学校法人尚志学園 尚志高等学校〒963-0201 郡山市大槻町字坦ノ腰2番地TEL: 024-951-3500  FAX : 024-962-0208

スク−ルバス路線バス

Loading

●茶道部

一覧へ戻る

部活動紹介(茶道部)

 私たち茶道部は、毎週火曜日の放課後に尚志会館の二階の和室で「裏千家」のお点前練習をしています。部員は二年生九名、一年生十六名、顧問の宗像純子先生と鈴木満子先生で、楽しく活動しています。コースによって活動時間が異なり、情報総合科・総合進学コースの部員は午後四時頃から五時頃まで、特別進学コースの部員は午後五時三十分頃から七時頃まで活動しています。
 私たちは顧問の先生のもとで、基本の歩き方や礼儀作法、お点前まで厳しく、そして丁寧にご指導いただいています。お茶道具の名称を覚えるところから始まり、割稽古で、一つ一つのお道具の扱いについて、丁寧に心を込めて、何回も練習します。そして少しずつお点前の手順を覚えていきます。一年生は盆略点前で基本のお道具の扱い方を学び、二年生は風炉薄茶平点前で柄杓などの扱い方を学びます。今年度は、夏休みに麓山荘の茶室でお茶会を催し、十一月には一碗のお茶を皆で回し飲みをする「濃茶」を体験しました。また、中学生と保護者の皆様に学校見学会と学校説明会で、心を込めてお呈茶をしました。
 はじめは上手にお茶を点てることが出来ませんでしたが、練習を重ねることによって、今では上手に点てられるようになりました。茶道で習うお作法や立ち振る舞いは社会人になってからも役に立つことばかりだと思います。日本の伝統文化に興味がある人、抹茶や和菓子が好きな人は本当に良い経験が出来ると思うので、ぜひ茶道部に入部してください。

( 山 口 ひとみ )


(平成29年3月発行 たいぼく 部活動紹介のページより)

2017.4.18 更新

平成28年度 活動成績一覧

■裏千家 毎週火曜日放課後に活動
  *亭主と客の諸作法の練習・水屋の仕事、お道具の扱い
  *盆略点前の稽古
  *風炉薄茶平点前
  *立礼(御園棚での点前)


■7月23日 学校見学会で中学生・保護者へ呈茶(生徒ラウンジにて)
■8月2日 部内茶会(21世紀記念公園麓山の杜 麓山荘)
■10月15日 学校説明会で中学生・保護者へ呈茶(生徒ラウンジにて)
3G 鈴木 晴果  3G 後藤 綾花
3G 川田 美涼  3G 池田 真梨
3G 沢井 杏奈  3G 鈴木 美帆
3G 大槻 萌乃  3G 山口 麻衣
3G 七海 麻姫  3G 小室 有咲
3G 八島 千穂  3G 樽井  愛
3I 佐藤 恵美  3I 佐川 朋花
3I 影山理花子  2G 山口ひとみ
2G 深沢 歩未  2G 橘  有咲
2G 森 万佑子  2G 菊地茄穂美
2G 佐藤  澪  2G 栗田 涼音
2G 佐久間渚奈  2G 鈴木 瑠菜
1G 山田 結衣  1G 吉田登詩子
1G 増子 優佳  1G 小林 桃奈
1G 蛇石 美南  1G 大門 未来
1G 青木 愛梨  1G 阿部友里加
1G 伊佐  凜  1G 佐藤 希美
1G 佐竹みなみ  1G 厚美緋菜乃
1G 佐藤 果歩  1G 木村 優里
1G 奥田 実由


【備考】
◆記号の味方  1G...1年普通科  1I...1年情報総合科
◆ご利用のブラウザにより氏名の一部が表示されない場合がございますのでご了承下さい。

2017.3.17 更新

新入生のみなさんへ

茶道部

私たち茶道部は、毎週火曜日の放課後、尚志会館の二階の和室で「裏千家」のお点前練習をしています。現在部員は三十名で楽しく一生懸命にお稽古をして活動しています。情報総合科・総合進学コースの部員は午後四時頃から五時半頃まで、特別進学コースの部員は八校時終了後の午後五時四十分から七時頃までが活動時間です。

私たちは顧問の宗像純子先生、鈴木満子先生に基本のお点前から歩き方、礼儀作法を一つ一つ丁寧にご指導いただいています。茶道具の名称を覚えるところから始まり、その扱いについて心を込めて何回も何回も練習します。そして少しずつお点前の手順を覚えていきます。また、最近は、学校説明会・学校見学会で中学生や保護者の方にお茶のおもてなしをするなどの部活動としての活動も増え、お稽古内容も茶会形式での作法や平点前といったより本格的なお稽古に挑戦しています。

みんな初心者から始め、練習を重ねていき自分を磨いていきます。茶道は心が落ちつき、学ぶものが多くあります。それは作法の順序だけではなく「日本人としての心」や「立ち振る舞い」であって、それらはきっと社会に出てから役に立ちます。このため週一回の活動がとても貴重な時間となっています。

茶道で身につけたことは一生の宝物です。少しでも興味のある人、日本の文化に触れてみたい人は本当に良い経験ができると思うので、ぜひ茶道部に入部してください。

(鈴木晴果)

2016.4. 2 更新

新入生の皆さんへ

茶道部
 
私たち茶道部は、毎週火曜日の放課後、尚志会館の二階の和室で「裏千家」のお点前練習をしています。現在部員は女子二十七名で、みんな明るく楽しんで活動を続けています。情報総合科・総合進学コースの部員は午後四時から五時三十分位まで、特別進学コースの部員は八校時が終了して、午後五時四十分位から七時頃まで活動しています。

私たちは顧問の宗像純子先生、鈴木満子先生に基本の歩き方や礼儀作法、お手前まで厳しく、そして丁寧にご指導いただいています。お茶道具の名称を覚えるところから始まり、割稽古と称して、一つひとつのお道具の扱いについて、丁寧に心を込めて、何回も何回も練習します。そして少しずつお点前の手順を覚えていきます。また、はじめは大変ですが、正座をすることにも徐々に慣れていきます。

今年度は、中学生と保護者のみなさんに学校見学会と学校説明会で、心を込めて、お呈茶をしました。
 
はじめは上手にお茶を点てることが出来ませんでしたが、練習を重ねることによって、今では上手に点てられるようになりました。茶道は心身ともにとても癒されるので、週一回の活動がとても貴重な時間となっています。また、茶道で習うお作法や立ち振る舞いは社会人になってからも役に立つことばかりだと思います。日本の伝統文化に興味がある人、抹茶や和菓子が好きな人は本当に良い経験が出来ると思うので、ぜひ茶道部に入部して下さい。

(鴫原彩香)
 

2015.4. 8 更新

新入生のみなさんへ

 私たち茶道部は、毎週火曜日の放課後に尚志会館二階の和室で「裏千家」のお点前練習をしています。現在部員は女子二十七名で、みんな明るくとても楽しんで活動を行っています。情報総合科・総合進学コースの部員は午後四時から五時十分くらいまで、特別進学コースの部員は八校時が終了してからの午後五時三十分くらいから七時くらいまで活動しています。

 私たちは顧問の宗像純子先生、鈴木満子先生に基本の歩き方や礼儀作法、お点前の手順をご指導いただいています。初めは礼の仕方から袱紗の捌き方、歩き方を覚え、できるようになったらお点前で使う道具の名前、手順を覚えます。また、初めは大変ですが、正座をすることにも徐々に慣れていきます。

 茶道部はあまり人前にでることはありませんが、今年の十一月十六日に行われた学校説明会にご参加くださった中学三年生と保護者の方には、新校舎一階のラウンジを休憩所としておもてなししました。

 私はお茶が好きで入部しましたが初めはうまく点てることができませんでした。練習を重ねることによって今では上手に点てられるようになりました。茶道で習うお作法や立ち居振る舞いは社会人になってからも役にたつことばかりだと思います。茶道、日本の伝統文化に興味がある人、抹茶や和菓子が好きな人は本当に良い経験ができると思うので、ぜひ茶道部に入部してください。

  ( 大 下 聖 月 )

2014.3.28 更新

ハンガリーの歌姫をお迎えして

 3月3日(月)ハンガリーからお客様がお見えになりました。


 ハンガリーで歌手活動をしている パタイ・アンナさん(14歳) >> です。

【上記のブログより歌声をお聴き下さい。日本語・ハンガリー語・英語・スペイン語でも歌っています。】

 尚志幼稚園の訪問前に本校を訪ねてくれました。本校茶道部の部員がお点前を披露し、おもてなししました。

お抹茶の味を伺うと、「ヨーロッパだとお茶にはレモンや砂糖が入っています。全く違う味ですが、おいしいです。」との感想でした。

2014.03.03_visitor.jpg2014.03.05_visitor.jpg



<今回の訪問の経緯>


 東日本大震災後に中央大学名誉教授の田中拓男先生が 「大震災の被災地へクリスマスカードを送ろう」>> と世界中へ呼びかけに、3万枚を超えるクリスマスカードが送られました。パタイ・アンナさんはハンガリーでこのクリスマスカードの支援してきましたが、 尚志幼稚園 >> で、それらのクリスマスカードの展示会の3月3日から開催が行われています。 展示会の前にパタイ・アンナさんの父と通訳の方々が同行して尚志高校を訪問してくれました。


 パタイ・アンナさん は、日本テレビの外国人が日本の名曲を歌う番組 「SONG FOR JAPAN のどじまんザ!ワールド」>> に出場します。放映予定日は3月22日(土)です。

2014.3. 4 更新

学校説明会

 11月16日に行われた 第2回学校説明会(写真) >> に参加された方々に呈茶を振る舞いました。

2013.11.16 更新

新入生のみなさんへ

茶道部

 

私達茶道部は、毎年水曜日の放課後、尚志会館二階の和室で「裏千家」のお点前練習をしています。現在部員は女子四十一名で、みんな明るく、とても楽しんで活動を続けています。情報総合科・総合進学コースの部員は午後四時から五時三十分くらいまで、特別進学コースの部員は八校時が終了して、午後五時四十分くらいから七時頃まで活動しています。

 

私達は顧問の谷崎功子先生、鈴木満子先生に基本の歩き方や礼儀作法、お点前まで厳しく、そして優しくご指導いただいています。お茶道具の名称を覚えるところから始まり、割稽古と称して、ひとつひとつのお道具の扱いを丁寧に心を込めて、何回も何回も練習します。そして少しずつお点前の手順を覚えていきます。また、はじめは大変ですが、正座をすることにも徐々に慣れてきます。月に一回ほどお稽古の仕上げに、菓子と抹茶をいただくことも楽しみのひとつです。三月に、一年間の練習の集大成として「お茶会」をやろうと計画しています。日頃お世話になっている先生方に感謝の気持ちを込めて、おいしい抹茶を点てることが出来るように、たくさん練習して上達していきたいと思います。

 

私も初めは上手にお茶を点てることは出来ませんでしたが、練習を重ねることによって、今では上手に点てられる様になりました。茶道は心身ともにとても癒されるので週一回の活動がとても貴重な時間となっています。また、茶道で習うお作法や立ち居振る舞いは社会人になってからも役に立つことばかりだと思います。茶道、日本の伝統文化に興味がある人、抹茶や和菓子が好きな人は本当に良い経験が出来ると思うので、ぜひ茶道部に入部してください。

2013.03.03_sado.JPG

  

 (斎藤 美穂)

たいぼく47号(平成25年3月3日発行)

 

 

2013.3.25 更新

尚志高等学校 創立50周年記念フォトギャラリー