学校法人尚志学園 尚志高等学校〒963-0201 郡山市大槻町字坦ノ腰2番地TEL: 024-951-3500  FAX : 024-962-0208

スク−ルバス路線バス

●自然科学部

一覧へ戻る

令和2年度活動成績

●福島県高等学校文化連盟自然科学専門部 県南支部生徒理科研究発表会
  研究題目「尚志高校の活動場所による打ち水効果の違い」
  令和2年11月14日 日本大学東北高等学校
    優良賞
2G5 橋本 幸奈  2G10 松田 美月
2G11 児玉 碧胡


●第39回福島県高等学校総合文化祭自然科学部門発表撮影会
  令和2年11月23日 日本大学東北高等学校


●第39回福島県高等学校総合文化祭自然科学部門
  令和2年12月12日 湯本高校 (撮影動画で発表)
  研究題目「尚志高校の活動場所による打ち水効果の違い」
    奨励賞
2G5 橋本 幸奈  2G10 松田 美月
2G11 児玉 碧胡

2021.3.21 更新

県南支部生徒理科研究発表会

11月14日・23日に理科研究発表会に参加し、県南大会では地学部門で優良賞をいただきました。

2020.12.02_natural_science-1.jpg2020.12.02_natural_science-2.jpg

論文集用に提出した原稿はこちら click >>



1.大会名  令和2年度福島県高等学校文化連盟自然科学専門部 県南支部生徒理科研究発表会
       第39回福島県高等学校総合文化祭自然科学部問発表撮影会

2.主催者  福島県高等学校文化連盟 自然科学専門部
       福島県高等学校文化連盟 自然科学専門部 県南支部

3.期 日  令和2年11月14日(土)...県南大会
       令和2年11月23日(月)...発表撮影会
       令和2年12月12日(土)...県大会(録画で参加)

4.会 場  日本大学東北高等学校

5.研究発表 県南大会では 物理部門9件 化学部門5件 生物部門14件 地学部門4件
       ポスター部門10件の発表がありました。

       県大会では物理部門21件 化学部門18件 生物部門28件
       地学部門12件 ポスター部門40件 発表予定

6.本校研究テーマ:地学部門「 尚志高校の活動場所による打ち水効果の違い  」
      2年普通科 橋本 幸奈 ・ 松田 美月 ・ 児玉 碧胡【3名共同研究】


今年度の県南大会は、県大会のリハーサルを兼ねており、県大会には、各地区ごとに行われた発表撮影会で撮影した録画で参加し、12月12日に審査が行われます。


Science Research Presentation


We participated in science research presentations on November 14 and 23, and received an award of excellence in the geology category at the prefectural south competition.

Our research theme is "Difference in water-sprinkling effect by activity site at Shoshi High School" by Yukina Hashimoto, Mitsuki Matsuda and Ako Kodama [3 students joint research].

This year's prefectural meeting served as a rehearsal for the prefectural meeting, and we participated in the prefectural meeting with the recordings made at the presentation filming sessions held in each region, and the judging will be held on December 12.

2020.12. 2 更新

部活動紹介

 私たち自然科学部は、身近で感じた疑問などをテーマとして調査研究することを主な活動としており、各自が興味を持ったことを自由に研究しています。活動場所は、C校舎一階の物理準備室です。部屋では多肉植物を育てています。水やりや植物の手入れも活動の一つです。手入れが良かったのか、大きく育って花を咲かすことができました。

 四月下旬には、毎年県で開催される理科研究活動の講習会に参加しています。大学教授の講演や分科会に分かれての研修があり、他校との交流も図ります。

 最近の研究内容としては「筋肉トレーニングにおけるミトコンドリア増域」や「場所による打ち水効果の違い」、「スイカの糖度について」「多肉植物における形態変化」などがあげられます。どの研究も部員が協力して作業を分担し、時間をかけて各々が納得できるような研究を繰り返した為、大会でも良い研究発表をすることができました。

 文化祭では、研究発表内容の紹介や模型の展示、体験コーナーを企画します。前回の蜂友祭では、「スライム」や「バクテリオファージ」の作成、マーブリング体験などを行ったと聞いています。

 この部活は、各自が自由に活動し研究することができる部活です。今は少人数で活動しています。一人でも、又は、友達同士でも大歓迎です。何か研究をしてみたいと思っている方や理科に興味がある方、ぜひ自然科学部に入部して下さい。一緒に楽しい部活を作っていきましょう。      

(三浦 輝波 ・ 児玉 碧胡)

2020.3.12 更新

第5回福島県高等学校理科研究活動講習会に参加

4月29日(月)福島県高等学校文化連盟自然科学専門部 福島県高等学校文化連盟主催第5回福島県高等学校理科研究活動講習会が開催され、県内の高校から生徒153名・教員23名が参加しました。

尚志高等学校からは自然科学部の3年生5名と顧問が参加しました。 午前中は郡山市労働福祉会館で全体講義、午後は安積黎明高等学校で1、2年生対象に4つの分科会が開かれました。本校では3年生のみの参加のため午前中の全体講義のに参加しました。分科会は実習中心で楽しい企画でした。

全体会


「科学とは?テクノロジーとは?? ― 宇宙の歴史と人間の歴史から ―」
東京工業大学 科学技術創成研究院 先導原子力研究所 助教 澤田 哲生 氏
参加生徒 3年 千坂祥太郎 山川文也 添田悠也 栁沼雄都 平野翔

2019.04.29_natural_science-1.JPG



分化会


①物理研究活動講座(物理分科会)
「簡易型GMカウンターの作成と測定」
 指導・助言 一般財団法人放射線利用振興協会
  参与 大友 昭敏 氏  参与 柴田 功 氏
  近畿大学原子力研究所 准教授 山田 崇裕 氏
  株式会社アドフューテック 福原 隆宏 氏

②化学研究活動講座(化学分科会)
「物質を見分ける実験観察違法」
 指導・助言 宮城教育大学教育学部理科教育講座 教授 笠井 香代子 氏

③生物研究活動講座(生物分科会)
「草むらの動物群集調査法 生態系の実際を見る」
 指導・助言 福島大学理工学群共生システム理工学類 環境システムマネジメント専攻 教授 塘 忠顕 氏

④地学研究活動講座 (地学分科会)
「ICTを用いた身近な地域の自然に関する探究活動」
 指導・助言 宇都宮大学 教育学部教科理系理科分野(地学) 助教 瀧本 家康 氏

2019.04.29_natural_science-2.jpg

2019.5.10 更新

部活動紹介(自然科学部)

 私たち自然科学部は、身内で感じた疑問などをテーマとして調査研究することを主な活動としており、各自が興味を持ったことを自由に研究したりしています。活動場所はC校舎1階の物理準備室です。
 今年は7月に3年に1度の文化祭があり、「自然科学部・科学研究所」として、科学の不思議を体験しようというスタイルで活動し「スライム作り」や「ファージストラップ作り」などの体験コーナー、模型の展示、研究内容の掲示を行いました。
 また、秋に行なわれた生徒理科研究発表会県南大会に「タマネギにおけるミトコンドリアの観察」と「場所による打ち水効果の違い」の2つの研究テーマで出場しました。ミトコンドリアの研究では、タマネギにおいて部位によるミトコンドリアの増減を研究しました。細胞を撮影するのに苦労しましたが発表することができ、達成感をえることができました。打ち水効果の研究では、打ち水による地面の温度変化について研究しました。感覚として捉えていたことが数値化したことにより明確にすることができました。どの研究も分担して作業をし、時間をかけてまとめ、練習をくりかえし行って本番では良い発表をすることができました。
 この部活は各自が自由に活動し、研究することができる部活です。何か研究をしてみたいと思っている方や理科に興味がある方、大学進学を目指している方、ぜひ自然科学部に入部してください。1緒に楽しく充実した部活動にしましょう。
(千 坂 祥太郎)

2019.3. 3 更新

県高等学校教育研究会理科部会県南支部秋季研修会

「平成30年度 福島県高等学校 教育研究会 理科部会 県南支部 秋季研修会」
「平成30年度 福島県高等学校 文化連盟 自然科学専門部 県南支部 生徒理科研究発表会」


■主催者 福島県高等学校文化連盟自然科学専門部県南支部

■実施日 平成30年10月30日(火)会場郡山市中央公民館

■研修会(午前中)
 会津大学コンピュータ理工学部特別研究支援者山田竜平氏の講演「はやぶさ2で迫る!太陽系天体の謎」

■研究発表会(午後)
 県南地区の高校物理・生物・化学・地学・ポスター部門合わせて24件発表。

<尚志高校は生物部門:口頭発表で1件、地学部門・口頭発表で1件研究発表>

●テーマ:「タマネギにおけるミトコンドリアの観察」
 2年 千坂 祥太郎・山川 文也・佐藤 王貴・1年 遠藤 肇【4名共同研究】

●テーマ:「場所による打ち水効果の違い」
 2年 栁沼 雄都・平野 翔・添田 悠也・金山 結莉【4名共同研究】

2018.11.16_science_club.jpg

大学の最先端の研究内容を聴いたり、他校生の発表を聴き大変勉強になった1日でした。

2018.11.16 更新

第4回福島県高等学校理科研究活動講習会に参加

4月30(月)、「福島県高等学校文化連盟自然科学専門部 福島県高等学校文化連盟主催 第4回福島県高等学校理科研究活動講習会」が開催され、県内の高校から209名が参加しました。
 尚志高等学校からは自然科学部の15名が参加しました。

午前中は、郡山市勤労福祉会館で全体会、午後は安積黎明高等学校で4つの分科会に分かれて講義を受けました。大学の先生方の最先端の話や実験を交えた楽しい講義に皆、真剣に取り組みました。


■全体会 「 最小哺乳類システムを作って生命体を理解する新しい生物学 」
       東京工業大学生命理工学院生命理工学系 准教授 田川 陽一 氏

■分化会
①物理研究活動講座
「国際リニアコライダーに関する講義を中心に研究の魅力、心構えについてご講義をいただく」
 東北大学大学院理学研究科物理学専攻 教授 山本 均 氏
(参加部員 2年普通科 添田悠也 ・ 平野 翔)

②化学研究活動講座  
「色と光で量をはかる」
 宮城教育大学教育学部  教授 猿渡 英之 氏
(参加部員 3年普通科 渡辺 悠也 ・ 折笠 竜  1年普通科 堀内 恵)

③生物研究活動講座  
「ホタルの光のサイエンス」
  帝京大学理工学部バイオサイエンス学科 教授 梶谷 正行 氏
(参加部員 3年普通科 小林 瞳子 ・ 小川 花恋 ・ 遠藤 慧香 ・ 長沼 桃佳 2年普通科 山川 文也)

④地学研究活動講座
「地震観測でみた東北地方の内陸地震」
 東北大学大学院理学研究科理学部付属地震・噴火予知研究観測センター  准教授 岡田 知己 氏
(参加部員 3年普通科 阿部 光太  2年普通科 千坂 祥太郎 ・ 栁沼 雄都 ・ 金山 結莉)

2018.04.30_natural_science-1.jpg2018.04.30_natural_science-2.jpg

2018.5. 9 更新

部活動紹介(自然科学部)

私たち自然科学部は、身近で感じた疑問などをテーマとして調査・研究することを主な活動としており、各自が興味を持ったことを自由に研究したりしています。活動場所はC校舎一階の物理準備室です。
今年は、秋に行なわれた生徒理科研究発表会県南大会と県大会に出場しました。そこでは、4つの研究テーマに分かれて発表しました。多肉植物の研究では、ベンケイソウの植え方や密集による形態変化、気孔の開閉について研究しました。ミトコンドリアの研究では、筋肉トレーニングによるミトコンドリアの増減や昨年の研究の追跡調査を行いました。土壌生物の研究では、原発事故による土壌生物の増減、地球温暖化や環境変化による土壌生物の種類の変化や個体数の増減、採取する深さによる土壌生物の分布について調べ、研究しました。また、今年は初めてポスター発表に挑戦し、コンクリートと土の草の根の比較についてまとめ、発表しました。どの研究も分担して作業をし、時間をかけてまとめ、練習をくりかえし行って、本番では良い発表をすることができました。
発表した題目以外にも昨年作成した手持ち式ペットボトルロケットの改良型を作成しました。
この部活は各自が自由に活動し、研究することが出来る部活です。そして、みんな仲が良く明るく元気な人たちがたくさんいます。
何か研究をしてみたいと思っている方や、理科に興味がある方、大学進学を目指している方、ぜひ自然科学部に入部してください。一緒に楽しく充実した部活動にしましょう。(小川花恋)

2018.4. 8 更新

平成29年度 活動報告(自然科学部)

■自然科学部
●第3回福島県高等学校理科研究活動講習会 平成29年5月3日 安積黎明高校
3年普通科 二瓶侑樹
2年普通科 渡辺悠也
2年普通科 小林瞳子
2年普通科 小川花恋
2年普通科 遠藤慧香
2年普通科 阿部光太
2年普通科 折笠竜
1年普通科 千坂祥太郎
1年普通科 山川文也
1年普通科 添田悠也
1年普通科 栁沼雄都
1年普通科 伊藤柚香
1年普通科 寺山真由

●平成29年度福島県高等学校文化連盟自然科学専門部 県南支部生徒理科研究発表会(4テーマ発表)
 平成29年10月20日 郡山高校
「多肉植物における形態変化~ベンケイソウの観察を通して~」 生物部門  優良賞
2年普通科 小川花恋
2年普通科 長沼桃佳
「コンクリートの草と土の草の根の比較~雑草魂~」 ポスター部門 優良賞
2年普通科 遠藤慧香
2年普通科 小林瞳子
2年普通科 折笠竜
「筋肉トレーニングによるミトコンドリアの増減」 生物部門 優良賞
2年普通科 阿部光太
2年普通科 渡辺悠也
1年普通科 千坂祥太郎
1年普通科 山川文也
1年普通科 熊井美紀
「土壌生物の分布調査」 生物部門 優良賞
1年普通科 添田悠也
1年普通科 栁沼雄都
1年普通科 平野翔
1年普通科 金山結莉

●第36回福島県高等学校総合文化祭自然科学部門
●第30回福島県高等学校生徒理科研究発表会 平成29年11月19日会津学鳳高校
「多肉植物における形態変化~ベンケイソウの観察を通して~」 奨励賞
2年普通科 小川花恋
「筋肉トレーニングによるミトコンドリアの増減」 奨励賞
2年普通科 阿部光太
2年普通科 渡辺悠也
1年普通科 千坂祥太郎
1年普通科 山川文也
1年普通科 熊井美紀
「土壌生物の分布調査」 奨励賞
1年普通科 添田悠也
1年普通科 栁沼雄都
1年普通科 平野翔
1年普通科 金山結莉

2018.3. 8 更新

第30回福島県高等学校生徒理科研究発表会

    県生徒理科研究発表会に出場し発表しました。
  参加校25校、物理17件、化学17件、生物24件、地学7件、ポスター部門29件、計94件の発表があり、尚志高校は生物分野で3件発表しました。
  初日は、研修会(講演)、2日目は生徒研究発表会で他校の素晴らしい発表を聴くことができ大変勉強になった大会でした。
 自分たちの発表も本番に向けてリハーサルを重ね堂々と発表ができました。また、他校の発表にもしっかり耳を傾け積極的に参加できました。
 今回、上位の賞には入賞できませんでしたが奨励賞を頂きました。今回の経験を活かし全国大会出場を目指し研究を進めていきたいと思います。
  また、会津での開催のためホテルに1泊し、部員同士の交流も図れ楽しい旅となりました。
                                              
2017.11.18_natural_science-1.jpg2017.11.18_natural_science-2.jpg

1.大会名 第36回福島県高等学校総合文化祭 自然科学専門部
      第30福島県高等学校生徒理科研究発表会

2.主催者 福島県高等学校文化連盟 自然科学専門部会
      福島県高等学校教育研究会理科部会     福島県教育委員会

3.期 日 平成29年11月18日(土)~  11月19日(日)

4.会 場 会津学鳳高等学校
      
5.内 容  理科関係部活動の生徒の研究発表並びにポスター発表
              全国高等学校総合文化祭福島県代表校の選出
              第36福島県高等学校総合文化祭 活動優秀校公演代表校の選出

6.大会日程

 ●11月18日(土) 生徒研修会(講演会)
  ・「地学の視点から見る私たちの生活と環境問題」 福島大学 柴崎 直明 教授
  ・開会式   発表データのインストール・動作確認
                                     
 ●11月19日(日) 研究発表  審査   閉会式

7.参加生徒  自然科学部部員 1年7名、2年3名  計10名

8.研究発表  生物部門3件

 テーマ:「多肉植物における形態変化 ~ベンケイソウの観察を通して~」
      2年 普通科 小川花恋              

 テーマ:「筋肉トレーニングによるミトコンドリアの増減」
      2年 普通科 阿部光太 渡辺悠也 1年 普通科 千坂祥太郎 熊井美紀 山川文也【5名共同研究】

 テーマ:「土壌生物の分布調査」

      1年 普通科 添田悠也 柳沼雄都 金山結莉 平野翔 【4名共同研究】

2017.11.24 更新