学校法人尚志学園 尚志高等学校〒963-0201 郡山市大槻町字坦ノ腰2番地TEL: 024-951-3500  FAX : 024-962-0208

スク−ルバス路線バス

Loading

●弓道部

一覧へ戻る

部活動紹介(弓道部)

 私たち弓道部は、顧問の渡辺宏一先生、橋本典子先生、秋山晴美先生のご指導のもと、現在二年生二十人、一年生十六人の計三十六人で活動しています。男女間の仲が良く、笑顔が絶えない日々の中でお互いが切磋琢磨し合いながら練習に励んでいます。
 「弓道」と聞いたとき、皆さんは何を思い浮かべますか?「弓矢を使う競技」や「ただ的に当てるだけ」など一見簡単そうに思うかもしれません。しかし実際には、ただ弓を引いて当てるだけではなく、弓を引くうえで「射法八節」という基本の動作にのっとりながらいかに美しい射を魅せるかという点が重要になってきます。弓道は自分自身と戦う競技であるため、試合中に誰かに助けを求めることも頼ることもできず、外してしまったからといって人のせいにすることもできません。その代わり、誰にも邪魔されることなく自分と向き合うことができます。自分を高めていく日々の修練を重ねることで心技体を鍛えていくとともに、人の活きる道を学んでいくことができるのです。また、それまでの成果が認定される級位・段位審査があります。審査を受けることで、級位や段位を取得することや自分の実力を知ることができ、今まで弓道をやってきたという確かな証を得ることもできます。
 このような活動を通して、技術面・精神面を鍛えていくこと、礼儀作法を学び、人間的にも成長していくことができる弓道には素晴らしい魅力がたくさんあります。
 是非、私たちと一緒に弓を引いて弓道を学ぶ楽しさを感じてみませんか? 

( 大 内 美 奈 )


(平成29年3月発行 たいぼく 部活動紹介のページより)

2017.3.30 更新

平成28年度 活動成績一覧

■■平成27年度福島県南地区代表選手選考春季錬成会
■平成28年2月20日
■郡山市総合運動公園開成山弓道場
■男子個人 県南代表 3G 古川 怜史


■■平成27年度福島県選抜合同錬成会
■平成28年3月5日
■郡山市総合運動公園開成山弓道場
■男子個人 県強化指定選手 3G 古川 怜史

■■第15回東日本高等学校弓道大会
■平成28年3月19日~21日
■宮城県仙台市・仙台市武道館弓道場
■男子団体 予選出場
3G 古川 怜史  3G 柳田 大地 3G 安田 澄人
3G 小林 航大 3G 大澤  周  3G 今川 大有
3G 青木 玲音


■■第46回福島県遠的弓道大会
■平成28年3月26日
■郡山市総合運動公園開成山弓道場
■男子団体
6 位 3G 安田 澄人  3G 大澤  周 3G 小林 航大
7 位 3G 栁田 大地  3G 今川 大有 3G 遠藤 拓海
■女子団体
8 位 3G 國分 友花  3G 細貝 朋香 3G 浦部 奈巳
出 場 3G 藤田 夏帆  3G 遠藤 百華 3G 小澤 萌衣
■男子個人 県選抜選手として出場 3G 古川 怜史


■■第68回福島県春季弓道大会(高校の部)
■平成28年4月16日
■郡山市総合運動公園開成山弓道場
■男子団体 3位入賞
3G 古川 怜史  3G 今川 大有 3G 大澤  周  3G 柳田 大地
3G 安田 澄人  2G 箭内 祐康 2G 青木 玲音
■女子団体 5位入賞
3G 坂本 愛華  3G 小澤 萌衣 3G 遠藤 百華  3G 藤田 優花
3G 藤田 夏帆  2G 大内 美奈 2G 品川 裕希
■男子個人 優 勝 3G5 安田 澄人
決勝進出 3G 古川 怜史
決勝進出 3G 大澤  周


■■第19回福島県弓道遠的選手権大会(高校の部)
■平成28年4月23日
■郡山市総合運動公園開成山弓道場
■男子個人
決勝進出 3G 大澤  周
決勝進出 3G 安田 澄人
決勝進出 2G 齊藤 彰吾
■女子個人
決勝進出 3G 藤田 夏帆
決勝進出 3G 小澤 萌衣
決勝進出 3G 遠藤 百華


■■第62回福島県高校体育大会弓道競技県南地区大会
■平成28年5月14日~15日
■郡山市総合運動公園開成山弓道場
■男子団体 優勝 (県大会出場)
3G 古川 怜史  2G 箭内 佑康 3G 大澤  周  3G 柳田 大地
3G 安田 澄人  3G 小林 航大 3G 今川 大有
■男子個人
優 勝 3G 安田 澄人
準優勝 3G 古川 怜史
ベスト16 2G 箭内 佑康(県大会出場)
ベスト16 3G 今川 大有(県大会出場)
準決勝進出 3G 大澤  周
準決勝進出 3G 柳田 大地
準決勝進出 3G 斎藤 太河
準決勝進出 2G 齊藤 彰吾
準決勝進出 2G 本田 嵩大
■女子団体 準優勝(県大会出場)
3G 坂本 愛華  3G 小澤 萌衣
3G 遠藤 百華  2G 大内 美奈
3G 藤田 夏帆  3G 藤田 優花
3G 佐藤  楓
■女子個人
ベスト17 3G 小澤 萌衣(県大会出場)
ベスト17 3G 藤田 夏帆(県大会出場)
ベスト17 3G 佐藤  歩(県大会出場)
準決勝進出 3G 石田 萌華
準決勝進出 3G 藤田 優花
準決勝進出 3G 細貝 朋香
準決勝進出 2G 佐藤 花梨
準決勝進出 2G 大内 美奈
準決勝進出 2G 廣野 早紀


■■第62回福島県高等学校体育大会弓道競技
■平成28年6月4日~6月6日
■会津若松市・あいづ総合体育館弓道場
■男子団体 ベスト4
3G 古川 怜史  2G 箭内 佑康 3G 栁田 大地  3G 大澤  周
3G 安田 澄人  3G 今川 大有 3G 小林 航大
■男子個人 7 位
3G 古川 怜史
準決勝進出 3G 大澤  周
準決勝進出 3G 安田 澄人
予選出場 2G 箭内 佑康
予選出場 3G 今川 大有
予選出場 3G 小林 航大
■女子団体 6 位
3G 坂本 愛華  3G 小澤 萌衣
3G 遠藤 百華  2G 大内 美奈
3G 藤田 夏帆  3G 藤田 優花
3G 佐藤  歩
■女子個人
予選出場 3G 小澤 萌衣
予選出場 3G 遠藤 百華
予選出場 2G 大内 美奈
予選出場 3G 藤田 夏帆
予選出場 3G 佐藤  歩


■■第69回福島県総合体育大会弓道競技県南地区大会
■平成28年6月13日~14日
■郡山市総合運動公園開成山弓道場
■男子団体 優 勝(県大会出場)
3G 古川 怜史  3G 大澤  周
3G 安田 澄人
5位入賞(県大会出場)
3G 小林 航大  3G 柳田 大地 3G 今川 大有
決勝進出 3G 遠藤 拓海  3G 青木 玲音 3G 丹治 勇人
決勝進出 3G 小檜山 篤  3G 伊東 佑太 3G 髙守 健太
決勝進出 2G 齋藤 彰吾  2G 渡邉 碧海 2G 箭内 佑康
■男子個人
2位入賞 3G 安田 澄人(県大会出場)
3位入賞 3G 小林 航大(県大会出場)
7 位 3G 大澤  周(県大会出場)
9 位 3G 今川 大有(県大会出場)
■女子団体
優 勝(県大会出場)
3G 遠藤 百華  3G 藤田 優花
3G 藤田 夏帆
5位入賞(県大会出場)
2G 廣野 早紀  2G 佐藤 花梨 2G 大内 美奈
■決勝進出 3G 坂本 愛華  3G 小澤 萌衣
3G 佐藤  歩
■決勝進出 3G 浦部 奈巳  3G 北岡穂乃佳  2G 品川 裕希
■女子個人
2位入賞 3G 藤田 夏帆(県大会出場)
6位入賞 3G 遠藤 百華(県大会出場)
7 位 2G 佐藤 花梨(県大会出場)
決勝進出 3G 細貝 朋香
決勝進出 3G 石田 萌華
決勝進出 2I 鈴木ひより


■■第69回福島県総合体育大会弓道競技
■平成28年7月1日~3日
■郡山市総合運動公園開成山弓道場
■男子団体 遠的
1位・近的1位・総合優勝
3G 小林 航大  3G 栁田 大地
2G 箭内 佑康  3G 今川 大有
遠的2位・近的5位・総合3位
3G 古川 怜史  3G 大澤  周
3G 安田 澄人  2G 渡邉 碧海
■男子個人
近的優勝 2G 箭内 佑康
遠的2位 3G 安田 澄人
遠的4位 3G 柳田 大地
■女子団体 近的3位入賞(遠的15位)
2G 廣野 早紀  2G 佐藤 花梨
2G 大内 美奈  2I 鈴木ひより
近的5位入賞(遠的12位)
3G 遠藤 百華  3G 藤田 優花
3G 藤田 夏帆  2G 影山さくら
■女子個人 7 位 2G 佐藤 花梨


■■平成28年度国体選手最終選考会
■平成28年7月10日
■郡山市総合運動公園開成山弓道場
■男子個人 国体選手 3G 古川 怜史
出 場 3G 安田 澄人
出 場 3G 柳田 大地
出 場 2G 箭内 佑康
■女子個人 国体選手 3G 遠藤 百華
出 場 3G 藤田 夏帆
出 場 2G 佐藤 花梨


■■平成28年度福島県南高体連弓道専門部夏季強化錬成会
■平成28年8月11日
■郡山市総合運動公園開成山弓道場
■女子個人 4 位 2I 鈴木ひより


■■第43回東北総合体育大会弓道競技会(平成28年度国民体育大会東北ブロック大会)
■平成28年8月18日~21日
■青森県弘前市・青森県立武道館弓道場
■男子団体 
総合2位 3G 古川 怜史
総合3位 3G 遠藤 百華
※他校選手と福島県代表団体として参加


■■第64回郡山弓道正射会弓道百射会
■平成28年8月27日
■郡山市総合運動公園開成山弓道場
■女子個人 優 勝 2I 鈴木ひより


■■平成28年度県高校新人体育大会弓道競技県南地区大会
■平成28年9月17日~18日
■郡山市総合運動公園開成山弓道場
■男子団体 予選出場
2G7 齊藤 彰吾  2G 三瓶 慶弘 2G 渡邉 碧海  2G 髙松 祐也
2G1 箭内 佑康  2G 本田 嵩大 2G 佐藤 颯太
■男子個人
2 位 2G 箭内 佑康(県大会出場)
ベスト16 2G 齊藤 彰吾(県大会出場)
準決勝進出 2G 佐藤 颯太
■女子団体 2位(県大会出場)
2G 佐藤 花梨  2I 橋本れあな 2G 影山さくら  2G 大内 美奈
2I 鈴木ひより  2G 松崎 栞里 2G 廣野 早紀
■女子個人
7 位 2G 大内 美奈(県大会出場)
ベスト17 2G 廣野 早紀(県大会出場)
準決勝進出 2G 影山さくら


■■第55回郡山市民体育祭弓道競技高校の部
■平成28年10月10日
■郡山市総合運動公園開成山弓道場
■男子個人B(2年)決勝進出 2G 本田 嵩大
■女子個人B(2年)1 位 2G 大内 美奈 2 位 2G 鶴見 早紀
■男子個人A(1年) 決勝進出 1G 船橋 悠利


■平成28年度県高校新人体育大会
■平成28年10月14日~16日
■いわき市・いわき総合運動公園弓道場
■男子個人
予選出場 2G 箭内 佑康
準決勝進出 2G 齊藤 彰吾
準決勝進出 2G 渡邉 碧海
準決勝進出 2G 髙松 祐也
■女子団体 5位(県選抜大会・東日本予選会 出場権獲得)
2G 佐藤 花梨  2G 廣野 早紀 2G 影山さくら  2G 大内 美奈
2I 鈴木ひより  2G 松崎 栞里 2G 鶴見 早紀
■女子個人
予選出場 2G 大内 美奈
予選出場 2I 鈴木ひより
予選出場 2G 佐藤 花梨
準決勝進出 2G 廣野 早紀


■■第35回全国高等学校弓道選抜大会福島県大会
■平成28年10月29日~30日
■会津若松市・あいづ総合体育館弓道場
■女子団体 8位
2G 大内 美奈  2I 鈴木ひより 2G 佐藤 花

■■第32回福島県南高等学校弓道1年生大会
■平成28年11月5日
■須賀川市武道館弓道場
■男子団体 11位
1G 船橋 悠利  1G 生川光太朗 1G 岡部 尚都 
1G 田崎 智大  1G 宮田 大樹
■女子団体 4位
1G 柳田 晴香  1G 渡邉 百絵 1G 小林 瞳子
1I 伊藤 美憂  1G 高野 美都


■■第16回東日本高等学校弓道大会福島県予選
■平成28年12月11日 
■女子団体 6位
2G 佐藤 花梨  2G 廣野 早紀
2I 鈴木ひより  2G 大内 美奈
2G 影山さくら  2G 松崎 栞里
2G 鶴見 早紀


■■平成28年郡山市弓道連盟郡山弓道正射会納射会
■平成28年12月17日 郡山市総合運動公園開成山弓道場
■男子個人 3 位 2G 齊藤 彰吾
■女子個人 決勝進出 2G 影山さくら


■■平成28年郡山市弓道連盟郡山弓道正射会主催月例会年間総合
■平成28年1月~12月毎月 設定日実施
■郡山市総合運動公園開成山弓道場
■男子個人
3月優勝 3G 古川 怜史
6月優勝   2G 箭内 佑康
皆 勤 賞   2G 武田遼太郎
■女子個人
年間総合1位 2G 大内 美奈
年間総合2位 2G 佐藤 花梨
年間総合3位 2G 影山さくら
4月優勝   3G 坂本 愛華
5月優勝   2G 大内 美奈
6月優勝   3G 藤田 夏帆
皆 勤 賞   2G 大内 美奈
皆 勤 賞   2G 佐藤 花梨
皆 勤 賞   2G 影山さくら


【備考】
◆記号の味方  1G...1年普通科  1I...1年情報総合科
◆ご利用のブラウザにより氏名の一部が表示されない場合がございますのでご了承下さい。

2017.3.17 更新

第62回福島県高等学校体育大会 弓道競技 県南地区予選会

<大会結果>
男子団体 第1位
女子団体 第2位
男子個人 優 勝 3G5 安田澄人
男子個人 第2位 3G8 古川怜史

 5月14日(土)~15日(日)に開成山総合運動公園弓道場にてインターハイ地区予選が行われました。
部員それぞれが、選手として、また大会運営の補助生徒として緊張感のある舞台に立ちちました。男女とも好成績を収め、特に男子団体では県南地区の頂点に輝くことができました。6月の県大会では団体・個人ともに後悔のない「自分との戦い」をしてこようと決意を新たにし、日々、部員全員で練習に励んでいきます。

2016.05.20_kyudo.jpg

2016.5.30 更新

第68回福島県春季弓道大会(高校の部)上位入賞&個人優勝!

4月16日(土)、開成山弓道場で行われた春季弓道大会に出場しました。県内各地の高校が参加しており、本校の出場メンバーは他校から刺激を受けながら、自分の力を出し切ろうと努力しました。

順位決定まで粘り強く丁寧に弓を引き、団体では男女とも上位入賞を果たしました。個人では見事優勝に輝き、上位大会への出場権を獲得しています。

 日頃よりお世話になっている方々へ感謝し、今に満足することなく次の目標に向かって気持ちを引き締める大会となりました。


<大会成績>
男子団体 第3位(23校中)
女子団体 第5位(23校中)
男子個人 優勝 3G5 安田澄人(160人中)

2016.04.21_kyudo.jpg


 

2016.4.21 更新

新入生の皆さんへ

弓道部



私たち弓道部は、顧問の渡辺宏一先生と副顧問の橋本典子先生、第三顧問の根本さゆり先生のご指導のもと、現在二年生二十九人、一年生二十二人、三年生も合わせると、約七十人で活動しています。人数は多いのですが、ケンカもなく面白い人たちばかりです。「弓を引く中で人の活きる道を学ぶ」ということを目標に、日々楽しく練習しています。
みなさんは「弓道」と聞くと、「簡単そう」とか、「ただ的に当てるだけ」と思うかもしれません。しかし、実際にはとても難しく、当たり外れだけが重要な訳ではありません。弓を引くために必要な「射法八節」という動作が重要です。この八節の一つ一つは弓を引く上でとても大切な役割を果たし、いかに美しく魅せるかという点でも身体の細かい所まで気を配らなくてはなりません。
また弓道は武道であり、自分自身と戦う競技です。試合中は誰にも頼ることはできず、的から外れたからといって誰かのせいにすることもできません。その代わりに、誰にも邪魔されることもありません。自分の気持ちと正々堂々と向き合い、自分を高めていく、という修練を日々重ねることで、心技体を鍛え、人の活きる道を学んでいきます。また、それまで練習してきたことが認定される級位・段位審査があります。審査を受けることで自分の力を計ることができ、取得すると同時に弓道をやってきたという一生の証が得られます。こうした様々な活動を通して幅広い世代の方々と交流する事で色々な知識や考え方に触れ、新しい価値観やものの見方を考えることができます。このように技術だけでなく精神面も鍛え、礼儀作法を身に付け、様々なことを学ぶことが出来るのはとても魅力的です。
是非私達と一緒に活動してみませんか?

(古川怜史)

2016.3.15 更新

新入生の皆さんへ

弓道部

私たち弓道部は、顧問の渡辺宏一先生と副顧問の橋本典子先生のご指導のもと、現在二年生二十三人、一年生二十九人、三年生も合わせて約七十人で活動しています。大所帯になりますが、部員は皆穏やかで面白い人たちばかりです。「弓を引く中で人の活きる道を学ぶ」ということを目標に、毎日楽しく練習しています。
 
さて、「弓道」と聞いて、ただ弓を引いて的に矢を当てるだけの競技だと思う人も多いのではないでしょうか。しかし、実際は当り外れだけでなく、「射法八節」という弓を引くための動作が最も重要です。八節の一つ一つは弓を正しく引く上でとても大切な役割を果たし、いかに美しく魅せるかという点でも身体の細かい所まで気を配らなくてはなりません。
 
また弓道は武道であり、自分自身と戦う競技であるため、試合中は誰にも頼ることはできず、的から外れたからといって誰かのせいにすることもできません。自分の気持ちや射と正々堂々と向き合い自分を高めていく、という修練を日々重ねることで、心技体を鍛え、人格を磨き、道徳心を向上させ、人の活きる道を学んでいきます。

そして、それまで練習してきたことが認定される級位・段位審査があります。審査を受けることで自分の力を計ることができ、取得すると同時に弓道をやってきたという一生の証が得られます。

こうした様々な活動を通して、技術だけでなく精神面も鍛え、礼儀作法を身に付け、幅広い世代の方々と交流する事で色々な知識や考え方に触れ、新しい価値観やものの見方を学ぶことが出来ることはとても魅力的だと思います。 私たちと一緒に活動し、弓道を通して一回り成長してみませんか? 弓道場でお待ちしています。  

(橋本怜奈)


2015.3.23 更新

新入生のみなさんへ

 弓道は、弓を引いて矢を射り、的を狙う武道、ただそれだけに思われがちですが、実際は、「射法八節」という一連の動作にのっとり、その八つの動作をいかに美しく魅せるか、いかに美しい射ができるかにこだわったり、自分の気持ちや射と正々堂々と向き合い、自分を高めていく、というような日々の修練を通して、人の活きる道を学ぶ、とても奥が深く、魅力的な競技です。

 私たち弓道部は、顧問の渡辺宏一先生と副顧問の宗像一男先生のご指導のもと、現在二年生十六人、一年生二十人、合計三十六人で活動しています。部員同士は、男女の壁がほとんど無いくらい仲が良く、お互いに射型というフォームを見合ってアドバイスをしたり、注意し合ったりして切磋琢磨しながら練習に励んでいます。弓道は自分自身と戦う競技なので、試合中は誰にも頼ることはできませんし、的から外れたからといって誰かのせいにすることもできません。しかし、弓道は一人では上達できません。誰かに射を見てもらったり、反対に、誰かの射を見ることで自分の射は上達していきます。そうして良い人間関係をつくりあげることができるのも、弓道の一つの魅力なのだと思います。

 また、今までの練習の成果を審査される、級位・段位審査で級位や段位を取得することもできます。審査を受けることで、自分の実力を知ることができ、弓道をやってきたという一生の証を得ることもできます。

 こうした活動を通して、技術面はもちろん、精神面を鍛えること、礼儀・作法を学び、人間的にも大きく成長することができる弓道は素晴らしい魅力があります。

 弓を引いて最高の仲間と思い出を私達と一緒につくりませんか?

  ( 佐 藤 せいら )

2014.3.12 更新

3年生 弓道部員 進路決定率100%達成!!

お陰さまで、今年の3年生15名も、進学や就職など進路決定率100%を達成してくれました。進学も就職も、自分達の目標としていた上級学校や企業に見事に合格し、正に尚志必成を体現してくれました。これも一重に、日頃からご支援いただいた皆様方のお陰だと感謝しております。


今後も、今春ご卒業された、弓道部員を始めとする尚志高校の卒業生の皆さんのご活躍とご成功をお祈りしております。今まで、尚志高校を支えてくれて、本当にありがとうございました。


【弓道部員進学・就職先】   ※順不同 ( )内は、出身中学校。

東北福祉大学 総合福祉学部 (郡山6中出身)
奥羽大学 薬学部 (郡山5中出身)
国際医療福祉大学 保健医療学部 (岩瀬中出身)
城西大学 経済学部 (郡山5中出身)
千葉工業大学 工学部 (郡山1中出身)
玉川大学 経営学部 (郡山6中出身)
帝京大学 文学部 (安積第2中出身)
日本大学 工学部 (常盤中出身)
日本大学 工学部 (都路中出身)
京都精華大学 人文学部 (白河中央中出身)
郡山女子大学 短期大学部 (郡山5中出身)
郡山健康科学専門学校 (郡山6中出身)
武蔵野調理師専門学校 (郡山第2中出身)
リゾートトラスト株式会社 東京本社 (白沢中出身)
吉川運輸株式会社 (片平中出身)

2013.03.15_palm.jpg


 

2013.3.14 更新

新入生のみなさんへ

弓道部


皆さんは弓道にどんなイメージを持っていますか?

 

おそらく地味だとか簡単そうだとかだと思います。弓道はただ弓をひいて的に矢を当てるだけだと思われがちですが実際は的に当てられる様になるまで半年から一年はかかります。また、ただ当たれば良い訳ではなく弓を引くための八つの動作「射法八節」を守らなくてはなりません。八節の一つ一つにはそれぞれに意味があり、どれ一つとして欠けてはならず、その八つの動作をいかに美しく魅せるか、そして、弓も正しく引けるかが弓道において最も重要です。

 

私達弓道部は、明るい二十八名の二年生と、元気いっぱいの十九名の一年生、合計四十七名という県内でも、結構な大所帯で毎日活動しています。顧問の渡辺宏一先生と副顧問の宗像一男先生には八節の指導はもちろん、的に当てるための技術だけでなく、弓道を通して人間として成長できるような指導をして頂いています。

 

弓道は日本古来の伝統的な武道で、昔は戦争で人を殺める技として使われていましたが、それを今、私達は日々の修練として、人の活きる道を学んでいます。また、練習の成果を審査され、級位・段位を取得する事ができます。

 

こうした様々な活動を通し、自分を高め、強くする事はもちろん幅広い世代の方々と交流する事でたくさんの知識や考え方も取り入れる事が出来ると思います。精神を鍛え、礼儀作法も身につく弓道は、とても素晴らしい魅力があります。

 

弓道は、一生続けられる生涯スポーツです。そんな弓道を私達と一緒に活動して自分を強くしてみませんか?

2013.0.3.03_kyudo.jpg

 

 たいぼく47号(平成25年3月3日発行)

(西山 優衣)

 

 

2013.3. 8 更新

平成24年度福島県高等学校新人体育大会弓道競技県南地区予選

下記は平成24年9月23日の記事を平成25年2月24日に復元したものです。サーバー障害に関するお知らせ


■平成24年9月22日(土)~23日(日)


■郡山市開成山総合運動公園 弓道場

 

■成績
 
■男子団体
第4位(県大会出場権獲得)
2G1富脇 大和 、 2G1湯浅 哲平 、 2G6桑原 佑京 、 

2G6牧口 淳 、  2G6齊藤 翼 、 2G7小沼 千廣 、 

2G6野崎 貴宏


■女子団体
8位(予選敗退)
2G6横田 未華 、 2G7小池 琳奈 、 2G2諸橋 美咲 、

2G8鈴木 優美 、 2G8西山 優衣 、2G5渡部 有紀 、 

2G1須賀 愛理

 

■男子個人
準決勝進出
1G2児山 乃流 、 2G7小抜 双葉 、 2G1富脇 大和 、 

2G1湯浅 哲平 、 2G6牧口 淳 、 2G6齊藤 翼 、 

2G9堀田 一喜 、 2G6高橋 信暁

 

■女子個人

第3位入賞(県大会出場権獲得)   2G8西山 優衣

準決勝進出   2G9佐藤 真理

 

 

夏の合宿や錬成会、郡山地区の百射会や遠的大会など、様々な行事を経て、新人戦の地区大会に参加しました。

 

女子個人と男子団体で素晴らしい成績を残すことが出来ました。しかし、どちらもあと一歩、と言うところで上位を獲得することができず、自分達の中に、悔しい気持ちが残る結果となりました。自分に備わっている真の実力を信じて出し切ることが出来なかった事が原因だと思いました。

 

女子団体も、3中差で県大会を逃す結果に終わってしまったものの、善戦したと思います。

 

今回は、高体連主催の大会として多数の1年生のデビュー戦となりましたが、その様子を見守る2年生や応援に来てくれた3年生、卒業生の皆さんは、本当に頼もしいと感じました。自分の事も考えながら、下級生の指導をすることは大変だと思いますが、自らを考えられる選手として、更に成長してほしいと思います。

 

今後は11月の初旬にいわき市で県大会が催されますので、今回の悔しさを喜びに変えられるよう全力を尽くしてきたいと思います。

 

差し入れの数々や応援、本当にありがとうございました。

2012.09.23_kyudo.jpg

 

2013.2.24 更新

尚志高等学校 創立50周年記念フォトギャラリー