励んでいます。

 普段の練習では、課外などでなかなか人数が集まらず限られたメニューしかできない時もありますが、基礎的な練習を取り入れながら、リームとしてのプレーができるように、一人一人が雰囲気をつくることを考え、何事にも本気で頑張っています。また、毎朝分担して正面玄関の掃除をやっています。 小柳先生は、厳しい一面もありますが、大会が終わった後に提出する反省文のもとチーム全体の課題や個人の課題を克服するためのメニューや、今のチームに必要なオフェンス力、ディフェンス力をつけるアドバイスをして下さいます。また真寿美先生には、私達にけがをしないようにと言い、練習を見て下さいます。このように素晴らしい先生に恵まれ、日々練習を大切にしています。

 今のチームでバスケができるのも短くて五ヵ月です。目標を達成させるためにも一人も欠けることなく一人一人が意識して練習をやり、今まで以上に一歩前進することを考え、残りの時間を無駄にしなように目標達成を目指し頑張っていきたいです。  

(有賀史乃)

2015.3.16 更新

新入生のみなさんへ

<男子バスケットボール部>

 

 私達男子バスケットボール部は、顧問の八巻先生、副顧問の巨泉先生とジェイソン先生のもと、日々の練習に励んでいます。部員数は二年生が八人で一年生が十六人と総員二十四人で活動しています。

 私達は、基本的に火曜日以外に練習しています。体育館は女子バスケットボール部と交代しながら使っているため、体育館での練習は一時間半ほどしか使えません。そのため、残りの時間は、体力トレーニングや、上半身・下半身の筋力トレーニングを行っています。体育館練習は主に八巻先生が担当し、体力トレーニングと、ストレッチは巨泉先生が担当して、筋力トレーニングをジェイソン先生が担当しています。最近では、よくジェイソン先生の友人であるブライアンさんが基本的な足の使い方などを指導してくださいます。

 今のチームは、代替わりが早く、夏休みの前ぐらいには今の新チームになっていました。昨年に比べ人数も多く、背も高く、技術もあると思います。しかし、昨年よりも結果を出していません。目標である県大会に出場するというのも、達成することができませんでした。バスケをするのにもだんだんと良い環境になってきたと思います。今のチームでバスケができるのも長くて七ヶ月、短くて五ヶ月になってしまいました。目標達成のために、一人一人が自分に必要なことを明確にし残りの期間を無駄にしないように頑張りたいと思います。 

( 渋 川 英 司 )

 


<女子バスケットボール部>

 

 私たち女子バスケットボール部は、二年生五人、一年生六人、計十一人と他の部活に比べ、少ない人数ですが毎日休まず練習に励んでいます。

 普段の練習では、人数が少ないために限られたメニューしかできませんが、基礎的な練習を取り入れながら、チームとしてのプレーができるように、一人一人が雰囲気をつくることを考え、何事にも本気で頑張っています。体力向上のために走り込みをしたり、シュート率を高めるための練習をし、レベルアップを目指しています。

 顧問の小栁先生は、厳しい一面もありますが、チーム全体の課題をや個人の課題を克服するためのメニューや、今のチームに必要なオフェンス力、ディフェンス力をつけるアドバイスをして下さいます。今年から新しく副顧問として来て下さった真寿美先生は、私達にけがをしないようにと言い、練習を見ていて下さいます。このように素晴らしい先生に恵まれ、日々練習を大切にしています。

 今のチームの目標は、チーム一丸となって県大会に出場することです。目標を達成させるためには、十一人全員で、一人も欠けることなくバスケをすることが一番大切だと思います。又、他のチームよりも、多くの体力、精神力を鍛える必要があり、一人一人が意識して練習をやることです。今まで以上に一歩前進することを考え、努力を怠らずに全力を尽し、目標達成を目指し頑張っていきたいです。 

( 新 沼 あさひ )

2014.3. 5 更新

We are basketball players!

ジェイソン先生も教えるバスケットボール部。
日本のやり方とともに海外のプレースタイルも身につけています!
専門用語は万国共通。バスケ部の公用語は英語になりました。
 
2013.10.24_basketball.jpg


 

2013.10.24 更新

一年生大会で初のベスト4

9月7日(土)~8日(土)に行われた平成25年度県南高等学校バスケットボール一年生大会において、本校初のベスト4になりました。2年生も声がかれるほど応援をしていて、チーム一丸となった結果だと思います。これからがとても楽しみなチームです。


その一週間前に行われた選抜県南地区予選では惜しくも県大会出場はなりませんでしたが、1年生・2年生とも仲が良く、とても良い雰囲気で練習をしていて、これからの成長が期待できます。新人戦では県南地区優勝を目指して練習に励んでいきたいと思います。

 

2013.09.11_basketball.jpg

 

 

2013.9.11 更新

新入生のみなさんへ

男子バスケットボール部

 

 男子バスケットボール部は、二年生六名、一年生十三名、マネージャー二名が顧問の八巻智洋先生のご指導のもと、毎日一生懸命に練習に励んでいます。


 昨年は少なかった人数も、今年は一年生が多く入ってきてより充実した練習ができるようになりました。練習は辛く厳しいものがありますが互いに切磋琢磨し合い、シュートの成功率、フットワークの向上を目指し頑張っています。

 

 夏には千葉へ遠征に行きました。他県の高校生と練習することはとても良い経験となり、身体面・精神面と共に鍛えることができました。そんな経験があってか、九月の選抜大会地区予選では一度は負けてしまったものの、代表決定で接戦を制し勝ち上がることができ、県大会出場を決めることができました。これらを達成することができたのは保護者や先生、OBの人たちの協力があってこその達成です。

 

 今、バスケットボール部は県大会に出場したという自覚を持ち、胸を張れる部活動を行い県ベスト4に入ることを目標に日々努力しています。そのために、今まで以上に基礎能力を身につけ、体力作りに励んでいかなければなりません。辛い時もありますが、チーム一丸となって諦めることなく頑張っていきたいです。一歩一歩前進し良い雰囲気を作れるよう努め、全力を尽くせる「楽しく真剣なバスケ」をやっていきたいと思います。

 

 バスケはとても楽しいです。そして勝つことで、より一層楽しさが増します。そんなバスケで楽しさ、喜びを一緒に感じながら活動してみませんか。

2013.03.03_basketball_men.jpg


 

(菊池 亮介)

 

 

 


女子バスケットボール部


 私たち女子バスケットボール部は、二年生一人、一年生六人、計七人という、とても少ない人数で活動しています。ですが、とてもチームワークの良いチームです。

 

 普段の練習では、人数が少ないために限られたメニューしかできませんが、一人一人が雰囲気をつくることを考え、充実した練習をし、何事にも本気で頑張っています。体力向上のために走り込みをしたり、シュート率を高めるための練習をし、レベルアップを目指しています。

 

 顧問の小柳先生は、厳しい一面もありますが、チーム全体の課題や個人の課題を克服するためのメニューや、今のチームに必要なオフェンス力、ディフェンス力をつけるアドバイスをして下さいます。このように素晴らしい先生に恵まれ、チームの目標と個人の目標を達成させるために、日々向上心を大切にしています。

 

 今のチームの目標は、チーム一丸となって県大会に出場することです。目標を達成させるためには、七人全員で、一人も欠けることなくバスケをする事が一番大切だと思います。又、他のチームよりも、多くの体力、精神力を鍛える必要があり、一人一人が意識してやるしかありません。今まで以上に一歩前進することを考え、努力を怠らずに全力を尽し、チーム一丸となって、目標達成を目指し頑張っていきたいです。

 (佐川 茉里奈)

 

たいぼく47号(平成25年3月3日発行)

2013.3. 4 更新

尚志高等学校 創立50周年記念フォトギャラリー