学校法人尚志学園 尚志高等学校〒963-0201 郡山市大槻町字坦ノ腰2番地TEL: 024-951-3500  FAX : 024-962-0208

スク−ルバス路線バス

●バスケットボール部

一覧へ戻る

部活動紹介

バスケットボール部(男子)

 私たち男子バスケットボール部は、二年生六人、一年生十一人、マネージャー二人の計十九名で、伊藤先生、佐藤先生のご指導の下、「県大会ベスト4」を目標に日々練習に励んでいます。

 今年度は個々の能力も上がり、全ての大会で県大会に出場することができるチームになりましたが、どの学校も実力をつけてきており、決して簡単には勝てる状況ではありません。今のチームは身長が高いわけではないので、攻守の切り替えや大事な場面でのシュート力の向上など、これまで以上に意識して練習に取り組んでいます。

 県大会では優勝候補の強豪校と何度も試合をする機会がありました。その度に、圧倒的な体格の差と能力の差を痛感させられました。県大会を勝ち抜いていくためには、どうしても体の接触に強くなる必要があります。また、40分間プレッシャーに立ち向かい、走りきる走力や持久力を身につけなければならないと感じています。そこで、筋力アップと体重増加のためのウェイトトレーニングや走力をつけるための練習メニューに力を入れて取り組んでいます。さらに、個の能力に頼らない、チームで攻めてチームで守るプレーを徹底して練習しています。

 正直、練習はきついものが多く、心が折れそうになることもありますが、チームメイトの支えがあるから頑張れるのだと仲間に感謝しています。このメンバーで活動できる時間は限られています。後悔しないよう、みんなで決めた「県大会ベスト4」の目標を達成するために、これからも一日一日を大切に、日々大好きなバスケットボールができることに感謝して、チーム一丸となって全力で頑張っていきます。  

(小濵 司)





バスケットボール部(女子)

 私たち女子バスケットボール部は、一年生六名、マネージャー一名の計七名で顧問の小柳先生と鈴木睦子先生のご指導のもと、活動しています。

 女子バスケ部は一年生しかいないなか最後のインターハイで地区ベスト8に入ることを大きな目標とし、チーム一丸となり日々部活動に励んでいます。ベスト8に入ることはチームにとって簡単な目標ではありません。今チームの目の前にある目標は公式戦での初戦突破をすることです。日々の練習の中で、六人で試合に向けた練習をするのは人数が足りないため、卒業生や引退した三年生が来てくださり、練習に混ざってくれます。六人のみでの練習では、シュート練習、スリーメン、三対三、体力向上のための走りこみ、試合前はナンバープレーの確認などをしています。少ない人数の中、ひとりひとりやるべきことを理解し、チームみんなが一つの目標に向かっています。そして、他校と比べコミュニケーションをプレー中にとることが少ないです。なので私たちの課題はチーム内でプレー中も沢山コミュニケーションをとり、指摘しあい互いに高め、成長しあい、みんなで支え合い明るい部活動を作ること、またプレーだけでなく基本である挨拶など礼儀を定着させ、雰囲気の良いチームを作っていくことです。

 少人数の部活ですが、仲間の大切さを忘れず、目の前の目標である初戦突破を目指し、厳しい練習、試合中、どんな時でも自分に厳しく頑張れるチームを作り、最終目標であるインターハイで地区ベスト8に入れるように全員で頑張っていきます。

(遠藤 瑠愛)

2020.3. 9 更新

「バスケットボール部」最近の記事

2020.3. 9 部活動紹介
2019.3. 3 部活動紹介(バスケットボール部)
2018.3.23 平成29年度 活動報告(バスケットボール部)
2018.3.19 部活動紹介(バスケットボール部)
2017.3.22 部活動紹介(バスケットボール部)