学校法人尚志学園 尚志高等学校〒963-0201 郡山市大槻町字坦ノ腰2番地TEL: 024-951-3500  FAX : 024-962-0208

スク−ルバス路線バス

●ソフトボール部

一覧へ戻る

第68回 国民体育大会 第3位

■大会名 第68回 国民体育大会 ~スポーツ祭り東京2013~   ソフトボール競技少年女子

 

■東京都あきる野市・あきる野市民球場他

 

■平成25年 9月29日~10月 1日

 

■成績

 準々決勝  福島県 2-0 愛知県  

 準決勝    福島県 0-5 千葉県

 

 先日、行われた第68回 国民体育大会ソフトボール競技少年女子に本校3年普通科1組の酒井 秀香さん(郡山第六中出身)が出場しました。準々決勝からの登場の福島県は優勝候補の愛知県と対戦し2対0で見事に勝利を収めました。酒井選手は2番・二塁手で先発出場、自分の役割をしっかり果たし、守備では随所に好プレーを見せてくれました。

 

 準決勝では、強豪の千葉県と対戦し善戦したものの0対5で敗れてしまいました。各校からの選抜チームとして約2ヵ月間で素晴らしいチームになりました。この経験を今後に活かしてくれることを願っています。

 

2013.10.03_softball.jpg


 

2013.10. 3 更新

新入生のみなさんへ

ソフトボール部


私達ソフトボール部は、二年生九人、一年生七人の元気あふれる仲間、顧問の柳沼先生と副顧問の伊藤先生の熱いご指導のもと日々の練習に励んでいます。

 

私達は日々「謙虚・感謝・努力」の三つの言葉をモットーに、日常生活でも意識をしています。「謙虚」とは、礼儀、服装、あいさつをしっかりすること。「感謝」とは、ソフトボールをやらせてもらっているという気持ちと、指導して下さる顧問副顧問の先生、学校の先生方、いつも支えてくれる保護者に感謝する気持ちを忘れないこと。「努力」とは謙虚、感謝の上に成り立ち、どんな状況であっても、目標に向かって、妥協を許さず、一歩一歩前へ進んでいくことです。

 

チームの目標は、インターハイ出場です。私達は今年の新人戦県大会で二回戦敗退をしました。そこでは、チャンスを作るものの、その一本が打てない、守るべき場面で固い守りが出来ず、すごく悔しい結果で新人戦が終わりました。そこで、どれだけ自分達の日々の練習に対する意識が低く、その一球にこだわる気持ちが足りなかったのか改めて感じさせられました。それからは、練習に対する意識や考え方が一人一人変わり、来年こそは、同じ思いをしたくない、どんな相手でも自分達の戦いをするという気持ちに変わりました。そして何より、今の自分達よりも技術はもちろん、気持ちの面も強くなるという意識が強まりました。

 

自分達の目標を達成するためにも、新人戦の悔しさを忘れず、一日一日の練習にこだわり、努力を妥協せず、日々の練習に取り組んでいます。そして勝ちに行きます。

 2013.03.03_softball.jpg

 (酒井 秀香)

たいぼく47号(平成25年3月3日発行)

 

 

2013.3.13 更新