学校法人尚志学園 尚志高等学校〒963-0201 郡山市大槻町字坦ノ腰2番地TEL: 024-951-3500  FAX : 024-962-0208

スク−ルバス路線バス

●弓道部

一覧へ戻る

新入生のみなさんへ

弓道部


皆さんは弓道にどんなイメージを持っていますか?

 

おそらく地味だとか簡単そうだとかだと思います。弓道はただ弓をひいて的に矢を当てるだけだと思われがちですが実際は的に当てられる様になるまで半年から一年はかかります。また、ただ当たれば良い訳ではなく弓を引くための八つの動作「射法八節」を守らなくてはなりません。八節の一つ一つにはそれぞれに意味があり、どれ一つとして欠けてはならず、その八つの動作をいかに美しく魅せるか、そして、弓も正しく引けるかが弓道において最も重要です。

 

私達弓道部は、明るい二十八名の二年生と、元気いっぱいの十九名の一年生、合計四十七名という県内でも、結構な大所帯で毎日活動しています。顧問の渡辺宏一先生と副顧問の宗像一男先生には八節の指導はもちろん、的に当てるための技術だけでなく、弓道を通して人間として成長できるような指導をして頂いています。

 

弓道は日本古来の伝統的な武道で、昔は戦争で人を殺める技として使われていましたが、それを今、私達は日々の修練として、人の活きる道を学んでいます。また、練習の成果を審査され、級位・段位を取得する事ができます。

 

こうした様々な活動を通し、自分を高め、強くする事はもちろん幅広い世代の方々と交流する事でたくさんの知識や考え方も取り入れる事が出来ると思います。精神を鍛え、礼儀作法も身につく弓道は、とても素晴らしい魅力があります。

 

弓道は、一生続けられる生涯スポーツです。そんな弓道を私達と一緒に活動して自分を強くしてみませんか?

2013.0.3.03_kyudo.jpg

 

 たいぼく47号(平成25年3月3日発行)

(西山 優衣)

 

 

2013.3. 8 更新

平成24年度福島県高等学校新人体育大会弓道競技県南地区予選

下記は平成24年9月23日の記事を平成25年2月24日に復元したものです。サーバー障害に関するお知らせ


■平成24年9月22日(土)~23日(日)


■郡山市開成山総合運動公園 弓道場

 

■成績
 
■男子団体
第4位(県大会出場権獲得)
2G1富脇 大和 、 2G1湯浅 哲平 、 2G6桑原 佑京 、 

2G6牧口 淳 、  2G6齊藤 翼 、 2G7小沼 千廣 、 

2G6野崎 貴宏


■女子団体
8位(予選敗退)
2G6横田 未華 、 2G7小池 琳奈 、 2G2諸橋 美咲 、

2G8鈴木 優美 、 2G8西山 優衣 、2G5渡部 有紀 、 

2G1須賀 愛理

 

■男子個人
準決勝進出
1G2児山 乃流 、 2G7小抜 双葉 、 2G1富脇 大和 、 

2G1湯浅 哲平 、 2G6牧口 淳 、 2G6齊藤 翼 、 

2G9堀田 一喜 、 2G6高橋 信暁

 

■女子個人

第3位入賞(県大会出場権獲得)   2G8西山 優衣

準決勝進出   2G9佐藤 真理

 

 

夏の合宿や錬成会、郡山地区の百射会や遠的大会など、様々な行事を経て、新人戦の地区大会に参加しました。

 

女子個人と男子団体で素晴らしい成績を残すことが出来ました。しかし、どちらもあと一歩、と言うところで上位を獲得することができず、自分達の中に、悔しい気持ちが残る結果となりました。自分に備わっている真の実力を信じて出し切ることが出来なかった事が原因だと思いました。

 

女子団体も、3中差で県大会を逃す結果に終わってしまったものの、善戦したと思います。

 

今回は、高体連主催の大会として多数の1年生のデビュー戦となりましたが、その様子を見守る2年生や応援に来てくれた3年生、卒業生の皆さんは、本当に頼もしいと感じました。自分の事も考えながら、下級生の指導をすることは大変だと思いますが、自らを考えられる選手として、更に成長してほしいと思います。

 

今後は11月の初旬にいわき市で県大会が催されますので、今回の悔しさを喜びに変えられるよう全力を尽くしてきたいと思います。

 

差し入れの数々や応援、本当にありがとうございました。

2012.09.23_kyudo.jpg

 

2013.2.24 更新

平成25年度 国民体育大会へ向けた強化指定選手冬季合宿

■平成25年2月2日(土)~3日(日)

 

■福島市武道館 弓道場

 

■国体強化指定選手(女子)  2G8 西山優衣 、 2G8 鈴木優美

 

■強化指導スタッフ       顧問 渡辺宏一

 

 

昨年11月の選考会において、並みいる強豪の中から本校より2名もの選手が国体強化指定を頂き、今回の強化合宿に参加して参りました。

 

まさに「国体強化活動」という名にふさわしい厳しい合宿でしたが、本校選手は、特に精神面で鍛えられたと思います。

 

以前の更新の最後に、

 

「福島県を代表する6人の選手の中に、本校から2人も選ばれたのは、大変名誉なことですが、まさに、これからがスタートです。」

 

・・・と書きましたが、9月末に東京で開催される国民体育大会の第一歩として、また、これからも厳しい練習で、更に自分を鍛えていこう!!という気持ちを新たにした、そんな合宿でした。

 

 

2013.2. 9 更新

平成24年郡山市弓道連盟主催 郡山地区月例会 年間総合

■平成24年1月~12月 毎月第2土曜を基準日として開催

 

■郡山市開成山総合運動公園 弓道場

 

■男子個人

    年間総合第2位  2G6 齊藤 翼

    年間総合第5位  2G7 小沼 千廣

    年間総合第6位  2G6 牧口 淳

 

    皆勤賞

      2G1 富脇 大和

      2G6 桑原 佑京

      2G6 齊藤 翼

      2G6 高橋 信暁

      2G6 野崎 貴宏

      2G6 牧口 淳

      2G7 伊藤 怜生

      2G7 小沼 千廣

      2G9 堀田 一喜

 

■女子個人

    年間総合第1位  2G6 横田 未華

    年間総合第3位  2G8 鈴木 優美

    年間総合第4位  2G8 西山 優衣

 

    皆勤賞 

      2G2 諸橋 美咲

      2G3 鈴木 千尋

      2G6 小池 琳奈

      2G6 横田 未華

      2G7 山岡 理

      2G8 鈴木 優美

 

その年の毎月第2土曜日を基準日として行われている、郡山弓道連盟主催の高校月例会で、素晴らしい成績を収めることが出来ました。

 

激戦区である郡山地区で、このような成績を収めることができたのは、日頃の練習の成果であると思います。

 

また、月例会には皆勤賞が設けてあり、2年生の半分以上が獲得できたことも、大変立派だと思います。

 

事情により皆勤賞が取れなかった選手の参加率も非常に高く、自分を高めるために精一杯努力を重ねています。

 

それは、例え、賞が取れなくても、とても素晴らしいことだと思いました。

 

2013.2. 9 更新

中学生の皆さんへ

下記は平成24年11月11日の記事を平成25年1月31日に復元したものです。サーバー障害に関するお知らせ


 

本校では、平成25年度入学者選抜試験より、弓道のスポーツ推薦を行うことになりました。

 

弓道は、全国各地に中学校の部活動や一般の弓道部会(クラブチーム)として多数のチームが存在しています。特に、関東以南では、盛んに活動されている中学生の皆さんが、たくさんいらっしゃいます。

 

本校の弓道部は「弓を引く中で、人の活きる道を学ぶ」というモットーのもと、部員たちが精一杯、自分を鍛えています。

 

弓道は、自分が的に向かって弓を引いているときには、誰も助けてくれません。その代わりに誰も邪魔することもありません。

 

また、放った矢の全てが的に当たるわけではありません。その代わりに、放った矢の全てが外れるわけでもありません。

 

良い事ばかりが続くのではなく、悪い事ばかりが続くのでもない。

 

そんな弓道という競技は、「どこか人生に似ている」ということを実感しながら、自分を鍛えていくことが人間的な成長につながると考えています。

 

私たち尚志高校弓道部の活動の目的は、「的に当てる技術だけを修得すること」ではなく「人間的な成長」です。

 

私たちは、決して強くは無い。でも、誰かの喜びや苦しみを自分の事のように共感できる部員がたくさんいます。部員の人柄が良くて活気がある。それが、尚志高校弓道部の最大の魅力です。

 

そんな私たちですが、「弓道部で一緒に活動したい」、「弓道を通して、自分を精一杯鍛えていきたい」という中学生の皆さん、日本全国からのご応募をお待ちしております。   (画像は今年の1年生の、初「皆中」(かいちゅう))

2012.11.07_kyudo.jpg

 

弓道部顧問  渡邉宏一

 

 

 

 





2013.1.31 更新

第15回福島県弓道遠的選手権大会(高校の部)

下記は平成24年4月28日の記事を平成25年2月9日に復元したものです。サーバー障害に関するお知らせ


 

■平成24年4月28日(土)

 

■郡山市開成山総合運動公園 弓道場

 

■決勝戦進出

男子

3G3佐藤 晴紀(7位)

3G3遠宮 有希規、3G3安藤 稜、3G6古川 竜史、2G6桑原 佑京、2G9堀田 一喜

 

女子

2G1須賀 愛理、2G5渡部 有紀、2G6小池 琳奈

 

国体選手の選考にも関わっている遠的大会の県大会に参加しました。

 

オープン参加のため、2・3年生の部員のほとんどがエントリーし、男女とも多くの選手が決勝進出を果たしたものの、惜しくも5位までの入賞は果たすことができませんでした。

 

結果に繋がる、あと一歩を見つけられるように、これからも努力を積み重ねていきたいと思います。応援、有難うございました。

 

2012.4.28 更新

第64回福島県春季弓道大会(成年の部)

下記は平成24年4月22日の記事を平成25年2月9日に復元したものです。サーバー障害に関するお知らせ


 

■平成24年4月22日(土)

 

■郡山市開成山総合運動公園 弓道場

 

■補助役員として参加  (2年生 23名 、3年生 13名)

 

前日の高校の部に続いて、春季大会の成年の部に補助役員として参加しました。

 

今年度より、全日本弓道連盟が財団法人から、公益財団法人に変わったことを受け、広く一般の方に弓道を知ってもらうという目的の元、大会と同時に弓道体験コーナーが併設されました。大会の補助役員の他に、その弓道体験コーナーの運営を、我が尚志高校弓道部が担当する、という重要な役割を任命されました。

 

いざ始まってみると、桜祭りでにぎわう中、本当にたくさんの一般の方にご来場頂けました。中には、首都圏からいらしていた方々もおり、弓道体験を楽しんで頂けたかと思います。的に当たると、あちこちで歓声が上がり、自分達が弓道を始めたころを懐かしく思い出しました。

 

また、成年の方々の立派な射を見取り稽古することが出来たり、と、実り多い大会でした。

2012.04.22_kyudo.jpg

 

2012.4.22 更新

第64回福島県春季弓道大会(高校の部)

下記は平成24年4月21日の記事を平成25年2月9日に復元したものです。サーバー障害に関するお知らせ


 

■平成24年4月21日(土)

 

■郡山市開成山総合運動公園 弓道場

 

■ 男子団体 11位  

3G6古川 竜史、3G8鏑木 拓也、3G3安藤 稜、3G6馬場 信人、

3G3佐藤 晴紀、2G6牧口 淳、2G7小沼 千廣

 

昨年度は震災の影響により中止になってしまった、春季大会に参加しました。

この春季大会は、前年度の新人戦県大会に出場した団体チームのみに出場権が与えられます。よって、今回の大会は男子のみの出場となりました。また、地元の郡山開催ということで、部員全員が補助役員として参加しました。

 

特に、今回の大会では、3月の全国選抜大会で全国優勝を果たした、平工業高校の射が見られることも大きな魅力でした。

 

そんな中、メンバー全員が、昨年度新人戦福島県第3位の意地を見せる!というテーマを持って試合に臨みましたが、残念ながら的中も結果も振るわず、悔しい結果となりました。

 

日頃よりお世話になっている方々へ感謝を再確認しつつ、次回、リベンジを果たそう!という決意を新たにした大会でした。

 

まだまだ自分に対して厳しさが足りず、自分達の甘えを再認識しました。もっともっと強くなろう!!

2012.04.21_kyudo.jpg

 

2012.4.21 更新

平成24年度 活動基本情報

下記は平成24年4月10日の記事を平成25年2月9日に復元したものです。サーバー障害に関するお知らせ


 

【部員数】   63名(男子32名、女子31名)

 

【活動場所】  尚志高校 弓道場

 

【活動日】   月、火、水、木、金、土、(日)

 

【活動時間帯】 16:00~19:00

 

【活動目的】  弓を引く中で、人の活きる道を学ぶ

 

【部の特色】

・団体戦と個人戦があるので努力すれば必ず大会に出場できる。

・一年間に2回の段位審査があるので、努力すれば段位を取得できる。(目指せ二段!)

・礼儀作法が学べる。

・袴が格好がいい。

 

2012.4.10 更新