学校法人尚志学園 尚志高等学校〒963-0201 郡山市大槻町字坦ノ腰2番地TEL: 024-951-3500  FAX : 024-962-0208

スク−ルバス路線バス

Loading

●ワンダーフォーゲル部

一覧へ戻る

部活動紹介(ワンダーフォーゲル部)

 ワンダーフォーゲルという言葉は、聞き慣れない部と思う人も多いと思いますが、ヨーロッパが発祥の地で、『渡り鳥』の意味を持ち、大自然を渡り鳥のように自由に渡り歩くという意味の言葉です。登山部・山岳部というわかりやすいと思いますが、私たちの部活動は、山登りだけを目的にしているわけではありません。自然との共生を第一の目的にしながら、自然から様々なことを学んでいく部活動です。
 普段の活動は、市内のクライミングジムを使用しながら、クライミング、ボルダリングの技術向上を中心とした個人練習を中心とした活動を行っています。活動場所が学校から離れたところにあるため、なかなか思うように活動できない状況にありますが、今年は、クライミングの部門で国体の福島県代表として出場を果たすなど、実績を積み上げることができたのは、自分たちの努力の成果だと思います。また、クライミングが、2020年東京オリンピックの種目になったこともあり、競技人口が増加し始め、部員それぞれがこれまでの練習以上に技術向上に努力しなければならないと考えています。
 来年度も更なる技術向上に励み、上位大会出場を目指していきたいと思っています。また、夏季休業中には尚志浜路キャンプ場で野外活動、冬期休業中には山岳スキーの技術向上と自然に触れあう機会も予定しています。今後も、計画的な活動を実施していきたいと思っているので、後輩の皆さん、ワンゲル部をよろしくお願いします。 

( 坂 本 明 李 )


(平成29年3月発行 たいぼく 部活動紹介のページより)

2017.4. 6 更新

平成28年度 活動成績一覧

■■第43回東北総合体育大会 山岳競技 ボルダリング競技
■少年女子 第2位 2G 坂本 明季


■■第43回東北総合体育大会 山岳競技 リード競技
■少年女子 第3位 2G 坂本 明季


【備考】
◆記号の味方  1G...1年普通科  1I...1年情報総合科
◆ご利用のブラウザにより氏名の一部が表示されない場合がございますのでご了承下さい。

2017.3.20 更新

新入生の皆さんへ

ワンダーフォーゲル部

ワンダーフォーゲルという言葉は、聞き慣れない部と思う人も多いと思いますが、ヨーロッパが発祥の地で、『渡り鳥』の意味を持ち、大自然を渡り鳥のように自由に渡り歩くという意味の言葉です。登山部・山岳部というとわかりやすいと思いますが、私たちの部活動は、山登りだけを目的にしているわけではありません。自然との共生を第一の目的にしながら、自然から様々なことを学んでいく部活動です。
普段の活動は、市内のクライミングジムを使用しながら、クライミング、ボルダリングの技術向上を中心とした個人練習を中心とした活動を行っています。活動場所が学校から離れたところにあるため、なかなか思うように活動できない状況にありますが、このような状況でも、クライミングの部門で東北大会出場を果たすなど、実績を積み上げることができたのは、自分たちの努力の成果だと思います。
来年度も技術向上に励み、上位大会出場を目指していきたいと思っています。また、夏期休業中には尚志浜路キャンプ場で野外活動、冬期休業中には山岳スキーの技術向上と自然に触れあう機会を予定しています。自然を大切にし、自然と人間が共生するための知識と心がけを持って活動する部活動でもあるので、部員一人一人が自然を愛する心を持って活動しています。今後も、クライミング、ボルダリングの技術向上のみならず、計画的な活動を実施していきたいと思っているので、後輩の皆さん、ワンゲル部をよろしくお願いします。

(渡辺美里)

2016.3.23 更新

新入生の皆さんへ

ワンダーフォーゲル部

 ワンダーフォーゲルという言葉は、聞きなれない部と思う人も多いと思いますが、ヨーロッパが発祥の地で、『渡り鳥』の意味を持ち、大自然を渡り鳥のように自由に渡り歩くという意味の言葉です。登山部・山岳部というとわかりやすいと思いますが、私たちの部活動は、山登りだけを目的にしているわけではありません。自然との共生を第一の目的にしながら、自然から様々なことを学んでいく部活動です。

 普段の活動は、市内のクライミングジムを使用しながら、クライミング、ボルダリングの技術向上を中心とした個人練習を中心とした活動を行っています。活動場所が学校から離れたところにあるため、なかなか思うように活動できない状況にありますが、このような状況でも、先輩方は輝かしい成績を残してきました。

 来年度も先輩たちを見習って技術向上に励み、上位大会出場を目指していきたいと思っています。また、夏期休業中には尚志浜路キャンプ場で野外活動、冬期休業中には山岳スキーの技術向上と自然に触れ合う機会を予定しています。自然を大切にし、自然との人間が共生するための知識と心がけを持って活動する部活動でもあるので、部員一人一人が自然を愛する心を持って活動していきたいと思っています。

 今後も、クライミング、ボルダリングの技術向上のみならず、計画的な活動を実施して行きたいと思っています。先輩方お疲れさまでした。そして、新入生の皆さん、ワンゲル部をよろしくおねがいします。

(村田玲央)

2015.3.29 更新

新入生のみなさんへ

 ワンダーフォーゲルという名前は、聞き慣れないと思う人も多いと思いますが、ヨーロッパが発祥の地で『渡り鳥』の意味を持ち、大自然を渡り鳥のように自由に渡り歩くという意味の言葉です。登山部・山岳部というとわかりやすいと思いますが、私たちの部活動は、山登りだけを目的にしているわけではありません。自然との共生を第一の目的にしながら、自然から様々なことを学んでいく部活動です。

 普段の活動は、主にクライミング、ボルダリングの技術向上が中心となっています。また、活動場所が学校から離れた市内富久山にあるクライミングジムになるので、なかなか思うように活動できない状況にあります。しかし、このような状況でも特に今年度は、部長である三年生女子の先輩が東北総体クライミング競技への出場と共に、東京東久留米市で開催された国体にも福島県代表選手として出場を果たしました。来年度も先輩を見習って連続出場を目指し、男子部員も女子に負けないように頑張っていきたいと思っています。また、夏期休業中には尚志浜路キャンプ場で野外活動、冬期休業中には山岳スキーの技術向上と自然に触れ合う機会を作っています。今年は冬の活動はできませんでしたが、自然を大切にし、自然と人間が共生するための知識と心がけを持って活動する部活動でもあるので、部員一人一人が自然を愛する心を持って活動していきたいと思っています。

 今後も、クライミング、ボルダリングの技術向上のみならず、計画的な活動を実施していきたいと思っています。先輩方お疲れ様でした。そして、新入生の皆さん、ワンゲル部をよろしくお願いします。 

( 村 田 玲 央 )

2014.3.18 更新

新入生のみなさんへ

ワンダーフォーゲル部

 

ワンダーフォーゲルという言葉は、聞き慣れない部と思う人も多いと思いますが、ヨーロッパが発祥の地で、『渡り鳥』の意味を持ち、大自然を渡り鳥のように自由に渡り歩くという意味の言葉です。登山部・山岳部というとわかりやすいと思いますが、私たちの部活動は、山登りだけを目的にしているわけではありません。自然との共生を第一の目的にしながら、自然から様々なことを学んでいきたいと思っています。


普段の活動は、主にクライミング、ボルダリングの技術向上に向けて頑張っています。活動場所が市内富久山にあるクライミングジムに行かなければなりません。ジムは学校から離れたところにあるので、なかなか思うように活動できない状況にありますが、これらの競技は高度な技術が必要で、福島県のレベルも高いので、活動する場所が遠くても部員それぞれが頑張っています。特に今年度は、秋田で開催された国体クライミング競技東北大会少年女子の部に二年生が一名福島県代表として出場し三位を獲得しました。来年度も連続出場を目指し、更なる技術向上のために頑張っていきたいと思っています。また、冬期休業中には冬合宿を実施し、山岳スキーの技術向上と自然に触れあう機会を作っています。そして、自然を大切にし、自然と人間が共生するための知識と心がけを持って活動する部活動でもあるので部員一人一人が自然を愛する心を持って活動しています。

 

今後は、今まで以上に自然に触れあうために、計画的に活動をしていきたいと思っています。先輩方お疲れさまでした。そして、新入生の皆さん、ワンゲル部をよろしくお願いします。


(鈴木 菜友)
たいぼく47号(平成25年3月3日発行)

 

2013.3.14 更新

尚志高等学校 創立50周年記念フォトギャラリー